10年後20年後も販売の仕事で食べていけるか不安だけどそんなのどの仕事でも一緒だよねと自分の現実を直視しないあなたへ

こんにちは、モリノです。

今日のブログは接客のハウツーではありません。タイトルを読んでなおかつページを開いたあなたは、将来が不安だけどご自身の現実を直視しない販売員ですね?

 

このご時世、将来の安心ができる仕事なんてない

あったとして販売に興味を持つタイプの人たちからかなり遠いところにあるんじゃないでしょうか。
だから、今さら安心できる仕事に就こうなんて難易度高過ぎ。もしかしたら幼少期の人格形成からやり直しが必要かも。優劣つけてるわけじゃなくて。

 

「仕事のことなら、いつも考えるよ。販売は、いつまでやれるかわかんないけど、まぁまぁ楽しいし、他にやりたい仕事もないし、やれる時まではやりたいかな。」

それ本気で言ってます?

いつまでなのか、やりたいことも、なりたい姿もないのに、何を「考えた」のでしょう…?

残念だけど、何ひとつ考えたことになってません。今の気持ちをストレートに述べただけです。

 

困りましたね。
とりあえず決めませんか?販売員を続けるのか否か。

せっかくやってきたし、ちょっと出来ることもあるだろうから、嫌じゃなければ続けるといいと私は思いますけど。
続けない人は、ここでさようならです、ごきげんよう。

さて、続ける人は、いつまでにしますか?

この仕事ってけっこう体力勝負。定年まで店頭でフルタイムっていうのもけっこうきついですよね?

でももしそうなりたい方は、今からでも身体づくりを頑張りましょう。基礎体力を保って、スタイルも良くないとカッコ悪いですからね。今日から毎日、筋トレとストレッチを研究して美しい身体づくりをとにかく頑張ってください。きっと若手が憧れる存在になれますし、夢を与えられます。

定年までは考えてなくて50代40代30代で切り上げるつもりの方は「そのあと何する?」と「それまでにどうなる?」を考えませんか?

ここからは「それまでにどうなる?」を掘り下げます。

 

例えば販売員として名を知られる存在になる

どこで?今のブランド?今の会社?接客や売上高のことで繊研とかWWDとかに載ればOK?お店に引き抜きの電話がしょっちゅうかかって来るくらいになる?所属ブランドが新店出すときに館の担当者から「◯◯さんがいるなら」って名指しで言われるくらいになる?

どこで有名になりたいか決まったら、まずそこに近づいて、名前を知らせて、人脈をつくって。もちろん、売上も。売上で裏付ける近道は、顧客様を増やすのがいいから、顧客づくりにフォーカスしましょう。水曜日のタニグチさんのブログ読んでください。そして徹底的に実践。一年頑張って何も変化なかったら、苦情はタニグチさんまで。

あとなにかと業界絡みのお話好きな人も多いですから、金曜日の南さんのブログで広く知識を得るのもおすすめ。

店長になりたい人は、木曜日の金田さんのブログ読んでください。店長になる前に読んでおくのが一番ためになります。店長になってからも反芻して、また、転職したって後輩や部下ができた瞬間に使えますよ。

ちょっとブログの宣伝みたくなってきたので戻しますね。

 

誰よりも「お客様に選ばれる販売員」でありたい

私はこう思っています。

これがかなっていると、まずはお客様が来てくれます。

買ってもらえます。

自分の売上が上がります。売場やお店の売上が上がります。もちろん会社の売上も。

館、本社双方の担当者が喜びます。

ブランドの評価が上がります。ブランド関係者の評価が上がります。次の仕事の話がきます。

関係者がバカじゃなければ、売上を上げた張本人は重宝されます。だからまた、自分が立てる売場をつくる(つくってもらう)ことができます。

これが出来ると、みんな幸せ。

良いことで目立つと、必ず「私にはあそこまでできないなぁ~」って皮肉を言う人が登場するんですけど、昔話に出てくる意地悪なおばあさんやおじいさんと一緒だから気にすんな。と思います。

その人たちに気に入られようとする方が、何かズルい。

それに、今一時その人たちとうまくいったって、将来の不安は無くならないし、その人お金くれませんよね?

誰かを蹴落としたり、ズルい手を使うのでもありません。

自己啓発本を読んでわかった気になることもありません。

販売員として徹底的に頑張れば、お店がひとつふたつ増えるかもしれない。そしたら、店をつくるために何十人もが仕事を得られて、何百何千のお客様が買い物を楽しんでくれて、世の中がちょっと楽しくなっていく。

だから私は、販売員を続けます。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
森野 咲
About 森野 咲 52 Articles
1979年横浜市生まれ 販売員歴15年 現在、フリーランスの販売員。 TopSellerブログ火曜日担当。 たまに業界誌に寄稿。 幼少期はお花屋さんかケーキ屋さんになりたかった。 職歴は、国内大手SPA婦人服・雑貨店舗にアルバイト→契約社員→正社員と進み、店長3年、統括店長2年。統括店長時代に、垣根を越えた生産性の最大化の方法を提案し社長表彰を受ける。 シアトル系カフェチェーンにてアシスタントマネージャー2年。外資系の育成法とサービスを学ぶ。 震災を機に、もう一度洋服屋の販売員を志し転職、某セレクトに入社、5年ほど勤務。アウトレット店にてメンズを担当、インポートからオリジナルまで、モノをカネに変えビジネスを回すことの難しさを知る。コレクションブランドのトランクショーのヘルプ、プロパー店のイベントヘルプ、物流センターの業務なども関わり、新店OPEN時にはスタッフ育成に出向く。 35歳で一度販売員を辞めたが、ふとしたことで派遣社員として某ラグジュアリーに配属。3か月後にはショップ内売上No.1、派遣でありながらも受注会の顧客アテンドを経験。 この頃、twitter上でTopSeller主宰の四元氏と出会う。東京駅地下で四元氏とおうどんを食べながら、独立する決意をした。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA