「私が好きな物なんで買ってくだい」なんて売り手のエゴでしかない。

スポンサーリンク

こんにちは、ヨツモトです。

個人的な事なんですが、3年周期ほどでけっこう仕事の環境が変化する事が多く
今年はその始まりの年なんですよね。

過去を振り返ってみると3年周期の1年目は新しいことに挑戦することが多く。
今年もそんな年になってきています。

先週末には今まで仕事してきたアパレル業界とは全く違う業界のお仕事も始まりましたし。
同じ物販でも、やはり「売る物」が違えば「お客さん」も違う。
自分の中で変化を感じるのは刺激的です。

 

物販のセールスを仕事とする僕たちは何を売ればいいのだろうか?

先週末にBMW japanさんからのご依頼で BMW Motorradディラーさんへの
セールスのセミナーをしてきました。

正直、僕は「乗り物」にはうとく大きなこだわりもありません。
僕の他のクライアントさんの中でレザーグッズを取り扱うブランドもありますが、
僕自身はさして「革好き」でもない。

この話をすると結構驚かれる事が多いんですよね。

「あんなに商品にも詳しく、業界の情報も持ってるのに!?」なんて。
中には「自分が好きでもない物をお客さんに売るなんてどうなんですか?」
なんて事も言われたりします。

ですが以前にも書いた通り僕は

「自分が好きなもの」と「お客さんに必要なもの」は別。

これが僕の考え方です。

僕たち物販のセールスをする際に判断しないといけない事は

この商品はお客さんにとって「価値」のあるものかどうか?

これが「YES」なのか「NO」なのか?だけなんです。

 

「物」はお客さんの新しい未来を作る為のツールでしかない。

BMWのセミナーで何喋ってきたんですか?って聞かれるんですが、
基本はアパレルであろうが、乗り物であろうが「物販」である事は同じです。

自分がいくら好きな物であっても、お客さんに価値が無い物だったら売らない。
自分がいくら嫌いな物であっても、お客さんに価値がある物だったら売る。

伝えるベースは同じです。
では、お客さんに「価値がある物」ってなんなんだ?

それは「お客さんの新しい未来を作れる物かどうか?」なんです。

どの業界でも「物」は溢れかえり、どの業界のお客さんも「物」は足りています。
無い物を足してもらう為のセールスの時代はもうとっくに終わってる。

無い物を埋める為に物を買ってもらうのではなく、無かった物や事を新しく作る為に物を買ってもらう。

無かった物や事=お客さんの新しい未来

 

どの業界であっても「物」を売る時代は終わり、「物」を売るセールスは必要されない。
ですが、物をツールとしてお客さんの未来を作る仕事をしていれば、どの業界からも必要とされる。

今回、この事が1つ証明できたましたね。

 

あなたは何を売りますか?

 

 

【TopSellerの執筆者が書く「表では話せない話」はこちら→トプセラ×note

 

あなたの「未来の形」を話してみる?↓

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 119 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 1978年8月生 兵庫県神戸市出身 TOP SELLER .STYLE 主宰。 幼少期から母方の叔母夫婦が神戸三宮で営む商売を手伝い始める。 場所は路上、商材は中古ファミカセを与えられ販売経験をスタートさせる。 ㈱ジョイックスコーポレーション入社後、約7年間「Paul Smith」トップセールス販売員として勤務。Paul Smith 全国販売員総合評価で断トツの1位として活躍。 ジョイックスコーポレーション退社後、2009年に大阪のミナミにて独立。 アパレル店舗運営事業部をスタートさせる。 TOP販売員時代の販売スキルを元に、店舗運営に加え独自のSTAFF人材教育や評価システムを構築し、ブランドメーカーだけでは無く、大手デペロッパーからのオファーを受ける自社STAFFを育て上げる。 現在も自ら現場に立ち、大手百貨店のPOP UP SHOPの売上レコードを 塗り替え現役でトップセラーとして活躍。 マーケティングの視点とコンサルタントの問題解決能力をあわせた接客スキルで現役トップセラーとして活躍。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA