”ブランドらしい”に触れた18SS東京コレクション

スポンサーリンク

一年が早いことを受け止められずにいる中溝です。

あらゆる人がよく言う「年を重ねれば重ねるほど一年が早い」には何かそれを解消する方法があるはずだと模索をしています。なにかいい案があったらぜひ教えてください。解消する意味があるのかは解消してみないとわかりません。

 

今シーズンもいろいろなブランドさんでオーダーさせていただき、(気になるなら、着てみる!)「ああ、働かないと」という自覚を噛み締めておりますが今回のAmazon Fashion Weekは個人的に少し違って見えました。

それはわたしが若手や同世代のブランドさんと多く接するようになったからかもしれませんし、わたしの見方が変わったのかもしれない。それでも相対的に見て、やはり違うなと思ったことがありました。

 

ブランドらしさをクオリティで昇華する

 

正直東コレに関して言えば、表現にクオリティが追いつかないというケースをよく見かけていたことも事実で、”ファッションという表現ツール”の枠を出ないこともしばしばあったように思います。つまり”商品”のクオリティになっていないことも多くあった。

それは時にいい作用を及ぼすこともありますが、やはり服はある程度消費の枠を抑えなくてはならない。

DTP、web、そしてアパレルもデザインとして関わってきた身として思うのは

「整っている、クオリティが担保されているものは、ブランドらしさの透明性が高い」ということ。

これは消費者にたいしてです。やっぱり粗が目立つものはノイズが多い。

もちろん、”そうではない”ことをらしさとして打ち出すこともあるかもしれませんが、そういうケースは稀でしょう。

今回の東コレは素材や縫製仕様含めたクオリティが保たれているものが多く、それによってブランドらしさにしっかりと目がいく、明確に伝わるブランドが多かったように感じました。

いち関係者としても非常に勉強になることも多く、お会いすると長々と数時間話し込むことも多かったのですが、みなさん自分で産地まで足を運び素材を探したり、信頼するパタンナーさんに仕事をお願いしたり。しっかりと人と助け合いながら分業している方が多かった印象。

もちろん産地まで足を運ぶのは、営業がいる大きな会社からは小ロットで買えないからという業界独特の理由があるわけですが、”ブランドらしい”を確立するために自分でするべきこととそうではないことをちゃんと選んでいるように思いました。

デザイナーが立ち上げたブランドなら、デザイナーは人に響きながらもブランドらしいを体現する服を作ることが大切だと考えているので、今回はそれを以前にも増して感じたのでした。

耳で聞いて理解するというよりも、服に触れたときにブランドらしさが伝わるというファッションの醍醐味。

 

ブランドらしさはアパレルにも

 

“ブランドらしい”ということはアパレルにもいえること。

それはこのモデルとタイアップを組めば・・・とか

この雑誌に掲載すれば・・・というもう一つ前の段階。

お客様は結構ちゃんと見ています。

ECの画面を開いて写真を数点スクロールすれば、リアルな物撮りが見れることも知っています。

似たようなデザインのアイテムが他にもあって、それがどこが安いのかも見ています。

そういう競争になるともう価格の優先順位がぐっと上がってしまう。

専門的な言い方をすればブランディングになると思いますが、今回はよくいう芸能人やインフルエンサーをタイアップするという話ではないです。

そこに食いついた結果、取り残されていく商品自体のデザインやブランディング、企画。

そういうことを今一度見つめ直したいなあ、と心から思った今回の東コレでした。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
中溝 雪未
About 中溝 雪未 45 Articles
1990年生まれ。コレクションブランドの企画室でインターンからデザイナーアシスタントとして勤務。その後アパレルブランドで布帛・ニットをはじめとするデザイナーの経験を積み独立。現在フリーランスとして企画・デザイン・パターンを担当。 プロダクトアウトなものづくりからマーケットインまで、偏らないバランス感覚を武器に、コンセプトメイクからお客様に届くまでをディレクションするプランナーとして業界を問わず活動中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA