「どんな販売員になりたいですか」あなたの答えは?

スポンサーリンク
Pezibear / Pixabay

採用面接や面談で、「どんな販売員になりたいですか?」とという質問はよくあります。私も聞かれましたし、聞いてきました。あなたはどうですか?

私は採用する側にいるとき、この問いかけの答え方次第で合否を決めたことはないのですが、いろいろな回答が返ってくるため、尋ねる側として大変興味深い質問です。

実際の回答例を挙げると

  • 「話しやすい販売員さん」
  • 「オシャレでかっこいい販売員さん」
  • 「知識が豊富な販売員さん」
  • 「自分に似合うものを提案してくれる販売員さん」
  • 「親身になってくれる販売員さん」

質問している相手が若かったり、販売員のキャリアがなかったりするので、ビジネス観を含むようなまとまった回答に出会うことはほとんどありませんが、ご自身のお客様としての経験や周囲からの見聞をもとに、実にピンポイントな回答が返ってきます。

「あなたは、どんな販売員ですか?」

しばらくして、成果評価などに合わせた面談の際「◯◯さんは、どんな販売員さんですか?」とズバリ本人に聞いてみます。

黙ってしまって答えがなかなか出てこない場合は、そのスタッフが悩みや行き詰まりを感じていることが多いです。この場合は、その“引っかかっていること”について、ほぐしていく時間をとります。

またこれと別に、スタッフが明るくスラスラと答えるわりに

  • 「品出しが早いです」
  • 「アプローチが早いです」
  • 「掃除を丁寧にします」

等々、それ最近先輩に褒められたことそのまんまじゃないのー?という回答が出てくることがあります。そのときは、「それはなんでやるんですか?」と質問を続けます。

  • 「以前、遅いと言われたので早くできるようになりたくて」
  • 「得意なので」

このように自分が主役の答えが返ってきたら、目的を再確認して仕切り直しが必要です。店頭の主役は販売員ではありません。

なりたかった販売員の理想像を忘れないで

求人に応募したときや、販売員になりたての頃、あなたが「こんな販売員になりたい!」と思っていた理想は今どうなっていますか?お客様目線で、「こんな販売員さんだったらいいな」と思っていた理想に近づいていますか?

冒頭に挙げた例でいえば

  • ヒトはどうしたら話しやすいと感じるのか?
  • オシャレとは、カッコよさとは
  • お客様が満足できる商品知識とは
  • タイプ別似合うもの研究
  • ヒトはどうしたら親身になってくれたと感じるのか?

これらの追求や工夫が進んでいますか?ショップに良い波を起こせていますか?

出来ていないとしたら、もうとっくに気にしていないとしたら、それなのに

リーダーシップだの、
マネジメントだの、
ディスプレイだのレイアウトだの、
しいては育成だのと
言っているのであれば、この言葉を贈ります。

「販売員じゃなく、立派な会社員になったね」

もし、今、ちょっとカチンときた人がいたら

一生今のブランドについていくならいいと思います。社内政治は大事だし、その会社の中でアピール上手になるほうが先決かも知れません。でも、アパレル販売員で一生同じブランドで勤めあげるのはなかなか難しいです。同じ社内でもブランドが変わればまた水が変わります。そこで認められるために頼りになるのはやはりまず販売力です。そして、なにか極めるほどに追求して取り組んできているかどうかです。人間そこまでいくと言えることが変わってくるし、大事にするものが変わってくるから、滲み出るものが違ってきます。

もし、日頃の色々なしがらみにまみれて、理想の販売員像を追うことを忘れているようでしたら、一度初心に立ち戻ってみてもよいのではないでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
About 森野 咲 100 Articles
森野 咲 (Saki Morino) 1979年神奈川県生まれ 販売員歴通算16年、店長経験5年。 (株)ワールドストアパートナーズ→スターバックスコーヒージャパン(株)→(株)トゥモローランド→(株)LVMHグループ →個人事業主として2016年に独立、鞄メーカーの販売にあたる。月刊誌「ファッション販売」執筆中。 30代半ばでもう若くないと一度販売を辞めたものの、すぐ復帰しました。限界だと思いたかったけど違いました。やっぱり店頭が好きです。 2018/7/1迄、TopSeller.styleブログ火曜日を担当。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA