棚ぼたで「売上」が落ちてくるPOP UP SHOPの悲劇。

スポンサーリンク

こんにちは、ヨツモトです。

「POP UP SHOP」

トプセラ読者のあなたも最近よく聞いたり、目にしたりしませんか?

 

  1. ポップアップストアとは、数日〜数週間のみ出店する期間限定の店舗のこと。

  2. 「ポップアップストア」には「突然現れるお店」といったニュアンスがある。

  3. ポップアップストアとポップアップショップ、ポップアップリテールに意味の違いはない。

  4. 催事場・駅や商業施設の空きスペース・レンタルスペース・空きテナントによく出店されている。

  5. 販売チャネルの増加やプロモーションを目的に出店される。

参考/ ポップアップストアとは。ポップアップストアのすべて

ググって最初に出て来たやつ載せておきますね。

認識としては「期間限定ショップ」ってところが一般的なところでしょうかね。

ファッションビルや百貨店のフロアで比較的「良い場所」でやってる場合が多く、
目によくつくので「あれ、この前見た店なくなって変わってるな」なんて思われると思います。

 

デペロッパーとしてはレギュラー店舗にする前に「どのぐらいの反応があるか?」を
試せるのと、新しい商材としてお客さんに鮮度が高いものを提供できるメリット。

ショップを展開するブランドなどは「お披露目販売できる場所」「まだレギュラーで入るには
規模的には大変だけど期間限定ならやりやすい」などがメリットでしょうか。

ま、両者とも「まずはチャレンジですね」的な側面が強いです。

 

「POP UP やりゃ売れる」なんて事ねーよ。

この記事を書いたきっかけは先日トプセラの筆者でもある南さん記事読んで。

南さんは最近の事例を交えてポップアップの良い点悪い点を指摘してくれているので、
これについて改めて書くつもりはない。

最近、兎にも角にも「とりあえずPOP UPやりゃ売れるんでしょ」的な事をよく耳にするんで、
この南さんの記事に乗っかって言いたかった事を言ったんだよ。

 

フロアの中でいい場所もらって、装飾もそれなにりにして
世界観だせば売れるやん!!なんて思ってるからビックリする。

そんな甘くねーよ。

ツイッターでも伝えたけど売り手はちゃんと「私たちの物なんて誰も知らない」って
ちゃんとそこからスタートしなけりゃ無理なんですよ。

「いい場所で世界観出せば売れる」なんて傲慢でしょ。

これは場所貸す側も借りる側もです。

 

POP UP はあくまでPOP UP でしかない。

僕の主戦場である百貨店も今はPOP UPやると「売上」を期待してくる。
普段ない商材で、ある意味「棚ぼた」的な売上が手に入るんですから、
そりゃ美味しい。

でも、あくまで棚ぼたは棚ぼた。

いつも落っこちてくるわけじゃない。
でも「まぐれ」でも売れてしまうと売り場としては「実績」が残ってしまうわけです。
なので、例えば翌年の同じ時期に違うブランドがPOP UPをしても

去年やったブランドのPOP UPの実績を求められるわけですわ。

それっておかしくない?

そもそも本来のポップアップの目的ははじめに書いた通りであるわけです。
そりゃ売れるに越したことはないけど、誰もが目先の売上だけ求めてどうするのって話です。

「売上」だけ追っちゃうと、売り手の都合だけでお客さん置き去りにしてしまう危険性がでてきます。

POP UPやるならまず「知ってもらう事」の準備ちゃんとしましょうね。
それが結果的にセールスに繋がりますよ。

 

 

【TopSellerの執筆者が書く「表では話せない話」はこちら→トプセラ×note

 

あなたの「未来の形」を話してみる?↓

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 113 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 1978年8月生 兵庫県神戸市出身 TOP SELLER .STYLE 主宰。 幼少期から母方の叔母夫婦が神戸三宮で営む商売を手伝い始める。 場所は路上、商材は中古ファミカセを与えられ販売経験をスタートさせる。 ㈱ジョイックスコーポレーション入社後、約7年間「Paul Smith」トップセールス販売員として勤務。Paul Smith 全国販売員総合評価で断トツの1位として活躍。 ジョイックスコーポレーション退社後、2009年に大阪のミナミにて独立。 アパレル店舗運営事業部をスタートさせる。 TOP販売員時代の販売スキルを元に、店舗運営に加え独自のSTAFF人材教育や評価システムを構築し、ブランドメーカーだけでは無く、大手デペロッパーからのオファーを受ける自社STAFFを育て上げる。 現在も自ら現場に立ち、大手百貨店のPOP UP SHOPの売上レコードを 塗り替え現役でトップセラーとして活躍。 マーケティングの視点とコンサルタントの問題解決能力をあわせた接客スキルで現役トップセラーとして活躍。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA