セール時期にしてはいけない「OFF」

こんにちは、水曜日のタニグチレイです。
皆様、本年もよろしくお願いいたします。

 

関西では今日は商売繁盛の一大イベント十日戎の残り戎ですね。
行った方も行く方も多いのではないでしょうか。
お互い良い一年にしましょうね。

 

さて、初売りやセールなど新年早々一息つく暇もなく
多くのお客様をお迎えしたと思いますが後悔はありませんか?

 

売れた売れなかったを次に活かすのも大事ですが
この年始の時期を満足できる結果だったかを考えて
新しく始まる一年の良いスタートにしましょうね。

 

 

セール時期にしてはいけない「OFF」

 

 

年始からスタートして三連休も終わりひとつヤマを超えたあたりだと思います。
だからちょっと今年の始まりを振り返ってもらう形になると思います。

 

 

いつもの「あなた」の接客ができましたか?

 

 

この一週間はいつも以上のお客様が来られたと思います。
なかにはいつものお客様もおられたでしょう。
でもいつもとは違うお客様もおられましたよね。

 

そこでいつもとは違う「あなた」の接客をしなきゃってなりませんでしたか?

 

 

お客様がたくさんなのでいつもより早く動かなきゃ。
お客様がたくさんなのでいつもより素早くレジを済ませなきゃ。
お客様がたくさんなのでいつもより周りをしっかり見なきゃ。

 

セール時期だからいつもより接客を浅く多くしなきゃ。
セール時期だからいつもより会計中の時間を短縮して次に行かなきゃ。
セール時期だからいつもよりいろんなお客様に声かけなきゃ。

 

 

「お客様がたくさん」の「セール時期」は同じですが内容は違いますよね。

 

はじめの方はいつもの「あなた」の基礎があった上で
いつもとは違う「あなた」の考えと動きをする。

 

あとの方はいつもの「あなた」の接客はプロパー時にするが
いつもとは違う「あなた」の接客をセール時にする。

 

いつもより元気にテキパキと動かなきゃというのは良いことです。
でも、セール時期だからプロパー時期のお客様と差をつけるのは違います。

 

考え方によっては一概に悪いとは言いません。
ただ、「あなたに会いに来てくる」お客様を増やしたいなら?

 

 

商品のプライスを「OFF」してお客様にお得に買ってもらう時期に
あなたのサービスを「OFF」してお客様に買ってもらってはいけません。

 

 

販売をしていたらセール時期くらい大目にみてよと思う気持ちもわかりますよ。
値段を下げてるのだからちょっとくらい言葉が足りなくても許してと思ったこともありますよ。
待っているお客様が多いので早めに接客終わらせなきゃって思ったことありますよ。

 

でも、それはこちらの都合であって目の前のお客様の都合ではないですよね。

 

「あなたから買いたい」と思ってもらえるような販売員になるには
勝手な思い込みで「OFF」しててはいけませんよね。

 

こういうお得なセールの時期だからこそ
「あなたに会いに来てくれる」お客様を増やすチャンスです。

 

安くお得にモノが買えて満足したらまた買いに来てくれるかもしれません。
でも、それはモノに満足したので「あなた」じゃなくてもいい。

 

安くお得にモノが買えて、さらにいつも「あなた」がしている接客で
期待以上の満足度が得られたらどうですか?

 

お客様はセールでお得なのはこの時期当たり前です。
もしかしたらそれ以上を望んでない方もいるかもしれません。

 

いつもは何か問題の解決ができるものを探しているお客様でも
この時期はなんとなく新年で気分を変えようかなという方だっているでしょう。

 

そんな期待してないところに予想外の満足を得られたら?

 

「セール時はなんとなく見に行くけどあまり期待していない」というお客様に
いつもの「あなた」の接客でいいモノに出会えたと思ってもらえるチャンスです。

 

浮かれた周りの空気にほだされずいつもの「あなた」でいてください。
ただ、テンションはちょっと高めでニコニコ元気でね(笑)

 

休めるときはしっかり休んで店頭にいるときは全開でいきましょうね。
売れる販売員は一日のなかでしっかりコントロールしているはずです。

 

アパレル販売員にとってひとまず年始のセールのピークは三連休までで考えていたでしょう。
過ぎてしまったものは仕方ありません。

 

まだ今年は始まったばかり。

 

これからの一年のなかでもしかしたらブランドでの大きな集客イベントがあるかもしれません。
GW商戦や夏のセール、ハロウィンにクリスマス商戦。

 

いつもとは違う売り場になる行事は今年も満載で続いていきます。

 

そんなときにいつもの「あなた」の接客をすることで
また「あなたに会いに来てくれる」お客様が増えるような一年にしていきましょう。

 

欲を言えば来年のこの時期、いつもの「あなた」自体が
いままでの倍くらいにスキルアップしているといいですね。

 

そして、ぶれないいつもの「あなた」が出来上がるころには
その瞬間の空気を感じ取って臨機応変に対応していけるようにもなりますよ。

 

忙しくなるときこそ下の2つを思い出してください。

 

 

①いつもとは違う空気に影響されず、そういう時こそいつもの「自分」を意識して
②目の前のお客様の問題を解決することを一番に「あなた」の言葉で伝えて

 

 

興味を持たれた方はぜひこのTopSeller.styleでお付き合いください。
では、また次回。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
谷口玲
About 谷口玲 39 Articles
百貨店内メンズセレクトショップにて販売をスタート。 Stephan Schneiderなどのヨーロッパ系デザイナーズを取り扱う。 国内の展開が少ないブランドが多く顧客作りの接客の基礎となる。 その後Paul Smithにブランド異動。 関西4大丸の勤務経験から地域に合わせた顧客作りに活かす。 レイアウトやディスプレイなどを担当。 退社後、婦人服の販売。 幅広い対応力や気遣いなどを磨く。 現在、販売を続けながらconnector代表として「アイデア」と「もの」と「コト」と「ひと」をツナグをコンセプトに活動中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA