TopSellerに近づく為の最優先順位の選択の仕方。

スポンサーリンク

ヨツモトです。

 

 

販売員が店頭という現場ですべきコトはなに?

 

この質問にあなたは何と答えますか?

 

「店を開ける為。」

「いらっしゃいませを言う為。」

「商品を盗まれない為。」

「納品を品出しする為。」

「商品を陳列する為。」

「レジをする為。」

「商品を包む為。」

「予算を立てる為。」

「上司に日報を提出する為。」

「何故売れないのかを報告する為。」

「売上を上げる為。」

 

 

このブログを読んでくれている販売員のあなたが

毎日必要としてやっているコトでしょう。

 

この答えは、ある意味正解でもあり

全てが不正解でもある。

 

ではもし、改めてこの質問をされたら

あなたはなんと答えますか?

 

販売員が店頭で最優先でやるべきことは?

 

 

誰のために、そのやるべきコトをやるべきなのか?

 

店頭現場において、日々販売員はやるべき業務が氾濫している。

 

そして、追われている。

 

大量の納品をかたずけるコトも

店内を魅力的なレイアウトに変更するコトも

未来を見据えた予算を組み立てるのも

何故売れないのか?という難解な問題の答えをつくるコトも

 

では、先ほどの質問の答えを聞く前にもうひとつ

あなたに質問をしてみよう。

 

一体、そのやるべき業務は何のためにやるべきなんですか?

 

あなたは、こう答えられたましたか?

 

「全てはお客さんの為に。」

 

 

あなたが常に考える最優先順位。

 

「君がレースですべきコトはなんだ?」

 

「メダルを取るコト、相手を負かすコトです。」

 

「違う。君がすべきコトはスタートからゴールまで出来るだけ

早く泳ぐコトだ。大事なのは自分のするべきコトに集中するコト。」

つまり、レースプランニングとテクニックに集中するコト。」

 

これはリオオリンピックでメダルレースのトップを走る、アメリカの

水泳代表選手とコーチの会話の一文です。

 

販売員はアスリートではありませんが、モノを販売するのではなく

自分の「能力」を使うという視点をもつ販売員であれば、

参考にできる部分が多々でてくる。

 

そう、あなたがするべきコトの最優先順位は

 

お客さんの問題を解決するコト

 

 

あなたの「感覚」を理論化できない先にある罠。

 

前回の記事でも書いたが、多くの売れる販売員は

自分がなぜ売れる販売員なのかを明確に説明できない。

 

理論ではなく「自分の感覚」で全てをこなしている。

 

あなたが最優先でやるべきコトは「感覚」という曖昧な

領域でしか表現できずにいる。

 

一方、「予算」や「販売計画」「レイアウト」、それに

「売れない理由」は一定のフォーマットや理論に置き換えられ

さも「あなたの能力を理論化」しているような錯覚におちいる。

 

でもこれらは全て最優先順位ではなく、最優先順位を現場で

達成する為の環境作りやツールでしかない。

 

自分の「能力」を明確に理解し理論化するコトができない

良く売る販売員は、次第に「置き換えられた誰かの理論」の

フォーマットが「最優先順位」になってしまう罠に陥る。

 

 

目的と目的を達成する為のコトを混同しない。

 

この最優先順位を達成する為にあなたは日々

現場にいるコトを忘れてはならない。

 

「売上」はお客さんの問題を解決した結果に

ついてくる数字でしかない。

 

「予算」はお客さんの問題を解決する為の

プランニングでしかない。

 

「その他の業務」はお客さんの問題を解決する為に

より良い環境を準備していることでしかない。

 

 

あなたが「モノ」を売らずに

お客さんの問題を解決するというコトを

忘れずに常に最優先に考えられるようになれば

 

お客さんはあなたの「能力」を買ってくれるようなり

あなたはまた「TopSeller」に近づく。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 92 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 1978年8月生 兵庫県神戸市出身 TOP SELLER .STYLE 主宰。 幼少期から母方の叔母夫婦が神戸三宮で営む商売を手伝い始める。 場所は路上、商材は中古ファミカセを与えられ販売経験をスタートさせる。 ㈱ジョイックスコーポレーション入社後、約7年間「Paul Smith」トップセールス販売員として勤務。Paul Smith 全国販売員総合評価で断トツの1位として活躍。 ジョイックスコーポレーション退社後、2009年に大阪のミナミにて独立。 アパレル店舗運営事業部をスタートさせる。 TOP販売員時代の販売スキルを元に、店舗運営に加え独自のSTAFF人材教育や評価システムを構築し、ブランドメーカーだけでは無く、大手デペロッパーからのオファーを受ける自社STAFFを育て上げる。 現在も自ら現場に立ち、大手百貨店のPOP UP SHOPの売上レコードを 塗り替え現役でトップセラーとして活躍。 マーケティングの視点とコンサルタントの問題解決能力をあわせた接客スキルで現役トップセラーとして活躍。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA