年末年始、小掃除のススメ

こんにちは、モリノです。

 

年末年始の繁忙期を迎えていますが、

掛け持ち接客スキルUPの方法などではなく、あえてお掃除のことを書きたいと思います。

掛け持ち接客なんて、なんとかなりますから。全員毎日する訳じゃないし。

 

でもお掃除なら、新人も中堅もベテランもみんな、毎日することだから

この記事を読んだアパレル販売員さんがひとりでも多く実践してくれたらうれしいです。

そして、ひとりでも多くのお客様が店頭で気持ちよくお買い物をしてくれたらうれしいです。

記事の最後には、やらなきゃ損だなって思える理由も書いておきますね。

 

では、今年最後の火曜日のモリノをお届けします。

 

 

営業時間中の「小掃除」のススメ

 

開店前・閉店後はもちろんお掃除されてると思いますが
営業中のこまめなお掃除、気にしていますか?

 

16時頃のお店の床、ホコリが舞っていませんか?きれいですか?

接客で使ったあとのガラスケースの上、指紋ついていませんか?きれいですか?

レジの金額表示する画面、ホコリだらけじゃないですか?きれいですか?

 

なぜきれいにした方がいいか?

 

それは

キレイなほうが
気持ちが良いから

お客さんが
お金を払う気になるから

販売員のみなさんの喉や健康が守られるから

商品が汚れずに済むから

です。

 

汚れを見て見ぬふりは販売員がすたる

 

繁忙期は人通りが多いし
冬は毛物があるせいで、どこのショップも床や棚にホコリがすごいです。

 

自宅に人を招いたとき、きっと来客前にお掃除するし、来客中でも床にゴミが落ちていたら拾いますよね。

場所が自宅でなくてお店になっただけで、どうしてそれができなくなるのでしょうか。後回しでよくなるのでしょうか。

 

いつもは
やっていても
忙しくなると後回しになってしまうことの上位、お掃除。

本来は、環境が整ってこそ売れる舞台がつくれるはずと思うのですが
いかがでしょうか。

 

お客様にお金を払っていただくものがホコリまみれ、手あかまみれだなんて、ありえないと思うのですが。

 

お客様は「忙しそうだからしょうがないかー」なんて
思ってくれませんよ。

 

ホコリが舞う床で、ホコリまみれのシューズの試着

試着室では糸くずのついたマットの上で、ホコリっぽい洋服を試着

手あかだらけのガラスケースの上で、アクセサリーを試着

 

言われませんか?
「これ欲しいんですけど、新しいのありませんか?」って。

当たり前ですよね。

 

私も言ったことあります。
たまたま通りかかったお店で店内一部50%OFFさらにタイムセールで20%OFFを開催されており

部屋着にしようと選んだスウェットのロングのワンピースの裾が、まるでモップのように床のホコリを集めていて、それは買いたくなかったので店員さんに言いました。

新しいの(きれいなもの)がなかったら、
買うのをやめようと決めて、言いました。

あったので、買いましたけど。笑

 

安いからしょうがない、ではなく
安いけど、いらない

そうなります。
お客さんは損したくないので

いくら安くても、しなくていいはずの汚れを取るという手間のかかるものは欲しくないのです。

つまり、売れるものも売れなくなるのです。

 

セール品でなければなおさら
お客様のなかには潜在的に「この時期に定価で買っちゃう私…!」という気持ちがあります。

それに対して
汚い店頭でのお買い物は
あまりにそぐわないのでNGですよね。

急に商品価値が低く感じて、欲しくなくなってしまう可能性もあります。

こうして、売れるものも売れなくなるのです。

 

小掃除のタイミングはいつ?

 

いつでしょう?
正解は

汚れたらすぐ
です。

たまに、時間で決めて営業中の掃除をしているお店を見かけます。

悪くないけど、思考停止に片足突っ込んでると思います。

 

汚れたらすぐ。
すぐ、気づいてください。
そして気づいたら、すぐやる。

見られてますから。

 

掃除用具の置き場所の工夫や
お客様の目に触れてもカッコ悪くない掃除用具を揃えることも考えましょう。

見られてますから。

 

最後に

「お客様が気分よくお買い物できるため」
これってつまり
売上が上がるんですよ。

しかも日中こまめにお掃除しておくと
閉店後・開店前のお掃除が楽になって
早く帰れるんです。違うことできるんです。

お店がきれいだと
みんな健康
誰も急に休まない、誰も迷惑しない。

 

せっかくなので
新しい掃除用具でも発注して
年末年始のいい波に乗りませんか?

 

以上で、2016年の火曜日の更新は終わりです。

読んでくれた方々の日常になにかプラスの変化をもたらすことができていたらうれしいです。

他のメンバーの記事が、私にとってそうであったように。

 

皆さまどうぞ、よいお年をお迎えください。来年も、宜しくお願いいたします。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
森野 咲
About 森野 咲 34 Articles
1979年横浜市生まれ 販売員歴17年 現在、フリーランスの販売員。 TopSellerブログ火曜日担当。 たまに空間コーディネート業。 たまに業界誌に寄稿。 幼少期はお花屋さんかケーキ屋さんになりたかった。 職歴は、国内大手SPA婦人服・雑貨店舗にアルバイト→契約社員→正社員と進み、店長3年、統括店長4年。統括店長時代に、垣根を越えた生産性の最大化の方法を提案し社長表彰を受ける。 シアトル系カフェチェーンにてアシスタントマネージャー2年。外資系の育成法とサービスを学ぶ。 震災を機に、もう一度洋服屋の販売員を志し転職、某セレクトに入社、5年ほど勤務。アウトレット店にてメンズを担当、インポートからオリジナルまで、売れ残り商品の顛末を知り、モノをカネに変えることの難しさを知る。コレクションブランドのトランクショーのヘルプ、プロパー店のイベントヘルプ、物流センターの業務なども関わり、新店OPEN時にはスタッフ育成に出向く。 35歳のとき年齢面で販売員を諦めて一旦退くが、ふとしたことで派遣社員として某ラグジュアリーに配属。3か月後にはショップ内売上No.1、派遣でありながらも受注会の顧客アテンドを経験。 この頃、twitter上でTopSeller主宰の四元氏と出会う。東京駅地下で四元氏とおうどんを食べながら、独立する決意をした。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA