ユニクロを愛し、あなたを愛さない。

ヨツモトです。

 

ユニクロ行きますか?

ユニクロ買いますか?

ユニクロ好きですか?

 

僕の答えは

 

ユニクロには行く。

ユニクロも買う。

でも、ユニクロは好きでも嫌いでもない。

 

こんな感じです。

 

 

今や、日本のアパレルを語るには避けて通れない「ユニクロ」ブランド。

ただ単にアパレル業界の側面から避けて通れないだけではなく

アパレルビジネスを語る上でユニクロの業績やビジネススタイルは

ただ単に語りたがりのファッションのファの字も感じさせない、ダサい

おっさん達の好物でもあります。

 

このダサいおっさんたちでも気兼ねなくいける「ファッションストア」
であるから。

言いたい放題できるんですね。

 

たまにはコレクションブランドの現状やビジネススタイルの欠陥でも

突っ込んでみろよって言いたくなりますが、理解不能なんで無理
でしょうね。

 

ユニクロに寄生する「エセファッションビジネス」

 

経済評論家はまだいい。

このヒト達は経済を「評論」するヒト達だから。

(だからと言って経済を動かせるビジネスが出来る訳ではないけどね。)

 

なんかアパレル経済のコトでも語りてーなーって時に、世間が分かりやすく、自分でも理解できるのがユニクロしかなくて、分かりやすいから使ってるだけ。

「経済」って業界で自分の飯代稼ぐために使ってるだけだから。

 

ひどいのは「ユニクロ」を使ってエセファッションビジネスを展開してる

輩たちでしょうかね。

 

あなたも何処かで目にしたことがないですか?

「ユニクロでオシャレになれる。」って、テーマでファッション指南してる
ような輩たち。

 

簡単で、手軽で、誰でもできる!しかも安い。

って、うたい文句で。

 

あれ?

このうたい文句、どこかで見たコトありませんか?

ありますよね。

情弱に詐欺まがいの商材売りつける時に使う「黄金の口説き言葉」です。

 

 

簡単手軽に「張りぼて」のオシャレ。

 

あなたが少しでもファッションに興味を持っていれば、「ユニクロ」だけで

「お洒落」になる事が不可能なコトは気がついていますよね。

 

元々、ファッションに対しての経験値が高い人間や情報が豊富な人間が

ユニクロに行けば「オシャレ」をするコトは可能です。

 

でも、その逆のヒトがいけば「オシャレ」を一時的には出来るかもしれないし、ユニクロってファッションの中だけで「オシャレ」をできるかもしれない。

 

でも、そもそも自分がファッション的に劣っていると思っているヒト達を
とっ捕まえて「ユニクロで直ぐにお洒落になれる」って商材売ってるやつらには「正気か?」としか僕には思えません。

 

「ダサく」は無いけど「ファッション性は高くない」ベーシックアイテムの中だけで経験値積ませようってかなり無茶なコトだからね。

 

でも、そんな無茶な商材を売ってるやつ等が「思いのほか支持」を
お客さんから受けている現実もあります。

 

 

必要とされない販売員

 

ついでに言うと、ユニクロ指南情弱ハンターさんはたまに「販売員」も

世の中に必要ないって言ってます。

 

むしろ、販売員は本当のお洒落は教えてくれないと言っています。

売上の為に、むやみに高い服を売りつけているだけだと。

己や会社の為に販売してると。

 

言いたい放題です。

 

でも、これもそれも考えてみればこのお洒落詐欺商材に

お客さんがそう思ってしまう、共感してしまうようにしてしまった

ファッション業界や店舗の現場にも原因がある。

 

 

モノ売ってるだけじゃユニクロ寄生ビジネスに負けるよ

 

アパレルの業界は参入障壁が異常に低く、既に業界は

レッドオーシャンを超えて死海に近い環境になっています。

 

特に必要としないモノを必要と謳いあげ、

より財布を簡単に開かせるために必要以上に効率化を図り

低価格化を推し進め自分たちの首を絞めながら、数を売るコト

でしか企業利益を確保できない業界。

 

誰も息をするコトすら困難な環境を作りだした業界。

 

そのしわ寄せは最後にはお客さんへ向けられ、

その手前にいる現場に向けられる。

 

そんな役割を担った今の販売員達。

 

確かに、本当に心からお客さんをお洒落にしたいと思っている
アパレル販売員は全体の半分もいないかも知れない。

 

本当に心からお客さんの問題を解決するコトを第一に考えている
販売員は全体の半分しかいないかもしれない。

 

こんな状況が続けば、恐らく近いうちに多くの販売員は
本当に必要とされないでしょう。

 

その前に、こんな業界で販売員をしてるコトすら馬鹿らしくなって
辞めていくヒト達もより増加するでしょう。

 

そんな中で、あなたはどうしますか?

 

今のままでやっていきますか?

 

ユニクロに寄生してエセファッションビジネスしてるようなやつ等に
必要無いって言われる現状でやっていきますか?

 

 

今の環境を作りだしたのも、あなたが一員であるアパレル業界。

でもあなたがそのアパレル業界の一員であるなら、新しい環境を
つくるコトだって不可能ではない。

 

それに気が付いた、今これを読むあなたが変わっていければ。

それに気が付いた、今これを読むあなたが行動していけば。

それに気が付いている、僕たちが勇気を持って動き出せば。

 

今までは、モノがあってヒトがいた。
それを逆にするつもりでやっていけるんじゃないですか?

 

ヒトがいるからこそ、モノを作っていける。

そんな環境をお客さんの為に作ってやるつもりでいけるか?

 

 

恐らくあと10年もしないうちに多くの販売員は

世の中から必要とされなくなる。

 

淘汰されればいい。

 

ただ願うのは、今これを読むあなたが淘汰された後に

必要とされる販売員となっていて欲しい。

 

お客さんから必要とされる販売員に。

作り手から必要とさせる販売員に。

 

だから、これからもあなたに発信し続けよう。

お客さんにとっての「TopSeller」になってもらう為に。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 57 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 1978年8月生 兵庫県神戸市出身 TOP SELLER .STYLE 主宰。 幼少期から母方の叔母夫婦が神戸三宮で営む商売を手伝い始める。 場所は路上、商材は中古ファミカセを与えられ販売経験をスタートさせる。 ㈱ジョイックスコーポレーション入社後、約7年間「Paul Smith」トップセールス販売員として勤務。Paul Smith 全国販売員総合評価で断トツの1位として活躍。 ジョイックスコーポレーション退社後、2009年に大阪のミナミにて独立。 アパレル店舗運営事業部をスタートさせる。 TOP販売員時代の販売スキルを元に、店舗運営に加え独自のSTAFF人材教育や評価システムを構築し、ブランドメーカーだけでは無く、大手デペロッパーからのオファーを受ける自社STAFFを育て上げる。 現在も自ら現場に立ち、大手百貨店のPOP UP SHOPの売上レコードを 塗り替え現役でトップセラーとして活躍。 マーケティングの視点とコンサルタントの問題解決能力をあわせた接客スキルで現役トップセラーとして活躍。

1 Comment

  1. 四元さま
    ブログ内容にいたく共感致しましたのでコメントさせていただきました。
    特にレディース市場において「安い」「お手軽」「簡単」と、レトルト商品のような謳い文句の「プチプラコーデ:が流行っていますよね。
    需要があるからこそ本も売れるのでしょうが、主婦をしながら片手間でファッションを語る姿勢に疑問を感じます。(10年以上業界にいる身としては噴飯物ですが。)
    これからもキレのあるブログを期待しています!

    追伸:プロフィールを拝見すると神戸出身とのこと。同じ神戸っ子として勝手ながら親しみを感じました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA