ファッションにも定向進化説は当てはまる?

スポンサーリンク

いつもながらお気楽に始めてみたいと思います。

強い者が生き残るのではなく、変化に対応した者が生き残る。

ダーウィンの進化論の一節で、企業活動にも最近は当てはめられます。たしかに最大規模の売上高を誇ったダイエーは倒産に追い込まれてしまいました。一方、ダイエーよりもはるかに規模の小さいアパレル企業で現在も生き残っているところは珍しくありません。

売上高3000億円をかつて誇ったワールドは苦戦が続いていますが、現在、好調企業として注目されているアダストリアホールディングスやアーバンリサーチは、元はライトオンやマックハウスなどと同様のジーンズチェーン店です。
アダストリアは「ポイント」、アーバンリサーチは「ジグ三信」という屋号で、いわゆる街のジーンズチェーン店を運営していました。

両社ともジーンズチェーン店からSPAやセレクトショップへと変化して生き残ったのです。

ところで、高校で少し生物の授業をまじめに受けておられた方々はご存知だと思うのですが、進化論はダーウィンの学説だけではありませんでしたよね。
その他、さまざまな人がさまざまな進化論を唱えています。
ちなみに面白いことに、進化論にいまだに正解となる学説は生まれていないのです。ダーウィンも含めてどれも一長一短があるのです。

ラマルクの「用不用説」、アイマーの「定向進化説」などがあります。

先日、人気ファッションブロガーMB氏のブログにこんなエントリーがありました。

【スーパーオーバーサイズ・ビッグシルエット・ドロップショルダーTシャツ】大きければ良いワケじゃない。「インフレ」の危険性。

なかなか、面白い視点で書かれていて、その通りだと思います。

そう、トレンドファッションは必ず「インフレ」を起こして「ヤリ過ぎ」になるのです。

ここでは過剰なまでに大きくなりすぎたオーバーサイズや、ペンギンくらいに股下が短くなったサルエルパンツが紹介されていますが、これはディテールがインフレを起こしているのです。

そして、これは今に始まったことではなく、ファッショントレンドは必ずインフレを起こしてきました。

例えば、ローライズジーンズ。股上が浅ければ浅いほど良いとされ、末期には、ほとんど見えてしまうのではないかと思うくらいに股上の浅いジーンズが発売されました。

また例えば、ヘビーオンスジーンズ。いわゆる生地が分厚い(ヘビーオンス)ジーンズで、もともとは通常の14オンスよりも分厚い18オンスや21オンスなどが注目されていましたが、やがてインフレを起こして「ぶ厚ければぶ厚いほど良い」という風潮が生まれて、最後には28オンス生地を使ったジーンズまで生まれてしまいます。

2003年にエディ・スリマンが提唱したタイトシルエットも2016年まで流行しましたが、これも一部には「細ければ細いほどかっこいい」みたいな服が生まれました。

MB氏の指摘や過去のこういう実例を見ていると、アイマーの定向進化説を思い出します。

巨大になりすぎて行ったマンモスの牙、口からはみ出すほどに長大になったサーベルタイガーの犬歯などがアイマーの定向進化説が指し示す例です。

マンモスの牙もサーベルタイガーの犬歯も最初は通常くらいのサイズですが、進化とともにどんどんと巨大化していったというものです。ファッショントレンドの「インフレ」化と似ていませんか?

生物もそうですが、ファッショントレンドのディテールも時間の経過とともにどんどんと過剰になっていきます。定向進化説によると、マンモスもサーベルタイガーも牙が巨大になりすぎて却って不便になって死滅したとされていますが、ファッショントレンドのディテールも過剰になればなるほど消費者からの支持が離れますので、極端にインフレ化した場合は遠からずトレンドの座から陥落します。

このあたりも定向進化説と同じです。

となると、過剰に肥大化してしまったということは、そろそろビッグシルエットのトレンドも最期の時を迎えつつあるということでしょうか。

 

 

販売員同士の「本音の場所」作りませんか?

日本初(多分)販売員専用(擬似)SNS(無料)

「トプセラ」ハンバイインッタ〜登録はこちらから

個人がいい販売員さんは「パーソナルコーチ」もやってますよ。↓

あなただけの「トプセラ」はじめました!
「トプセラ」パーソナルコーチ
あなたの悩みや問題を
「いつでも」「どこでも」相談できます。
会社の上司や先輩には言い辛い事も、ここでは大丈夫!
「トプセラ」パーソナルコーチの詳細はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
南 充浩
About 南 充浩 68 Articles
1970年生まれ。大学卒業後、量販店系衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。2003年退職後、Tシャツアパレルメーカーの広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。現在、フリーランスの繊維業界ライター、広報アドバイザーなどを務める。 2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間15万PVを集めるまでに読者数が増えた。2010年12月から産地生地販売会「テキスタイル・マルシェ」主催事務局。 日経ビジネスオンライン、東洋経済別冊、週刊エコノミスト、WWD、Senken-h(繊研新聞アッシュ)、モノ批評雑誌月刊monoqlo、などに寄稿 【オフィシヤルブログ( http://minamimitsuhiro.info/ )】

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA