「普通の販売員」が孤独で学ぶこと

こんにちは、水曜日のタニグチレイです。

さて、今回は異動や新生活など環境が変わる時期でもあるので
ちょこちょこ挟んでる「あなたが普通の販売員なら」でいきたいと思います。

 

周りを見ていて少し気になることがあります。
繁忙期と違ってこの時期はどうしても接客のない時間が増えますよね。
もしくは他のスタッフは接客しているけど自分は接客していない時間。

やらなければならない業務をしている人もいます。
他のスタッフとコミュニケーションを取ってる人もいます。
(ずっとしゃべってる人はやること見つけなさいと思いますが)
他のスタッフの接客を見てる人もいます。
で、ここなんですが

 

「見てる(何か情報を得ようとしてる)」というか
「(接客してる販売員とお客様が)目に映ってる」だけの人が気になります。

 

なぜそう思うのかというと
(見てた接客では決まらず自分のショップに来られた時に)
お客様が商品を手に取る度に一から商品説明をしていく姿を見るからです。

間違いとは言いませんが見てたのにな・・・と思ってしまいます。

 

以前に周りの先輩や販売員をずっと見てましたと書きました。
「自分の真似できることとそうじゃないことを見極めて
特化させていく努力をしました」と。
先に述べたのとは状況は違います。
(個人的にこの時期はお客様が多くないので
スタッフ見てるよりお客様を見てるべきだと思います。)
これをしていたのは新人のころです。

 

孤独で学ぶこと

 

その後何度か異動を経験して周りの環境も変わっていきました。
そこで「自分がリーダーなら?」と思いながら
一時期敢えて孤独に仕事に取り組んでいました。

けっして孤立していたわけじゃないですよ。
と、書いてて自分が気づいてなかっただけ?
なんてちょっとよぎりましたが違いますよ(笑)

キャリアの長いスタッフもいたので
得意なところは任せようと思ったからかもしれませんね。
周りを信頼してないからということではなく
どちらかというと逆です。
周りが信頼できたから勝手してたようなものですね(苦笑)

限度はあるので他のスタッフの迷惑になるようなことはしていません。
接客や売上の邪魔をするようなこともしていません。

 

たとえば
お店全体のことであるならば店長に「提案」をしたり
(当時、生意気なこと言ってたらすいません)
お客様との約束だったらなんとしても叶えられるようにしたり
(当時、無理なことしてたらすいません)
任された業務だったら段取りをつけ実行したり
(当時、なんでも自分でやろうとしてすみません)

・・・謝るようなことばっかりだったかな?(笑)
もう一度言いますがスタッフや会社に迷惑をかけるようなことはしていませんよ。
あくまで分をわきまえた範囲の中でです。
(と、思ってます。)

 

できるブランドやできるショップなど誰にでもではないかもしれません。
勝手にすることなく上司や店長に相談しやすい環境なら
まず「提案」ができるように考えてみるだけでもいいかもしれません。
やり方は自分の環境に見合うやり方がいいと思います。
接客に追われるショップはかなり幸運だと思います。
そんなところばかりではないですよね。
接客以外の業務は忙しさに関わらずたくさんあるところが多い。
日々業務に追われていくことで本来の目的を忘れてしまいがち。
店長でも新人でも与えられた業務に責任があります。
もちろん内容は違います。
店長は高度な内容で新人は初歩的な内容かもしれません。
度合いは違えど責任を持って一つ一つの業務をこなしていきますよね。

 

新人や中堅だって与えられたからするのではなく
「自分がリーダーなら?(その業務内容を消化してどうするのがベストか)」で臨む。
与えられる業務が積み重なるころには
モチベーションも考え方もかなり差がでてくるのではないでしょうか。

そして「(スタッフやお客様を)見る」行動も変わってくるのではないでしょうか。
得ようとする情報の中身が変わると思います。
他のスタッフの行動を視界の端に入れると思います。
通路のほうや死角を気にすると思います。
目測したり好みを想像すると思います。
サイズやストックを確認しておくと思います。

 

ちょっとまだ難しい人もいるかもしれません。
どこか頭の片隅に覚えていてくれると嬉しいです。

 

時々接客以外の業務に必死でその業務のクリアが目的になっている人を見ます。
自分が何やっているのか面白みを感じなくなっている人を見ます。
働き出して間もないのに不満を感じている人を見ます。
逆にキャリアを積んできたからこそ先に不安を感じてる人を見ます。
なかなか自分では気づけないことかもしれません。
気づくまでに時間がかかることかもしれません。

 

今の環境であなたはどうですか?
ちょこっときっかけがあったら何か変わりませんか?
同じ場所でも景色が変わりませんか?

これもまず一歩です。

 

いつかのブログでも書きましたが
今は周りに恵まれてみんなもっと良くしていこうとしています。
孤独に取り組んでもまったく不安はありません。
・・・孤立してないよね?(笑)

興味を持たれた方はぜひこのTopSeller.styleでお付き合いください。
では、また次回。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
谷口玲
About 谷口玲 39 Articles
百貨店内メンズセレクトショップにて販売をスタート。 Stephan Schneiderなどのヨーロッパ系デザイナーズを取り扱う。 国内の展開が少ないブランドが多く顧客作りの接客の基礎となる。 その後Paul Smithにブランド異動。 関西4大丸の勤務経験から地域に合わせた顧客作りに活かす。 レイアウトやディスプレイなどを担当。 退社後、婦人服の販売。 幅広い対応力や気遣いなどを磨く。 現在、販売を続けながらconnector代表として「アイデア」と「もの」と「コト」と「ひと」をツナグをコンセプトに活動中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA