成長する為の簡単な手順

スポンサーリンク

あなたは業務においてちゃんと「トライ&エラー」ができていますか?

僕が成長する上で重要視していることがこの「トライ&エラー」です。
仕事上の色々な出来事に対して、
常に「なぜだろう?」と疑問を見つけ、答えを考える事を積極的に行う。
そこが自分を成長させる分岐点だと考えています。

「なぜ、このデザインは売れるのか」
「なぜ、このサイトはアクセスが上がらないのか」
「なぜ、このバナーば成果が得られたのか」

「なぜ〜すると、〜になるのか」という検証を続け、試行錯誤を重ねて仕事を進めていくと、成功や失敗の理由がわかり、着実に自分の力・スキルが身についてくることはもちろん、目的のゴールに近づける、達成できるということです。

トライ&エラーは地道な作業の繰り返し

僕は現在、クリエイティブ・ディレクター兼デザイナーという肩書きで
仕事をしていますが、それまでは様々なことに挑戦してきました。

20代前半では、Webプログラミングに興味を持ち、
簡単なメールフォームシステムを開発したり、
WordpressのようなブログシステムをCMSとしてカスタマイズしたり、
日々過酷な仕事に明け暮れたことがありましたが、
当時の経験が、今でも大きく活かされています。

プログラミングはまずたくさんのコードを覚えなければならないのですが、
早急に実務化したかった僕は、実践の中でトライ&エラーを繰り返しスキルアップを
試みました。
初心者だった僕は、覚えるより先に業務上であれこれ試し、時には
あらゆる資料やサイトのコードをそのまま使ったりして目的の動作になるまで
試行錯誤を繰り返しました。

期待通りの動作になったときは、本当に嬉しくて自分は天才じゃないか、と錯覚するぐらいのアドレナリンがでましたね(笑
プログラミングという仕事は答えが0か1しかない、つまり、動くか動かないか、
その手段(書き方)は様々ですが、どうすればより簡潔に、快適に動くプログラムを書けるかですから、とにかく動くまで以前の失敗を元にやり直し続けました。

トライ&エラーによって養われた「ロジック」という武器

その後、適正や社内の体制上、デザイナーに戻った僕ですが、
思った通りプログラマーとしての経験が、かなり役立つことになるんです。

よく誤解されているのが、デザイナーは「直感的」で「アーティスティック」
そのような印象を持っているのではないでしょうか。
僕ら広告デザイナーは実はその逆だと思っています。

例えば、
ブランドの魅力・価値を最大限に伝え、
販売促進へつながるビジュアル戦略を提案する場合、
どのようなコンセプトで、どういったターゲットへ
どのようなメッセージを伝えるか、
しっかり論理的に説明できなければなりません。
なぜ赤なのか、なぜフラットなのか、提案するデザインが、
どうブランド戦略と紐付き、どのような成果が得られるか、
しっかりとしたロジックで説明できるデザイナーが求められています。

この「ロジック」こそがプログラミングの習得、そしてそれを実現する為の「トライ&エラー」で培われたんです。

僕がプログラミングをはじめる前は、
「デザイナーとしてのセンスが足りない。」
「美大を卒業していないデザイナーが、どうすれば他のデザイナーにセンスで勝てるか」
という、「センス」という言葉一つでネガティブになっていました。
どうすれば良いデザインができるようになるのか?プログラミングの習得を経て、
「曖昧なセンスという言葉ではなく、そのデザインでなければならない理由が必要」
と初めて気が付きました。

デザインをロジカルに構築できる技術、
デザインを戦略的に活かす提案力、
広告クリエイティブを総合的に活かす能力
これらは、日々の「トライ&エラー」から生み出されたものです。

つまり、日々の「問題意識」から「解決策」を発見し、その解決策から新たな「成功や失敗=結果」が出たということです。
そして、その得られた「成功や失敗」が何故良かったのか、何故悪かったのか、
論理的に分析する力が備われば、より良い答えにまた辿り着けるのだと思います。

成長の手段はいつの時代も変わらない

僕は、そうやって常に「問題意識」からの「解決策」という思考を持つことで、
自ら挑戦し、失敗という研究を経て、一歩ずつ成長してきました。
結局はその繰り返しです。

今思えば、スポーツ時代、飲食時代、営業時代に良い結果が出たとき
単純にそのプロセスが、行われていました。

大事なのは、挑戦すること。
何に?
それを見つける「問題意識」=「探究心・好奇心」を持ち続けるべきです。
見つけたら、「解決する」ために挑戦し続けてください。
解決したら、なぜ解決できたか、しっかりと検証すること。

単純なやり方ですがこれ以外に成長の手段はありませんから。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
西澤健太
About 西澤健太 6 Articles
西澤健太(Kenta Nishizawa)1984年生まれ。兵庫県芦屋市出身。大阪・神戸で育つ。スポーツに明け暮れた幼少期とは反して、クラブでの音楽活動、営業職などを経てデザイン会社に就職。大阪のWeb制作会社”Vogaro株式会社”にてチーフデザイナーを務めその後独立。ファッションやスポーツ、音楽分野の広告企画・制作を得意としているが、ファッション広告に尽力するため株式会社StylePicksのクリエイティブ・ディレクターとして就任。また、CUZ(コーズ)デザインオフィスでフリーランスとしても活動している。ロナウジーニョサッカーアカデミーのブランディングや、グランフロント大阪食育プロジェクト「Umekiki」のWebブランディング、サッカードイツリーグFC BASARA MAINZの広報担当として幅広いステージでその集客能力を発揮。戦略からビジュアルに落とし込む一貫したクリエイティブを提供している。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA