ヒト・モノ・ウツワのウツワのはなし

スポンサーリンク
3dman_eu / Pixabay

こんにちは、森野です。

7月の本セールまでのこの1ヶ月は、プロパーの店頭は顧客づくり、レイアウト、ディスプレイの試行錯誤を細かくやれる貴重な時期でもあります。

お客様に入店していただくには

接客に力を入れようにも、お客様がお店に入ってきてくれなければ元も子もありません。

そこで今日のお題は、接客につながる(お客様との接点が増やせる)店頭のレイアウトとディスプレイについてです。

なるべく共通項でありそうなことを3つピックアップしますので、初耳なことばかりではないと思いますが、店頭の見直しのお役立てばうれしいです。

1.「90度法」で入店UP

まず、店内の真上からの見取り図を想像してください。書いてみるのが一番分かりやすいですが。

次に、お客様がお店に入ってから店内を回遊して出るまでの動線を思い出しましょう。希望的観測を入れず、現実を思い出すことが肝心です。これも書いてみたほうが分かりやすいです。

では、ここでcheck!

お客様の動線と正対する位置(真正面向き)にボディがあったり、そこに販売員が正面を向いて立つクセがあったり、そこに立たざるを得なかったりしていませんか?

真正面に向かい合うと人は緊張しやすく、圧迫感から気構えてしまったり、一歩踏み込むことをためらうものです。
もし当てはまるようなら、ボディの場所を変える(少し横にずらす)とか、そこには立たないとか、身体の向きを変えるための什器レイアウトの工夫をオススメします。
そうしないと、どんなに笑顔で立っていても、正対していては圧力スマイルに見えてしまいます…。

90度法とは、カウンセリングやコーチングに用いられる方法です。人と90~120度くらいの角度の位置で接すると、リラックスしやすいと言われています。接客時にも有効です。

2.お客様の滞在時間を長くするレイアウト

1.で書いた図で、入店してから出るまで、お客様の動線は何回曲がりますか(線が折れるのは何回)?

もし「1回も折れない」場合、これ以上なく入りやすくて出やすいお店です。動線がひっかかるポイントを1ヶ所でもいいので作りましょう。

例えば、1点だけ掛けられるポール什器や、少量の商品が置ける小さなスツールを動線のど真ん中に置くなどします。

何かに引き寄せられて店内を進むジグザグの動き、什器の間をぬってグルグル進む動きがつくり出せると、歩く距離が長くなり、滞在時間が長いことになります。

それから居心地の良し悪しも滞在時間の長さを左右します。120センチ程度の道幅を確保できてないと、実はお客様は若干ストレスです。お互い避けないと人とすれ違えないし、ハンギングの商品は近すぎると取り出しにくく、よく見られませんので。
ぜひ一度、店内の道幅を測ってみてください。

動線が狭いと、目についた側だけ見ながら進み、そのまま出ていってしまう傾向にあります。ターンしてまで反対側を見てはもらえないので、もったいないですね。

解決策としては、什器を間引いて道を広くする、お客様が見やすそうな側に売れ筋を多く展開してキャッチポイントを増やし、ゆっくり回遊させる、などです。

狭くて見づらい店内のままより、ラック1本くらい減らしても、売上は変わらないか、上がる可能性もあります。

3.関連商品のディスプレイは横並び?縦並び?

棚が多いお店や、雑貨のお店に効果的な内容です。お客様の視線の動きについて考えてみましょう。

以前、人々の情報ツールは雑誌やPCでしたが、今やもっぱらスマホですよね。

雑誌は横にページをめくります。
PCは横長の画面です。
スマホはどうでしょうか。
縦長の画面を縦にスクロールして見ていきます。

つまり、人は視線を上下に動かすクセがつき始めています。距離が近ければ近いほど。

複数段ある棚什器を使う場合、棚を縦に区切るイメージで関連商品を上下に展開したほうが、伝わりやすいくなっています。面白いのでぜひお試しください。

さいごに

販売の現場から一度遠ざかったらVMのキャリアは化石になりやすいです。昔教わったことが全てになってる人、蘊蓄を語る割に全然ピンとこないってやつですね。

現役の売れるアパレル販売員が知恵をつけるのが一番手堅いので、当てはまる方は行動あるのみです。ご意見や成功例あればぜひ聞かせてください。

では、また来週~。

 

販売員同士の「本音の場所」作りませんか?

「パーソナルコーチ」もやってます。↓

あなただけの「トプセラ」はじめました!
「トプセラ」パーソナルコーチ
あなたの悩みや問題を
「いつでも」「どこでも」相談できます。
会社の上司や先輩には言い辛い事も、ここでは大丈夫!
「トプセラ」パーソナルコーチの詳細はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
About 森野 咲 100 Articles
森野 咲 (Saki Morino) 1979年神奈川県生まれ 販売員歴通算16年、店長経験5年。 (株)ワールドストアパートナーズ→スターバックスコーヒージャパン(株)→(株)トゥモローランド→(株)LVMHグループ →個人事業主として2016年に独立、鞄メーカーの販売にあたる。月刊誌「ファッション販売」執筆中。 30代半ばでもう若くないと一度販売を辞めたものの、すぐ復帰しました。限界だと思いたかったけど違いました。やっぱり店頭が好きです。 2018/7/1迄、TopSeller.styleブログ火曜日を担当。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA