アパレル販売員はバカでもできるってきっと世間の8割くらいは思っている

スポンサーリンク
Pixapopz / Pixabay

こんにちは、森野です。

自分も販売員なのに、こんなタイトル…切ない。
でも販売員じゃない人はさすがに書けないんじゃないかな。いや、南さんなら書いちゃうか。

ほんとはちょっと思ってるでしょ?
アパレル販売員なんてバカでもできるって。

そんな、バカだとは思わないけど…?
けど??
頭がいいとは思ってない、ですよね?

実際にアパレル販売員を仕事にしている方の中にも、志望動機とかいう以前に偏差値や学歴がネックで他にこれといった選択肢がなかった方もいらっしゃると思います。

逆に、たとえば京大の経済学部を出て販売員になりたいとか言ったら周りが反対するでしょうから、基本的にIQが高くないのは仕方ないと思います。

入るまではバカでもいい

難しい数式が解けても、法律に詳しくても、医療の知識があっても、アパレルの店頭ではあんまり役に立たないから、いいんです別に。

入るまでは。

でも、続けて行くなら、ちょっと変えた方がいい。

バカって連呼するの書いてて気持ちがよくないので言い換えますね、IQが低い。

なぜIQが低いのでしょうか?

昔から勉強がきらいだった

勉強より楽しいことがあった

勉強の大切さや意味が分からなかった

こんなところでしょうか。
しょうがないですよね。

ただ、今はどうですか?

アパレル販売員という職業に就いた現在、
これからのアパレル販売員に必要なこと、勉強していますか?
商品について知らないこと、そのままにしていませんか?
接客についてわからないこと、そのままにしていませんか?
世の中の動き、業界の動き、掴めていますか?

毎日何かと忙しいし、正直、知らないことや分からないこと、そんなの放置してたって、毎日シフト通りお店に出勤していれば毎月お給料が入ります。

商品について知識が曖昧でも、お客様に聞かれなければ平気だし、聞かれたら周りに聞くか、「ちょっとわからないです」って言って謝ればなんとかなっちゃう。

接客について課題を感じつつ何もしなくても、1ヶ月全く売れなくても、基本給は入ってくる。

はい、全部全然ダメですけどね、そうなんですよね、

お店があるうちはね。

人口は減る、店は減る、絶対来るAIの時代、あなたは?

国内のファッションブランドの出店・退店スケジュールを見つけると手帳に書きとめているのですが、今年に入ってからすでに退店ラッシュの一波を感じています。
あなたのお店は、大丈夫ですか?

お店は大丈夫でもブランドがダメだったら、近い将来、わからないですよね。

所属ブランドの利益率や人件費率等々は、ご存知ですか?

ご勤務先や館の企業のIR、見てますか?
大丈夫そうですか?

Sales intelligence のススメ

「企業のIRって何?」
そう思った方もいらっしゃると思うのですがここからが分かれ道です。

調べる人
受け流す人

このふたつです。

同じくらいの時間をかけてこの記事をここまで読んできて、知ろうとするかしないかで、読んできた時間の価値が変わります。

IR情報見たって最初は全部分からなくてもいいんです。分かるというのは意味や内容を把握することですが、いきなりそこまでいかなくてもいい。

ただ、仕事に絡む事柄で目にしたり耳にしたことはあるはずなのに「知らない」というのは怠慢です。知るというのは存在を認識すること、記憶することです。


今年55周年を迎える〈ホテルオークラ東京〉のポスターにこんなコピーがありました。

「知らない」と言える知識を持て

しっかりと知識を持っていれば、珍しいものなのか自信を持って判断できる、ということだそうです。


「知らない」と言える勇気ではありません、持つのは知識

sales intelligenceって日本語の情報はほとんど出てこないんですけど、販売員としてこれからもやっていくにはここは狙い目だと思います。

意訳ではありますが、売上をつくるというシーンに絡むあらゆる情報のコミュニケーションに長けた、インテリ販売員。

博識で論理的かつ、感情や表現が豊かで、徳がある。私はそのあたりを目指そうかと思います。そしたらお客様や取引先様に選んでもらえそうだから。

あなたには、どこへ行っても通用する気概はありますか?

今のところだいたいみんなバカだと思われてるから、インテリ販売員はきっとブルーオーシャンですよ。一緒に行きませんか?

…ブルーオーシャンって何?

本日2回目の分かれ道です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
About 森野 咲 100 Articles
森野 咲 (Saki Morino) 1979年神奈川県生まれ 販売員歴通算16年、店長経験5年。 (株)ワールドストアパートナーズ→スターバックスコーヒージャパン(株)→(株)トゥモローランド→(株)LVMHグループ →個人事業主として2016年に独立、鞄メーカーの販売にあたる。月刊誌「ファッション販売」執筆中。 30代半ばでもう若くないと一度販売を辞めたものの、すぐ復帰しました。限界だと思いたかったけど違いました。やっぱり店頭が好きです。 2018/7/1迄、TopSeller.styleブログ火曜日を担当。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA