【note記事】TopSEllerが教える「会話の拍子」を支配すれば98%の対人関係で有利に立つ事ができる。

スポンサーリンク

こんにちは、ヨツモトです。

会話に「拍子」があるのをご存知ですか?

そうです。
昔、音楽の授業で習った「これは何拍子の曲です」ってやつの「拍子」です。
まぁ2拍子3拍子4拍子、、、このあたりの曲が教えてもらった曲で多かったですよね。

では、もう一度質問します。

あなたは会話で「拍子」を意識していますか?

過去に僕がこの質問した中で「Yes」と答えた人はいません。
むしろ会話と拍子がどう結びつくのか?すらイメージがつかず困惑する人が大半です。
今のあなたも、そうかも知れませんね。

実はこの誰も気がついていない

「会話の拍子」を意図的にコントロールする事によって販売の現場だけでなく、あらゆる「対人関係」の場面で自分が有利になる事ができ、相手を自分のペースに引き込む事ができるんですよね。

実は僕、ファッション業界で働くまでは「バンド活動」をしていましたし、
「大阪音楽大学短期大学部ジャズドラム科」出身なんですよ。笑
この「音楽活動の経験」を活かした、稀に見る「接客スキル」って訳です。

音楽×接客

この2つのスキルを掛け合わせて「会話の拍子」を意図的に使い相手をコントロールし支配する方法で僕は、

販売の現場だけでなく多くの対人関係で、相手に気がつかれないままで「いつでも相手を会話でコントロールできる有利な立場」にいられるんです。

「音楽活動の経験」と「販売の現場での接客スキル」を持つ僕だから教えられる会話の拍子をコントロールして相手を支配する方法とは、、、

 

続きは下記より

「会話の拍子」を支配すれば98%の対人関係で有利に立つ事ができる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 99 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 1978年8月生 兵庫県神戸市出身 TOP SELLER .STYLE 主宰。 幼少期から母方の叔母夫婦が神戸三宮で営む商売を手伝い始める。 場所は路上、商材は中古ファミカセを与えられ販売経験をスタートさせる。 ㈱ジョイックスコーポレーション入社後、約7年間「Paul Smith」トップセールス販売員として勤務。Paul Smith 全国販売員総合評価で断トツの1位として活躍。 ジョイックスコーポレーション退社後、2009年に大阪のミナミにて独立。 アパレル店舗運営事業部をスタートさせる。 TOP販売員時代の販売スキルを元に、店舗運営に加え独自のSTAFF人材教育や評価システムを構築し、ブランドメーカーだけでは無く、大手デペロッパーからのオファーを受ける自社STAFFを育て上げる。 現在も自ら現場に立ち、大手百貨店のPOP UP SHOPの売上レコードを 塗り替え現役でトップセラーとして活躍。 マーケティングの視点とコンサルタントの問題解決能力をあわせた接客スキルで現役トップセラーとして活躍。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA