あなたも自然と使っていませんか?ら抜き言葉に要注意。

スポンサーリンク

皆さまこんにちは!

Top Seller.Style女子力向上担当のCANAです。

 

今日は最近私が気になって仕方がない「ら抜き言葉」についてお話しさせてください。

 

生活していると、街中の人の会話がふと耳に入ってくることありますよね。

販売員の皆さまはスタッフがお客様と会話している内容なども自然と聞こえてくるかと思います。

そんな時、ふと聞こえてきた言葉遣いに「おや!?なんか違和感あるな〜。」と思ったことありませんか?

 

それがタイトルにもある「ら抜き言葉」なのですが、一度意識してしまうと結構多発して使われています。

 

典型的な例でいうと、

・食べれる(本来は食べられる)

・来れる(本来は来られる)

・考えれる(本来は考えられる)

・出れる(本来は出られる)

などです。

 

しかし、現代は「ら抜き言葉」が広く定着してきていることもあり、これらを良しとしている傾向も見られます。

調べてみると意外にも歌の歌詞や小説などにも使用されているとのことです。(知らなかった!)

ただ、ビジネスシーンやお客様とお話しする際は言葉選びに気を配ることに越したことはありませんよね。

これを機に見直してみましょう。

 

 

実はちょっとしたポイントで「ら抜き言葉」かどうかを簡単に見分ける方法があります。

自分も知らぬ間に使っているかもしれないけど簡単に見分ける方法はないかな?と思っている人はぜひ試してみてくださいね。

 

それがこちら。

・ら抜き言葉かどうか確認したい動詞に「~よう」が付く場合は「ら抜き言葉」。

・「~よう」以外の形になる場合は「ら抜き言葉」ではない

 

例を挙げますと、「見る→見よう」、「着る→着よう」などと言い換えられる場合は「ら抜き言葉」になってしまう可能性のある動詞です。

反対に「歩く→歩こう」、「売る→売ろう」のように「~よう」が付かない動詞は「ら抜き言葉」に当たらない動詞だと判断できます。

判断に迷った時はぜひ頭の中で考えてみてくださいね。

 

 

最後に、言葉遣いとは相手への配慮、思いやりであり必ずしもこうしなければダメだ!というものではありません。

難しく考えすぎず、基本的にはその時々のTPOに合った会話が出来れば問題ないと私は考えます。

ただ、上記でもお伝えしたように出来ることに越したことはありません。

大人になるにつれ我が身を振り返ることも少なくなりがちかと思いますので、このような言葉に触れる機会があるときに自分はちゃんと使えているかな?と少し立ち止まって考えてみることをおすすめいたします。

 

来年は年号が変わりいよいよ大きな節目がやってきます。

次の世代の人たちに自信を持って正しい日本語を話せるよう、また受け継いでいけるよう今のうちにしっかり身に付けていこうじゃありませんか!

 

それでは今日はここまで。

 

また来週お会いしましょう^^

 

 

 

ツイッターのフォローもよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
CANA
About CANA 23 Articles
1987年生まれ。 元国内線CA、機内販売商品のデザイン経験あり。現在外資系ラグジュアリーブランド販売員として勤務4年目、店長補佐。 過去には大手料理教室で基本のクッキング・ブレッド・ケーキコースを受講。 料理の楽しさに目覚め、現在は月に一度、個人の料理教室で時短料理を学んでいる。 また昨年栄養学について3ヶ月学び、食べることで代謝を高め健康的に痩せる方法を勉強したことから、忙しい販売員でも出来る簡単時短料理をブログにて発信している。 好きな番組はNHKの「きょうの料理」 目標は自身の料理教室を開講すること。 女性販売員が綺麗に楽しくいきいき働けるための情報をあなたにお届けいたします。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA