新人販売員のあなたが1年間毎日唱え続けると「抜きん出た」存在になる「ある言葉」。

スポンサーリンク

こんちは、ヨツモト リョウヘイです。

先週はこの春からアパレル販売員を目指す方や、アパレル販売員になって

店頭で販売をスタートさせるあなたにメッセージを送りました。

この春ファッション業界を目指す皆さん。(裏側編)

タイトルに(裏側編)てついている通り、少しこの業界に対しての皮肉も
込めた内容になってしまってますが。(笑)

ですので今日は改めて「チャンスがいっぱい」のこのファッション業界で
「この春から接客販売って仕事」をされる未来ある販売員のあなたに、

誰より早く「接客販売で抜きん出る存在」になる方法を

お伝えしますね。

まずは1日も早く「抜きん出る」存在になれ

「接客販売」という仕事で同期や周りの、販売員と比べて「抜きん出る存在」と
言いましたがこの「抜きん出る」を何を?と言われれば

「抜きん出る=売上」

です。

TopSeller.Styleでは、「お客さんに売るな!買ってもらえ!」って散々言っていますが
これは「売上」を上げる販売員になるってのがベースにあります。

いくら「理想論」や「マインド」ばかりが整理されても、「売上」を上げれる販売員で
なければ全くもって「チャンスは」やってきません。

特に企業に勤めて仕事をする環境にいる「大多数の販売員」にとっては、
まずは「他人よりも売上を上げれる」ってことが、新人一同の中から
抜け出す一番てっとり早い方法です。

なぜかって?
単純ですが、みんな新人だからです。笑

みんな「全て」の事に対して、よくわかってないか「何もできない」ですよね。
でも、あなたは「何かやろう」としている同じ新人を横目に「接客販売」を
立っている店頭でどんどんやってしまえばいいんです。

「接客販売」で「売上」を先にあげてしまえば、「本来やらなくていい作業」
が回ってくる確率も下がります。

これだけでも、大きな差がつきますよね。
別に誰がやっても同じ仕事は誰がやってもいいんです。

そんなところに「チャンス」はやってきません.

あなたは1日でも早く「あなたしかできない」仕事を任せてもらえるよえうに、
つまりより多くの「チャンス」を掴める可能性が高い仕事を任せてもらえるように
綺麗事抜きで「売上」をあげれるようにならないといけません。

毎日、これをやっていれば必ず「抜きん出る」存在になれる

他の新人販売員から抜け出す「売上を作れる販売員」になる為に
あなたが一番店頭で今しないといけないことは

誰よりも多くのお客さんを接客をする。

接客する絶対数を増やす。

毎日です。

 

毎日、あなたが出勤する日は、必ず誰よりも多くのお客さんを
「接客」してください。

結果的にできないとしても、「自分が一番お客さんを接客する」って
気持ちを毎日もってください。

この気持ちを、1年間毎日あなたが持ち続けて店頭に立って行動できれば
必ず「抜きん出る」販売員になっています。

これが「売上を上げれる販売員」になるための「最短」の方法です。

あなたが接客の絶対数を増やさないといけない理由

なぜ、誰よりも一番多くの接客をすればいいかのか?
そんな単純なことで本当にいいの?って思われるかもしれませんが

その質問に対しての、答えも明確にあります。

「接客」で一番必要なのは「笑顔」でも「スキル」でもなく
自分の中に日頃「インプット」した情報です。
その情報を「アウトプット=接客」をしてあなたの目の前の
お客さんの問題を解決する仕事だからです。

そして、日頃あなたがインプットする情報は2種類存在します。

①世の中のみんなが知れる情報

世の中のでている教則本や、新人研修で教えてくれるマニュアル。
それに今ではネットからの情報。
例えばこのTopSeller.Styleもそうですよね。

それに商品知識や基本的なファッション知識。

「誰でも」知ろうと思えば「知れる」情報です。

この情報は「自分1人」でいつでもどこでもインプットできます。
あなただけじゃなく、他の誰もが。

この情報も大事なんでが、「抜きん出る存在」になるには
次の②の情報をあなたが持っているかどうか?が重要に
なってきます。

②お客様からしかもらえない情報。
そのまんまです。
この情報は、お客さんからしか知ることができません。
しかも、1人1人違ったお客様。
インプットできる情報も千差万別です。


販売で一番大切なのは②の情報をどれだけもっているかです。

つまり、
こんなお客さんはこんな物を欲しがっている。
こんなパターンの時はこうだった。

これが分からなければ、いくら①の情報を持っていても
使い方がわかりません。

どんなお客さんにどんな情報をどんな形にして伝えれば
いいのかってがわかりません。
逆に言えば、この②のお客さんの情報をたくさん持っていると

「お客さんのために、何を知っていればいいか?」がわかりますので
新人時代にあれもこれも「覚えないといけない」という効率の悪い
勉強の仕方も改善されます。

このような差が、あなたとその他の販売員との「差」に大きく関係してくるんですよ。
なので、冒頭に書いたように接客する絶対数が多い人ほど「接客スキル」は必然とあがります。

ちょっとぐらい「空気」読まないぐらい奴の方が「抜きん出る」

新人販売員の皆さん。

毎日誰よりも、多く接客してください。
毎日誰よりも、多くのお客さんと話してください。

接客する絶対数を上げる。

これを1年間、何があっても意識してあ生の中で唱え続けながら
店頭に立つことができれば
あなたは必ず「抜きん出た存在」になっていますから。

周りの同じような奴らと足並み揃えるんじゃなくて
「空気」読まないぐらいの「存在感」ある新人を是非目指してください。

あなただけの「トプセラ」はじめました!
「トプセラ」パーソナルコーチ
あなたの悩みや問題を
「いつでも」「どこでも」相談できます。
会社の上司や先輩には言い辛い事も、ここでは大丈夫!
「トプセラ」パーソナルコーチの詳細はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 100 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 1978年8月生 兵庫県神戸市出身 TOP SELLER .STYLE 主宰。 幼少期から母方の叔母夫婦が神戸三宮で営む商売を手伝い始める。 場所は路上、商材は中古ファミカセを与えられ販売経験をスタートさせる。 ㈱ジョイックスコーポレーション入社後、約7年間「Paul Smith」トップセールス販売員として勤務。Paul Smith 全国販売員総合評価で断トツの1位として活躍。 ジョイックスコーポレーション退社後、2009年に大阪のミナミにて独立。 アパレル店舗運営事業部をスタートさせる。 TOP販売員時代の販売スキルを元に、店舗運営に加え独自のSTAFF人材教育や評価システムを構築し、ブランドメーカーだけでは無く、大手デペロッパーからのオファーを受ける自社STAFFを育て上げる。 現在も自ら現場に立ち、大手百貨店のPOP UP SHOPの売上レコードを 塗り替え現役でトップセラーとして活躍。 マーケティングの視点とコンサルタントの問題解決能力をあわせた接客スキルで現役トップセラーとして活躍。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA