顧客様の多い販売員ってどんな人?

スポンサーリンク

こんにちは、水曜日のタニグチレイです。

G.W.も後半戦ですね。
暦通りの方は今日から連休という方もいるでしょうね。
お買い物に来てくれるお客様にしっかり楽しんでもらいましょう。
販売員の皆さんは後半戦乗り切りましょうね。

 

顧客様の多い販売員の特徴

さて、あなたに会いに来てくれるお客様は増えましたか?
少しずつでも増えていってるならこのまま継続していけるように日々心がけてください。

なかなか増えていかないという方もいるかもしれませんね。
人と人のことなので思うようにいかないなんてこともあるかもしれません。

どうでしょう?
あなたのお店や周りにお客様の多い販売員いませんか?
常に顧客様が来店されてるなとか顔見知りのお客様が多いなって販売員いません?
店長や販売暦の長いスタッフなどは結構多いんじゃないでしょうか。
もしくはまだそれほど販売経験長くなくてもお客様が多い販売員いますよね。
なにか必ず人を惹きつける要素はあるはずですよね。
もともとの人柄で備わっている人もいるかもしれません。
でも多くの販売員は意識して心がけているのではないでしょうか。

そんな販売員の特徴を3つに絞ってみたいと思います。

 

①なにごとにも一生懸命取り組んでいる。
②常に人を大事にしている。
③人から協力したいと思われることが多い。

 

他にも要素はあるでしょう。
でもこの3つを持っている販売員には訪ねてくるお客様も多いように感じます。
ここからはひとつずつ掘り下げていきますね。

 

①なにごとにも一生懸命だと目の前のお客様にも一生懸命

販売員に関わらず仕事に対しては真面目に取り組んでいる人がほとんどですよね。
楽しいことばかりじゃなく辛いことだってあるでしょう。
それでもなんとかして立ち向かって乗り越えていく。
こう書くとなんか根性論みたいになりそうですがそういうことが書きたいんじゃないですよ(笑)
なにごとにも一生懸命になっている人はひたむきに行動している人だと思います。
楽しみながら熱狂している人もいるでしょう。
だから辛い時があっても乗り越えた先に楽しめることがわかっている。
「まぁいっか」と思って妥協することをしない。
というか、減らしていく努力をすると自然にしなくなるかもしれませんね。
ついつい面倒だなと思うと避けてしまっていたことも正対するようになる。
最初は意識しないとできないかもしれませんが馴染んでしまうと自然にできるようになると思います。

 

妥協せずひたむきに行動できる販売員だったら?
接客した目の前にいるお客様ひとりひとりに対して一生懸命に対応すると思いませんか?
誰も彼も同じ対応をするわけではなく、マニュアル通りの対応しかできないわけではなく。
時には難しい要求だってあるでしょう。
自分のいる店の商品では解決できないことだってあるでしょう。
そんな時にできないことは仕方ないから「まぁいっか」とすぐ妥協しちゃいますか?
解決まではいかないとしても自分の知っている知識の中から解決に近いところまでなんとかしますか?
一生懸命の人の行動はどっちか想像できますよね。
あたかも自分のことのように本気で考えていると思います。
しかもこれは特別な人しかできないことじゃないですよね?
言ってみれば当たり前と思うようなこと。

 

ただ一生懸命すぎて融通が利かなかったり周りが見れなくならないようには注意してくださいね。

 

②常に人を大事にしている人はその人の周りに人が集まる

売り場や職場には誰かしら人がいていっしょに仕事をしている人が多いと思います。
さらには得意先の方がいたりお客様がいますよね。
自分の好きな人や得意な人ばかりでもないはず。
苦手な人だって相性が良くない人だっているでしょう。
でもそこで自分から壁を作ってしまったり排除してしまうと仕事に支障がでるかもしれません。
すべて一人で対応できることならいいですがそうじゃないこともたくさんあるはず。
もちろん無理に誰も彼も好きになることはないでしょうし言うつもりもありません。
ただどんな人にだって尊敬できるところはあるでしょうからそこを見つけたら気持ちや対応は変わるんじゃないでしょうか。
気持ちが変われば会話をしていても流してしまうのではなくその人が興味を持っていることを広げようとします。
広がっていってさらに知ることができたらただの理解不足だったなんてこともあるかもしれません。
自然とそうやって周りの人が増えて行くと思います。

 

対応しやすいお客様だけではなくどんなお客様にも尊敬できるところを見つけようとする販売員だったら?
接客したどんなお客様とも会話を楽しんだり相談されたりすると思いませんか?
商品に直接関係のない話やプライベートなことを出会って初めてのお客様とできる販売員いませんか?
そういう人はしっかりとお客様の話を聞いて関心のある話題や共通の話題などを広げていたりします。
話の主役が商品ではなくあくまでお客様になるように。
人を大事にして目の前のお客様との会話をしっかりとできるからこそですよね。
ついついお客様の話を聞くのもそこそこに商品の話ばかりになっていませんか?
安心して相談できると思ってもらえてますか?
好きなことや関心のあることを理解して大切に聞いてもらったら嬉しくないですか?
これも特別な人にしかできないことではないですよね?
これも当たり前と思うようなこと。

 

ただいつも趣味の話で盛り上がっている販売員もいますがそれはご愛嬌。

 

③人から協力したいと思われる人は親近感がある

これは①も②も含まれると思います。
一生懸命取り組んでいる人を見ていると協力したいと思うでしょう。
どんな人にも分け隔てなく接する人には協力したいと思うでしょう。
そんな人は近寄りがたい人ではないですよね。
どちらかといえば親近感を抱くと思います。
話かけたくなるでしょうしいっしょに仕事をしたいと思うのではないでしょうか。
魅力的で警戒することなく尊敬できる。
ある種下心に近いかもしれませんね。

 

親近感を持つことができてどんなお客様にも分け隔てなく接することができる販売員だったら?
なにか不安や相談があったら頼られると思いませんか?
初めて入ったお店だとしてもなんとなく話きいてもらえそうだなと思ってもらえるでしょう。
相談してみて自分のことのように親身になってくれたら警戒心はなくなりますよね。
ただ時々ほとんど笑うことなく接客している人をたまに見ます。
まさかと思うかもしれませんが周りにいませんか?
間違ったことは言ってないんでしょうが魅力に欠けますよね。
あまり親近感を持たれないのではないでしょうか。
笑顔でいることも大事です。
これもやはり特別な人にしかできないことではないですよね?

 

大事なことを伝えたいときは真面目な表情も必要なのでご注意を。

 

特別な販売員だけしかなれないわけじゃない

最初にも書いた通りもっと他にもあると思います。
これができたら大丈夫というものではないです。
これができないとダメというものでもないです。
でも魅力的ではありますよね。
今回の3つは自然と振舞っている人いると思います。
なにも特別選ばれた販売員だけというものではないはずです。
それに自分に備わってないものだとしても意識してみることで変えていくことだってできる。

気持ちも環境も変えられるかもしれませんよ。

 

興味を持たれた方はぜひこのTopseller.styleでお付き合いください。
では、また来週。

販売員同士の「本音の場所」作りませんか?

日本初(多分)販売員専用(擬似)SNS(無料)

「トプセラ」ハンバイインッタ〜登録はこちらから

個人がいい販売員さんは「パーソナルコーチ」もやってますよ。↓

あなただけの「トプセラ」はじめました!
「トプセラ」パーソナルコーチ
あなたの悩みや問題を
「いつでも」「どこでも」相談できます。
会社の上司や先輩には言い辛い事も、ここでは大丈夫!
「トプセラ」パーソナルコーチの詳細はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
谷口玲
About 谷口玲 69 Articles
百貨店内メンズセレクトショップにて販売をスタート。 Stephan Schneiderなどのヨーロッパ系デザイナーズを取り扱う。 国内の展開が少ないブランドが多く顧客作りの接客の基礎となる。 その後Paul Smithにブランド異動。 関西4大丸の勤務経験から地域に合わせた顧客作りに活かす。 レイアウトやディスプレイなどを担当。 退社後、婦人服の販売。 幅広い対応力や気遣いなどを磨く。 現在、販売を続けながらconnector代表として「アイデア」と「もの」と「コト」と「ひと」をツナグをコンセプトに活動中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA