販売員の未来のつくりかた

スポンサーリンク

こんにちは、森野です。

販売員としての成功とは、何年目でも、いくつになっても、どこに立っても「選ばれる人」になることだと思います。

誰に選ばれるか?
もちろん、お客様にです。

そうすれば会社にも、ディベロッパーにも、業界にも、選ばれるから。

誰に向けるでもなく流れ作業のように、声出しをして、商品整理とレジ、掃除。これしかしない、名ばかりの販売員は必要でしょうか?
そもそもこれでは、販売員ではなく作業員です。
誰でもいい。

こういう人たちが増えたのは、いくつかの政治背景もあり、出店が加速した頃からでした。

誰でもいいからスタッフ急募。

勤務時間の条件と通勤の折り合いがつけば誰でも採る勢いでした。今でもそうですね。

それからすぐ、ファストファッションが流行って

今ではもう、接客なんてできない、しない、望まないノー接客が普通になっています。

このままでは販売員という職業の存続自体が危ういし、10年後も同じ仕事をしているか?という質問に何人が曇りなくイエスと答えるでしょうか。

「ノー接客が普通」と書きましたが、販売員が必要ないのではなく、時代の流れのなかで必要ないことにされているだけだと思います。

まともな接客をされたことのない人たちが、なくても大丈夫と思っているだけ。

気づき始めたお客様たちが、必ず必要としてくれるし、その動きはもう、きっと始まっています。

もっと「あなたから買いたい」が増える

私はこの15年間、様々な場所で様々なものを売ってきました。

アパレル、雑貨

SPA、国内外セレクト、ラグジュアリー

メンズ、ウィメンズ

プロパー、アウトレット

商品単価300円~80万円

どこで何を売っていても

「あなただから買うのよ」
「自分じゃこんなに合うもの探せなかった、ありがとう」
「また選んでほしい、いついるの?いるときに来るから」
「あなたから買いたい」

そう言ってくださるお客様がたくさんいます。これが、販売員の価値の証明です。

お客様は必ず来てくれます。
だから、自信を持って言えるのです。

販売員は求められているし、ECや、AIには同じ意味での代わりはつとまりません。

頭と心を使い、どうありたいか考えながらやっていると、きちんと結果もついてくるものです。

事実として、入社3か月のラグジュアリーブランドで
ショップ内1位、約1,000万円/月の売上をつくることができました。
ショップの月売上の約半分です。スタッフは6名いました。

選ばれる販売員になるためにはどうすればよいだろうか?

まず、この記事をここまで読み進められたあなたのその意識と危機感をもってして

学び、インプットしたことをアウトプットする、これを繰り返すことです。

聞いたらやってみる、読んだらやってみる、この繰り返しこそが礎となります。

やらなければ、巨万の作業員に埋もれるだけです。

 

私には15年間の接客の数だけプロファイリングがあります。15年を、15歳と考えると、義務教育が終わる歳。
そろそろ進路を決めなくてはいけません。
社会の役に立つ人になるために、行動していきたいと思っています。

自身の販売スキルに課題を感じる人がいれば、明日からやれることをひとつ伝えたいと思います。

販売力は、観察力です。

「いらっしゃいませ」のあとからではなくて、その前の、お客様が通路を歩いている時点からの観察が必要です。
プロファイリングが蓄積してくると一瞬で分かるようになります。

今日はなにが欲しいのか?販売員にどうして欲しいのか?

自店の商品の中ではどれがフィットしそうか?

この、頭と心の準備ができてからの「いらっしゃいませ」は、必ず伝わります。
またそれができたとき、お客様のリアクションは全く見違えるから、そこで成果を実感できるし、測ることもできます。

お客様のうれしいリアクションが欲しかったら、ぜひ、明日から観察力を発揮して実践してみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
森野 咲
About 森野 咲 72 Articles
1979年横浜市生まれ 販売員歴15年 現在、フリーランスの販売員。 TopSellerブログ火曜日担当。 たまに業界誌に寄稿。 幼少期はお花屋さんかケーキ屋さんになりたかった。 職歴は、国内大手SPA婦人服・雑貨店舗にアルバイト→契約社員→正社員と進み、店長3年、統括店長2年。統括店長時代に、垣根を越えた生産性の最大化の方法を提案し社長表彰を受ける。 シアトル系カフェチェーンにてアシスタントマネージャー2年。外資系の育成法とサービスを学ぶ。 震災を機に、もう一度洋服屋の販売員を志し転職、某セレクトに入社、5年ほど勤務。アウトレット店にてメンズを担当、インポートからオリジナルまで、モノをカネに変えビジネスを回すことの難しさを知る。コレクションブランドのトランクショーのヘルプ、プロパー店のイベントヘルプ、物流センターの業務なども関わり、新店OPEN時にはスタッフ育成に出向く。 35歳で一度販売員を辞めたが、ふとしたことで派遣社員として某ラグジュアリーに配属。3か月後にはショップ内売上No.1、派遣でありながらも受注会の顧客アテンドを経験。 この頃、twitter上でTopSeller主宰の四元氏と出会う。東京駅地下のスタバでコーヒーを飲みながら、販売員として、独立してやってみる決意をした。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA