「信頼される店長」になるたった一つの方法

前回、お伝えしました

「勝てる店舗・勝てるチーム」

を作るための第一歩目。

 

信頼される店長」になるにはどうすればいいか?

 

を自分の経験を通してお伝えしていきます。

 

「信頼」ってどの役職・立場であっても仕事上、必要不可欠なもんですよね?

でも、「信頼される」って事は取り組む姿勢だったり、貢献した成果だとか

 

「お前が必要だよ!」

 

っていかに思わせる事できるかどうかなんですよ。

これ実は本質的に店長もスタッフもやり方は一緒です。

 

自分が新人スタッフの頃、表面上では「貢献できる人間になります」なんて言ってましたが…。本音は、

 

「店舗・ブランドNo.1になって名前を売って目立って早く出世する!」

 

って野心に満ち溢れてました。

 

でその野心が成果に現れ、おかげ様で店舗1位・ブランドNo.1!

そして自身は店舗で「必要な人間」として認められ。

当時の店長や上司からの「信頼」勝ちとる事ができました。

その後もTOPを走り続けスピード出世で店長へ…

 

ここで何か感じていただけましたか??

そうなんです。仕事する姿勢を見せつけ、結果出し続ける事で「信頼」が生まれ、周り(上司)の「サポート」も生まれ自身の目標・目的の道が自ずと出来上がるんですよ!!

 

では店長としてのスタッフからの「信頼」はどうしたら生まれるのか?

 

まず、新任店長が大概やってしまう間違った姿というのは、店長なりたて時に売場前線からいきなり離れようとします!

接客する事から一線離れた目線で見たり、構えたり、攻めずに守りに入ったり…

何でも客観視して販売全般をスタッフにまかせちゃったりして。

 

これ内容がダメな訳ではないんです。

次世代TOP販売員の育成、チーム編成、動向見極めVMD対応など一線から離れてやる事が「店舗マネジメント」でもありますし。

 

要は…

タイミングが間違ってる

って事です。

まだ店長としての器もなく、店舗・チーム形成もできてない…。

つまり「信頼されていない」状態なのに、

 

どうして店長になれたか?

 

を考えてアクション起こしていかないと誰も付いてこないんですよ。

 

だからまずは、後輩スタッフに仕事に対する「姿勢」と「結果」を魅せてやらないと。

「こうやって俺は店長なれたんや!」

ってスキルの違いを第一線に立って魅せてあげてほしいのです。

特に、昨今の若いメンバーは口だけでは伝わらない、付いてこない。

取組む姿勢や出た成果を魅せないと自分の良さは伝わらないですからね。

「店長すごい!店長に付いていく!貢献してやる!」

って思わせて下さい。

必ず誰かは見てくれます!感じてくれます!

そこから店舗目標に貢献してくれますよ。

「魅せましょう!」

これがまず自身が考える「信頼される店長」としての始めの一歩です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
金田 拓巳
About 金田 拓巳 41 Articles
2006年 国内大手SPA入社 販売員として紳士カジュアルブランド店舗勤務。 入社初月から店舗個人売上実績1位。1年目後半~ブランド内全国個人売上1位。以後3年間サブ店長まで継続。 店長就任後、担当した店舗で常に前年比110%〜130%の売上増加を実現。 店舗スタッフを次の個人売上1位・サブ店長・店長へと育成。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA