売れる販売員の頭の中は「いつも8:2」

スポンサーリンク

こんにちは、ヨツモトです。

来週からGW。
春夏の商戦で言えば、やはりここが一番の「売り時」です。
気合い入ってると思います。

そのGWを迎える一週間前だからこそもう一度思い出して欲しい事。

「売上を取れる販売員」がなぜ売上を取れるのか?

 

準備8割本番2割。

売れる販売員を見ていると、とても簡単にお客さんに物を買ってもらっているように見えます。
そんな難しい話をしてるわけでもなく、ガツガツしてるわけでもなく。
声かけだって、そんなに早くないし。。。

なぜ?

その答えは

本番で結果出すための準備をしっかりしているから。

当たり前で地味ですが、まずこれができていないと売れるもんだって売れない。
いくらコミュニケーション能力が高かろうと無理です。

じゃあ、その「準備」ってなんやねんって話ですが

「誰に何を買ってもらうか?」

これをしっかり準備してるからですね。

 

セールスもマーケティングもリアルもネットも同じだ。

売れないやつの特徴は「誰に」売るのかが、はっきりしていない。
自分のお客さんを知ろうとしない。

逆に売れるやつは、この「誰に?」を設定するために、多くの情報を普段の接客から
データ収拾している。
だって僕たちサービス業は「お客さんの事」を知る事が基本中の基本です。

でも、この「お客さんを知る」ってのが結構後回しにされているんですよ。
じゃあ、何を先にするか?ていうと
「商品を知る」事を先にしてしまうんです。

確かに商品情報をしっかり頭に叩き込んでおくのは必須ですが順番が違う。

 

「誰」に「何」を「なぜあなたから」買ってもらわないといけないのか?

売れる販売員はこれがスラスラ言えます。
この準備ができているから、店頭ではそのお客さんに伝えればいいだけになってます。

「誰」に「何」を「なぜあなたから」買ってもらわないといけないのか?

これを言えるようにしてください。
そうすれば、あなたは「売れる販売員」にきっとなれますから。

 

GWちょうど一週間前。

もっかい、この基本見直して見てください。

「誰」に「何」を「なぜあなたから」買ってもらわないといけないのか?

 

 

【TopSellerの執筆者が書く「表では話せない話」はこちら→トプセラ×note

 

あなたの「未来の形」を話してみる?↓

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 119 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 1978年8月生 兵庫県神戸市出身 TOP SELLER .STYLE 主宰。 幼少期から母方の叔母夫婦が神戸三宮で営む商売を手伝い始める。 場所は路上、商材は中古ファミカセを与えられ販売経験をスタートさせる。 ㈱ジョイックスコーポレーション入社後、約7年間「Paul Smith」トップセールス販売員として勤務。Paul Smith 全国販売員総合評価で断トツの1位として活躍。 ジョイックスコーポレーション退社後、2009年に大阪のミナミにて独立。 アパレル店舗運営事業部をスタートさせる。 TOP販売員時代の販売スキルを元に、店舗運営に加え独自のSTAFF人材教育や評価システムを構築し、ブランドメーカーだけでは無く、大手デペロッパーからのオファーを受ける自社STAFFを育て上げる。 現在も自ら現場に立ち、大手百貨店のPOP UP SHOPの売上レコードを 塗り替え現役でトップセラーとして活躍。 マーケティングの視点とコンサルタントの問題解決能力をあわせた接客スキルで現役トップセラーとして活躍。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA