アパレル販売員が自分を「可視化できるスキル」を身につけて変わるところ、変わらないところ。

スポンサーリンク

はじめまして、イシカワです。

Topseller.Styleでもちょくちょく出るワードで

「アパレルの販売員が自分を可視化することが大切」ということがあります。

この可視化ですが、僕も去年の9月からブログを始めて、ちょうど半年が過ぎました。

 

「実際、やってみてどうなの?」

「本当は何も変わらないんじゃないの??」

「やってみて変わったことって!?」

と思われている販売員の方もいるかと思います。

 

今回はブログを始めた販売員が、自分を可視化できるスキルを身につけて変わるところ、
変わらないところについてお伝えできればと思います。

ちなみに簡単な自己紹介ですが、僕は百貨店に入っているメンズショップで店長やっている販売歴10年程の販売員です。

 

スキルを身につけたとまでは言いませんが、

やる前とやり始めてからで変わったことは、

「自分を活かすこと」が以前に比べてできるようになったことです。

 

自分の考えをアウトプットするということは、その前にはインプットが必要になってきます。

新人の販売員でなければ、経験もその一つです。

自分の販売員としての経験をブログという形で可視化することで、理解度を高めることができるということです。

 

もちろんそれだけだと限界もあるんで、

今まで以上に自分にとってプラスになる持ってない情報を吸収しようとします。

そこで新しい気付きや発想が生まれたりします。

 

これって、過去の自分から変化を起こすことができるということになりますよね。

この変化を繰り返すことで、理解度がさらに高まり、無意識に行動することができるようになったとき、

それは自分で販売員としてのスキルが向上しているということになると思います。

 

昔、学校に通っていたとき、数学の授業の時とかは最初に理論や方程式を教わりませんでしたか?

教わった後には、必ず練習問題やテストをしたと思います。

それを繰り返ししていくと、いつしか無意識にその問題が解けるようになった経験ありませんでしたか?

 

 

”理論や方程式”=”経験、新しい情報”

”練習問題、テスト”=”ブログ”

常に自分の持っているものを活かして、行動してますよね。

 

 

最初は、そこまで大きな変化はありませんでしたが、

その都度、起きる問題に対して対処できることが増えていき、

具体的な結果として、この下期お店の売上を大きく伸ばすことができました。

 

数字として結果が出だしてからは、

お客さん、会社の同僚、フロアで一緒に働いている販売員の中といった

周りからの反応も変わったと感じるケースも多々ありました。

 

ちなみに見た目はあんまり変わってないと思うので、

 

 

客観的に見ると、単純に見た目は一緒、でも行動や結果の内容は変わった。

という印象は持たれていると思います。

 

 

僕にとって、自分のスキルを可視化することをツールにしたものがブログで、

それを使って、今ある自分の経験を活かし、さらに新しい情報を使って変化を起こすことができました。

今は文字に起こして可視化することが一番手っ取り早い手段であり、それがブログなんだろうなとも考えています。

イシカワのブログ↓
アパレル販売員の道しるべ

 

 

 

 

たった半年ですが自分が見るショップの売上は前年予算を大幅に達成しだし、
ある人はライティング自体の仕事のオファーが舞い込んだり。
多くの販売員の1人であった販売員がweb上で「ファン」を獲得したり。

そんな、自分を可視化する

【半年間であなたの経験やスキルを「形」にするブログコンサル第2期】を募集します。

あなたは、そのままでいいの?
たった半年で、未来を変える入り口を作れるよ。

 

【半年間であなたの経験やスキルを「形」にするブログコンサル 第二期募集】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

1 Comment

  1. ハンドバッグを取り扱うブランドで販売員をしている者です。
    色々読ませて頂きましたが、自らのやり方を再確認出来る内容や、新たな発見に出会えるお話の数々でした。今夜このページを発見出来たことが、とても嬉しいです。これから是非、参考にさせて頂きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA