店長とは「スタッフから信頼され、信頼できるスタッフができた時」がスタート

こんにちは…いや初めまして…ですね。

カネダタクミです。

 

販売員始めたての頃って個人売りをいかに伸ばすか考えますよね?

 

僕も実際そうで、新卒で配属されたブランドでとにかく売る事に必死でした。おかげ様で三年間そのブランドでは全国1位の売上を取り続けたんです。←ちょっと自慢

 

そうなるともう何でもできる気になってくるんですよね。

「俺を店長にしたらもっと売上伸ばしてあげるのに!」

なんて天狗にもなっちゃったりして。。

 

で、実際結構な早さで店長になったんですが、そこで現実に引き戻される訳なんですよ。

 

「販売員」と「店長」では必要なスキルが違う!

 

という事に。。

 

これって大概の販売員が直面する事実ですね。具体的に何が必要なのかって、

 

「勝てる店舗・勝てるチーム」作らないとダメなんです。

 

当然「勝つ」=「売上伸長・拡大」なので、店長としては色んな視点から対応していかないといけません。

例えば、

  • 「動向見極め」
  • 「戦略立案」
  • 「打ち手の実行・修正」
  • 「商品・在庫要望」
  • 「スタッフ育成・モチベーション管理」

などなど…。

また常にこれらに対しスピード感を求められるのも店長の仕事ですよね。当然、競合館や競合店舗にも勝たないけないですし!

 

そしてこれを実現する為にはスタッフを信頼しなければなりませんし、自分も信頼される店長にならなければなりません。

ほんまに!

やる事・求められる事が多いっすよねぇ。。

 

このあたりが店舗マネジメントに求められる事になってきますので、今後は具体例を用いてご紹介していければと思います!

 

では実際にどの程度実績が上がったのかも紹介しますと。

売上金額だと解りにくいかと思いますので、対前年比で。

全着任店舗で各年110%〜130%代と売上を上げ続けてます!店長の方や数値意識の高い方は自身の店舗でイメージして頂ければ幸いですが、今まで売上を上げれなかった事が無いんですよ。←またまた自慢

 

そんなこんなで大阪(梅田)の大商圏で自分が各館店舗の店長としての売上を上げ続けられたのか?勝ち続ける為の成功例・体験話をお伝えできればと思います。また日常的に店舗・社内で起きたニュース・事情を投稿していきたいと考えてます。

 

今回はこの辺りで…。また次回もよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
金田 拓巳
About 金田 拓巳 46 Articles
2006年 国内大手SPA入社 販売員として紳士カジュアルブランド店舗勤務。 入社初月から店舗個人売上実績1位。1年目後半~ブランド内全国個人売上1位。以後3年間サブ店長まで継続。 店長就任後、担当した店舗で常に前年比110%〜130%の売上増加を実現。 店舗スタッフを次の個人売上1位・サブ店長・店長へと育成。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA