【売れるアパレル販売員のマインド】自分がお客様だったらという勘違いは大間違い

スポンサーリンク

「私がお客様だったら、販売員さんにはこうして欲しい。だから、こうする」

この考えは間違ってないけど、お客様を「買い物にきた人」という広義でとらえる次元でしか通用しません。

目の前の一人称のお客様のことを考えるときは、この考えはかえって邪魔になることがあります。

お客様は「あなた」じゃない

初めての後輩は、かわいくて、お洒落が大好きで、素直によく頑張る子でした。

確か、他のアパレルで販売の経験もあって、仕事の覚えも早かったです。

しかし、十分慣れた頃になっても、アプローチが遅い。
というより、ほとんどしません。

笑顔でいらっしゃいませは言うのに、お客様からなにか言われるまで自分からは近づきもしないのです。

やる気が無いようには見えないので、理由を聞いてみると、彼女はこんなふうに答えました。

「私、買い物に行って店員さんに声かけられるの苦手なんですよ。用があれば声かけるからほっといてって思っちゃう。」

…なるほど、わからなくもない。

自分がされて嫌なことは人にもしない、私もそうしつけられました。

当時、彼女は19歳。
お客様の中心層は20代後半~40代。

職業、生活スタイル、使えるお金、好み、接客されてきた回数、コミュニケーション力、等々、自分とお客様はすべて同じじゃないのに、

彼女はお客様の気持ちを自分の物差しで測って、声をかけないことが思いやりのつもりでいたのです。

もっと言うと彼女は、

お客様も自分と同じということにして、
お客様ひとりひとりを見ていなかったのです。

ひとりひとりのそのときを感じ取ろう

もちろん、彼女と同じ感覚をもっているお客様もいることでしょう。

でも、タイミングよくアプローチして必要そうなことを言えば接客はうまくいきます。

観察して、本当に声かけが必要なさそうなら接客しないという接客もできます。

でも彼女は、お客様ひとりひとりを感じようとしていなかったのです。

一見、接客されたくなさそうに見えても、上手にアプローチしてみれば

買い物に来た理由を話したくてしょうがないお客様、

たくさんおしゃべりして時間を楽しみたいお客様、

今日は買えないけどしっかり下見をしたいお客様、

なんだか最近太ってしまってファッションが楽しめないお客様、

色々な方がいるものです。

大切なことは、観察すること。観察して想像して、接してみて確認する。

お客様はあなたじゃないのです。

お客様の気持ちをわかるには、よーく観察してお客様を精一杯感じてみて。

憑依するくらいに。

 

 

【トプセラ執筆者が御社の「現場の問題」解決いたします。】
最近セミナーや販売トレーニングのお問い合わせが多いので、お問い合わせの入り口を作りました。
セミナー等のご相談はこちらから↓

トプセラ × セミナー

 

 

【TopSellerの執筆者が書く「表では話せない話」はこちら→トプセラ×note

 

あなたの「未来の形」を話してみる?↓

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

 

音楽が好きという方でしたらどなたでも構いませんのでお気軽にぜひ🎶
「谷口部長のトプセラ音楽部」
登録はこちらから↓

 

日々更新される「売れる仕組みの解説書」を作りました。
興味ある方はどうそ。

ご登録はこちらから↓
ヨツモトリョウヘイが作る「売れる仕組みの解説書」

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
About 森野 咲 100 Articles
森野 咲 (Saki Morino) 1979年神奈川県生まれ 販売員歴通算16年、店長経験5年。 (株)ワールドストアパートナーズ→スターバックスコーヒージャパン(株)→(株)トゥモローランド→(株)LVMHグループ →個人事業主として2016年に独立、鞄メーカーの販売にあたる。月刊誌「ファッション販売」執筆中。 30代半ばでもう若くないと一度販売を辞めたものの、すぐ復帰しました。限界だと思いたかったけど違いました。やっぱり店頭が好きです。 2018/7/1迄、TopSeller.styleブログ火曜日を担当。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA