お客さんから信頼されるアパレル販売員の6つの条件。(後篇)

スポンサーリンク

ヨツモトです。

アパレル販売員としてお客さんに信頼されるために何が必要か?
前回から6つの条件をお伝えしています。

本日は残りの3つをお伝えします。

 

と、その前に前篇のおさらいです。

【①お客さんが今まさに抱えている「悩み」や「質問」に対して、「的確な」答えが返せる販売員】

【②お客さんが抱えると思われる「悩み」や「質問」を網羅的に取り上げ「先回り」して答えを用意している販売員】

【③他の店舗と同じような商品を扱っていても、その商品を使ってどうすればお客さんの問題を解決できるか?を素早く伝えられる販売員】

この3つは理解して頂けましたでしょうか?
もう一度読み直したい方はこちらからどうぞ。

お客さんから信頼されるアパレル販売員の6つの条件。(前篇)

 

では、残りの3つをお伝えします。

【④他店と同じような商品を取り扱っていても、どこよりも理解しやすい、分かりやすい伝え方が出来る販売員。】

 
③の項目でも少し触れましたが、世の中で1つしかないような商品ばかりを扱うコトは難しいはずです。
その中でお客さんから信頼される販売員となる為には、「いかにお客さんに分かりやすく伝えられるか?」というコトが重要になってきます。

例えあなたがアパレル販売員として膨大な商品の専門知識や、ファッション的な知識を持っていてもお客さんに伝わりにくい、理解しにくい言葉でしか伝えられないのであれば、それは何の価値もありません。

言葉だけでなく、商品の見せ方なども同じです。

あなた主点で物事を判断し「カッコイイ」「お洒落にみえる」見せ方をしていても、お客さんにその「良さ」が伝わらなければ何の意味もありません。

ユーザーファーストという言葉がありますが、一度「お客さんが一番理解してもらいやすい伝え方は何か?」という視点で、話し方見せ方全て考えてみるコトをお勧めします。

まずは、そこからです。

【⑤他店と同じような商品を扱っていても、どこよりも信用できる販売員である。】

 
①から④の項目を満たすコトが出来れば、おのずと他店で同じような商品を取り扱っていてもお客さんは「あなたから買いたい」と思い、あなたを一番に信用して、あなたから「商品」を買いに来てくれるでしょう。

ただし、一番最後の⑥を常に意識しておかないと、その信頼は長続きしません。

【⑥誰よりも持っている情報が新しい販売員】

 

最後に①から⑤を満たし、お客さんから信頼される販売員になったあなたが「信頼してもらい続ける販売員」になれるかどうかは、ここが重要になります。

常にお客さんの問題を解決する為に最新の情報をインプットし、その時々、時代に合わせた最適なアウトプットを目の前のお客さんにできるか?

昔とった杵柄で、成功体験ばかりにすがって気が付けばお客さんからの信頼を失い、売り上げを取れないベテラン販売員、みかけますよね。

 

【お客さんの問題解決の意図にあった販売員で常に居続けるコト】

 
販売員だけじゃないですね。
例えば、経営者なんかもそうです。

いつまでも「出来たコト」だけにすがっていると、お客さんは離れていきます。

だって、それは「あなた視点」だからです。

一番に常に考えるのは、「お客さんの視点」です。
そこがすべてのベースとなります。

僕やあなたが商業とする「アパレル販売員」、もしくは「ファッション業界で働く」ヒト達にとって、今もこれからも変わらないのは「お客さんに服を買って貰う」「お客さんにファッションを買って貰う」ってコトです。

変わらないコトを活かす為には、常に今の時代に沿った適正な情報が必要になります。

①-⑤のベースを土台にして⑥の情報をどうアウトプットしていくか?

今からの時代にあった、お客さんに信頼し続けてもらえる販売員になりたいのであれば、あなたも考えてみてください。

「変わらないコト」を活かす方法。
少し販売のスキルとは、ずれる所がありますので、別件として
今週のTopSeller.Styleのメルマガでお送りしようと思います。

ご興味のある方は、今のうちにご登録どうぞ。

TopSeller.Styleメルマガ登録

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 86 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 1978年8月生 兵庫県神戸市出身 TOP SELLER .STYLE 主宰。 幼少期から母方の叔母夫婦が神戸三宮で営む商売を手伝い始める。 場所は路上、商材は中古ファミカセを与えられ販売経験をスタートさせる。 ㈱ジョイックスコーポレーション入社後、約7年間「Paul Smith」トップセールス販売員として勤務。Paul Smith 全国販売員総合評価で断トツの1位として活躍。 ジョイックスコーポレーション退社後、2009年に大阪のミナミにて独立。 アパレル店舗運営事業部をスタートさせる。 TOP販売員時代の販売スキルを元に、店舗運営に加え独自のSTAFF人材教育や評価システムを構築し、ブランドメーカーだけでは無く、大手デペロッパーからのオファーを受ける自社STAFFを育て上げる。 現在も自ら現場に立ち、大手百貨店のPOP UP SHOPの売上レコードを 塗り替え現役でトップセラーとして活躍。 マーケティングの視点とコンサルタントの問題解決能力をあわせた接客スキルで現役トップセラーとして活躍。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA