明日からできる「勝てるチーム」作り

「勝てる店舗・勝てるチーム」

の第2段をお伝えします。

 

今回は「店長」としての立場におけるスタッフへの「信頼」

の大切さを自身の失敗談を踏まえお話しさせて頂きます。

 

 

周りが見えず、自分の力しか信じなかった店長就任時

 

突然ですが、新任の頃「店長」って孤独じゃなかったですか?

少数派ならすみませんが…

 

店長じゃない方も、

売上が悪い時やメンバーが思うようにやってくれない時などに

感じるかもしれません。

 

自分は初回に述べたようにスタッフの頃から売上TOPを取り続けた結果、

ハイスピードで勝ちとった「店長」というポジション、

自分の力で這い上がったポジション。

 

そんな道筋の為、上司にはアピールしてきたけど、

ライバルには刺激され切磋琢磨してきたけど、

後輩達には…特に何も配慮が無く…

 

というより「自分の力で這い上がり勝ち取った」の気持ちが強く、

後輩には調子いい事ばっかり言っちゃって

 

 

「自分がいるから店は勝てる!」

だとか、武勇伝的な自慢話しかしてませんでした。

 

 

その時は気づかなかった…いや気づけなかったんです。

「ブランドTOP」、「ハイスピード出世」の背景には

周りのスタッフがサポートしてくれたおかげって事を…

確かに、立場を確立し、販売スキルを伸ばして成長して

きたのは自分の力でもありますから。

 

しかし後輩達はそれを生かす為に裏方業務を担ってくれたり、

影ながらサポートしてくれたんですよね。

 

 

チームにはそれぞれ役割がある!

 

要はこれが「チームビルディング」って事なんですよ。

 

スタッフの為、店舗の為、そして…お客様の為に

それぞれ誰かが行動して、

それぞれ誰かが違う場面で活躍する事が

「勝つ」為の「チーム形成」だということ。

 

気づかなかったなぁ…周りのスタッフがいて

初めて自分が輝くと言う事に…

 

自分は店長就任時にはまだスタッフ時代と変わらず

「自分でやらなきゃ」

の一心でスタッフの力を生かさず、

 

いや、スタッフの力を信じていなかったんでしょうね…

中々売上が伸びず悪化…。

上手くいかずメンバー達にはイライラする日々…。

そりゃ「孤独」を感じちゃいますよね?

 

勿論、「俺がやる!」って前回お話した「魅せる」事は

店舗リーダー(店長)として統率していく為に必要。

でも任せるところは信じて任せる事が大事なんです。

 

 

店舗スタッフを「信じる」事で

スタッフ1人1人の力・パフォーマンスが店舗に生かされ、

貢献してくれるはず。

販売が得意なスタッフばかりではないからこそ。

 

大事なのは

店長としてスタッフ個々の長所・能力を見極めて店舗に貢献させる道筋を

見つけ出してやること、作ってあげる事でモチベーションに繋がり、

個々が能力を発揮してくれますよ。それが、自ずと売上成果にも繋がります。

 

「1人でなく、全員で勝てる店舗をつくる」

 

これが自分の考える

「チームビルディング」

です。

 

だから、スタッフ1人1人を見てあげて下さい。

話して下さい。

そしてこちらから先に信じてあげてください。

 

店舗貢献・スキルUPへの何か長所・能力を持ってるはず。

必ず誰にでも適正はあります。

そしてお客様への「魅せる販売員」に導いてあげて下さい。

 

これ明日からでもすぐ実践できます。

まずは「信頼」する事から始めましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
金田 拓巳
About 金田 拓巳 46 Articles
2006年 国内大手SPA入社 販売員として紳士カジュアルブランド店舗勤務。 入社初月から店舗個人売上実績1位。1年目後半~ブランド内全国個人売上1位。以後3年間サブ店長まで継続。 店長就任後、担当した店舗で常に前年比110%〜130%の売上増加を実現。 店舗スタッフを次の個人売上1位・サブ店長・店長へと育成。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA