言葉が物を化学反応させる!

スポンサーリンク

先日、講師をしている専門学校にてゲストスピーカーを呼び、特別講義を実施。お呼びしたのは某有名セレクトショップの元バイヤーさんと、海外帰りのスタイリストさん。そこでお話されていた事の一文ですが、

「今の時代、どの展示会に行っても物はどれもが素晴らしい。だから物で差別化ができない。しかし言葉が物を化学反応させている。」

と仰られていました。非常に腹落ちした内容ですのでご紹介させて頂きました。今って本当にどの店行っても同じような商品が並んでいるのは皆さんご存知だと思います。そしてコストパフォーマンスを求めるならファストファッションやユニクロに行けばいい。では、それ以外の服を買う理由って何なんでしょうか?

 

◯アパレル製品のコモディティ化

業界ニュースでもよく出てくる「コモディディ化」。トレンド情報や、どんなアイテムが売れているかがすぐわかる今の時代、どのブランドでも店頭に並ぶ商品が似通ってくるのは当たり前です。しかしそんな状況にも関わらず、店によって売り上げが変わってきます。ではユーザーは何を基準にお買い物をしているのか?と言うとその製品の「イメージ」でしょう。そしてそのイメージの源泉こそが「コンセプト」であり、コンセプトがユーザーにとって価値のある体験を提供していなければなりません。

 

◯ユーザーに提供する「体験価値」は何なのか?

見出しにも掲げましたが、これを言葉化する事で物の付加価値が変わります。そのブランドを身につける事で私たちにどのような価値を与えてくれるのか?これが服を買う理由につながるのです。機能性や品質など「スペック」で判断してしまうと上記の通りファストファッション以外は市場に必要ありません。

「その服を着るとモテる。(ような気がする)」

「その服を着るとラグジュアリーな気分になる。」

「その服を着ると幸せな気分になる。」

そういった気分の醸成がその服の付加価値になります。これこそが「言葉が物を化学反応させる。」という事でしょう。その情報を知らなければ他の服と何ら価値が変わらない。でも言葉化する事で服の価値が化学反応を起こすのです。

これはもちろんヴィジュアルに価値が無いという訳ではありません。服だけで差別化できない今、ユーザーに提供する体験価値が何かを確立(言葉化)する必要があり、その価値を服だけでなく背景を含めてヴィジュアル化する事で初めてユーザーに伝わりやすくなります。自分たちが売る服の本当の価値が何なのか、改めて見直す時期にさしかかっている。そんな印象を受ける講義内容でした。最先端で活躍する人の言葉ってやっぱり重みがありますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
深地雅也
About 深地雅也 123 Articles
株式会社StylePicks CEO。ECサイト構築・運用・コンサルティング、リテールのソリューション事業を中心に活動。並行してファッション専門学校の講師も務める。 繊研新聞にてEC関連記事連載中。→ https://senken.co.jp/posts/fukaji01

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA