2016今年の「売れない」接客語大賞。前編

こんにちは、ヨツモトです。

先日発表された「2016今年の流行語大賞」が炎上したのは記憶に新しいと思います。

 

 

そんな話題に負けず劣らずの注目の「ランキング」

 

2016今年の「売れない」接客語大賞

 

接客時における「おいおい、それ言っちゃあかんやろ!」的なワードです。

本日と明日、2回にわたってお届けしようと思います。

独断と偏見で選んだ、炎上上等!!の「売れない話術」ランキング!!

 

では、さっそく第10位から!!!

 

 

第10位 「そのレザーの財布、レザーらしい色ですよね。」

 

どんな色やん!!!
レザーらしい色って!!!どんな色やねん!!!

っと、思わず突っ込みたくなるようなこのワード。

お客さんも「あ、はい。。。そうですね。」って答えるしかないやろ!!

つい最近聞いた、なかなかイカシタ接客トーク。
 

 

第9位「あ、それ、私も買おうと思ってたんです!」

 

お客さん「あ、そうなんですか?」
販売員「はい!でも、給料安くて買えないんです!」

若い女の子の販売員。。。。なかなか素直な子。。。

おじさん泣いちゃうよ。。。
 

 

第8位「***ブランドと同じデザインなんですよ!」

***=某有名ブランド。

うん、それね、「パクリ」だから!!
お客さんもうすうす気づいてるけど、あなたが言っちゃダメだから!!
 

 

第7位「それ触れますので、良かったら。」

うん。
触るよ、触る。
だって、普通に置いてあるし。
普通のTシャツだし。
別にいいよね。
許可なく触っても。

おい。めっちゃ見てるな、こっち。

 

 

 

第6位「それ新商品なんです。去年もね、すぐ売れちゃったんで。」

 

うん、去年もあったんだね。同じやつ。
でも、新商品なんだね。

おじさん、もうよくわからない。。。
 

 

第5位「こちらのお鏡でうつりますので。」

 

ん。そうか。
写らない鏡もあるのか。

トラップ満載やな。
この店。

 

 

 

 

いかがでしたか?
あなたは身に覚えはないですか?笑

では、明日は後半!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 70 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 1978年8月生 兵庫県神戸市出身 TOP SELLER .STYLE 主宰。 幼少期から母方の叔母夫婦が神戸三宮で営む商売を手伝い始める。 場所は路上、商材は中古ファミカセを与えられ販売経験をスタートさせる。 ㈱ジョイックスコーポレーション入社後、約7年間「Paul Smith」トップセールス販売員として勤務。Paul Smith 全国販売員総合評価で断トツの1位として活躍。 ジョイックスコーポレーション退社後、2009年に大阪のミナミにて独立。 アパレル店舗運営事業部をスタートさせる。 TOP販売員時代の販売スキルを元に、店舗運営に加え独自のSTAFF人材教育や評価システムを構築し、ブランドメーカーだけでは無く、大手デペロッパーからのオファーを受ける自社STAFFを育て上げる。 現在も自ら現場に立ち、大手百貨店のPOP UP SHOPの売上レコードを 塗り替え現役でトップセラーとして活躍。 マーケティングの視点とコンサルタントの問題解決能力をあわせた接客スキルで現役トップセラーとして活躍。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA