今日はなんでその服なの?

スポンサーリンク
Pexels / Pixabay

こんにちは、森野です。

先週の繊研新聞に、最近のアパレル販売員がお洒落じゃないという記事が載っていました。

まー、たしかに。
そうなんですよね。

でも、昔より一般の方の感度が格段に上がっているためにそう感じられる部分もあると思います。

UNIQLOやg.u.などで手頃な値段のトレンドデザイン服が買えるようになったことも要因のひとつといえるでしょう。
販売員がトレンド服を着てお店に立っているだけではキラキラ目立てなくなりました。

一度、徹底的に客観的に自分をコーディネートしてみるといい

アパレル販売員のみなさん。
最近店頭で着ている服のコーディネート、いけてますか?

なんとなく、買い足し
お金ないから、なるべく安いもの
とりあえず、強化品番…

あの、それ、楽しいですか?
安くても、お金かかってるのに、それ着てて気分上がりますか?
その服は、その着こなしは、あなたのキャラクターの良さを引き出していますか?
もしもあなたがお客さんとしてあなたのお店に現れて、店員のあなたにイケてるトータルコーディネートを頼んだら、その服を着せますか?

もしかしたら、違うんじゃないかな。

もっと似合うもの、本当は知ってるんじゃない?
自分に着せてみたいもの、他にあるんじゃない?

似合ってないものを着ている販売員ほど説得力の無いものはない

アパレル販売員になる前は、服が好きでコーディネートを考えるのが楽しくて、お洒落をするのにワクワクしていたはずなのに、販売員の仕事が長くなると、なんだかコーディネートがやっつけになってしまっていませんか?
もしくは“私こう見えてこういうの好きなんです”とばかりに、外見のイメージに合わない服を着てしまったり。
仕事ですから、着たいもの着れなくてもある程度仕方ないです。そういうのは、プライベートでやればいいことで。お客様に受け容れてもらえるよう身だしなみを整えて、商品が売れるよう着こなすのは販売員として接客スキル以前のマインドの問題。自己主張や逃げが、職務上適切なスタイルより肥大してはいけないと思います。

自分のことわからず着たいもの着ちゃってる販売員は、周りから主観的な人に見えるものです。だから、その人から発せられるオススメの提案も、その人の好みのように感じられて、説得力が半減します。
自分自身の客観的印象を素直に受け容れて、イメージ通りの服をおしゃれに着るのが一番です。

色白ベビーフェイスはやっぱり黒より淡い明るい色が似合うし、日焼けした大人顔はアースカラーよりサイケな明色が似合う。

華奢な男子は深いVネック着ると軟弱に見えるけど、浅いVネックなら品行方正に育ちが良さそうに見える。

アパレル販売員だもの、もうちょっと自分を素敵に見せることに努力してもいいんじゃないかな。

髪型から脚のラインまで改めて自分の特長をチェック

頭のてっぺんから爪先までとは言わないけれど、自分の身体の特長を見直してみるといいと思います。

春だし。

髪型が変わったら、似合う襟も変わる。
メイクが変わったら、似合う色も変わる。
気づけば肩の筋肉が落ちていたら、似合っていたはずの柔らかいカットソーが部屋着っぽく見えていたり。
勇気を出して買った細身のパンツは、ひとまわり大きくなった腰回りに合わせて伸びて形が崩れていたり。

半端丈のボトムス、一番脚が太く見える丈じゃない?
ヒール履いた方がバランスいいのに、楽なスニーカーで「はずし」とか言っちゃってない?それかわいいの?

服が楽しくなったばかりのあの頃、何度も鏡の前で合わせて着替えてファッションショーしてたお洒落マインドはどこへ行ったのかな。

販売員は着まわしよりキメコーディネートを重視

コレにはコレがめっちゃ合う!そして自分に似合う!というコーディネートがあったら、着まわしなんてできなくてもいいと思う。
いつもそのパターンだね、なんて言われたら
そうですよ、このコーディネートが一番イケてるんで!でいいじゃないか。

似合う服をちゃんと着よう。
お客様から「この人にコーディネートしてもらいたい!この人のセンスを信じたい!」と思ってもらえるように。

あなただけの「トプセラ」はじめました!
「トプセラ」パーソナルコーチ
あなたの悩みや問題を
「いつでも」「どこでも」相談できます。
会社の上司や先輩には言い辛い事も、ここでは大丈夫!
「トプセラ」パーソナルコーチの詳細はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
About 森野 咲 100 Articles
森野 咲 (Saki Morino) 1979年神奈川県生まれ 販売員歴通算16年、店長経験5年。 (株)ワールドストアパートナーズ→スターバックスコーヒージャパン(株)→(株)トゥモローランド→(株)LVMHグループ →個人事業主として2016年に独立、鞄メーカーの販売にあたる。月刊誌「ファッション販売」執筆中。 30代半ばでもう若くないと一度販売を辞めたものの、すぐ復帰しました。限界だと思いたかったけど違いました。やっぱり店頭が好きです。 2018/7/1迄、TopSeller.styleブログ火曜日を担当。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA