ホールガーメントって何?

スポンサーリンク

ZOZOの発表によって、一躍話題になったホールガーメントですが、販売員のみなさんはホールガーメントが何かをご存知でしょうか?

当然「そんなもん知ってるで~」という人もおられるでしょう。
しかし、もし知らないという人がおられたら、今回は手短に説明するので基本的な知識として活用してください。

ZOZOの会見の著しくグレーゾーンな言い方によって、一部に「ホールガーメントでどんな服でも一体成型で作れる」みたいな事実誤認が多数生まれましたが、ホールガーメントで作れるのはニット類だけです。

織物を使った服はホールガーメントでは作れません。
それと芯地を挟み込んだり、裏地を取り付けたりするような服も作れません。

芯地が挟み込まれ、袖裏と背裏が必要なテーラードジャケットはホールガーメントでは絶対に作れないのです。

なぜ、作れないのかというと、織物と編み物は生地の構造がまるで異なるからです。
そして、それを作る機械である織機と編み機もまるで構造が異なるからです。

例えば、脇部分に縫い目のないTシャツというのは時々見かけます。
ジーユーだって今夏、サイドシームレスのTシャツを販売しています。

これは胴体部分をあらかじめ筒状に編んでいるから可能になるのです。

編み物はこのように、筒状に編むことが可能なのです。

これを通常、丸編みと呼びます。

しかし、織物は筒状に生地を織ることはできませんし、そんな織機は現在に至るまで開発されていません。

筒状に編むことができるのですから、それを応用すればセーター類を一体成型で編めることに原理上なります。
これがホールガーメントという編み機の特性です。

ホールガーメントというのは生地名でもなんでもなく島精機製作所が製造販売している「編み機」のことです。

ZOZOの導入で一躍注目を集め、専門外の人が頓珍漢な説明をすることも増えたホールガーメントですが、すでにユニクロは導入しており、今春夏商品も一部にホールガーメント製の製品があります。

もっといえば、ホールガーメント自体は新機種でもなんでもなく、20年以上前に開発された機械で、この20年間多くのブランドがホールガーメント製のセーターを販売してきました。

当方も10年くらい前に、ホールガーメントで編まれたセーターをジーンズメイトで購入しました。
定価5900円が1000円に値下がりしていたので買いました。

それほどにホールガーメントというのはすでにあちこちのブランドで使われていた編み機なのです。

ちなみに無縫製だから着心地が良いというのは個人的に試した限りにおいてはまったく感じられません。
なぜなら、セーター、ニット類というのはもともと生地が伸び縮みしますから、ある程度体の動きに合いやすいのです。
脇に縫い目があろうとなかろうと素肌に着るのでなければ、あまり気になりません。

どんな服でも一体成型で全自動で作り出せる、なんてそんな夢のような機械は世界中のどこにも存在しないのです。

 

 

 

 

夏のトプセラ「サービス祭り」
ヨツモトの「アパレル販売員の公開お悩み無料相談所」
「トプセラ男前VMDがあなたのお店コンサルしちゃいます!」

お申し込みはこちらから↓

 

トプセラ初【PR記事】はこちらから↓

 

そしてそして、残り枠少ないですが募集してます⇩

トプセラの谷口×金田が企画する無料リアルイベント

イベント終了後の夜の部は、、、

「南 充浩の放送禁止酒場」もやります。

お申し込みはこちら↓

http://topseller.style/topsellerevent180806 ‎

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
南 充浩
About 南 充浩 122 Articles
1970年生まれ。大学卒業後、量販店系衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。2003年退職後、Tシャツアパレルメーカーの広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。現在、フリーランスの繊維業界ライター、広報アドバイザーなどを務める。 2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間15万PVを集めるまでに読者数が増えた。2010年12月から産地生地販売会「テキスタイル・マルシェ」主催事務局。 日経ビジネスオンライン、東洋経済別冊、週刊エコノミスト、WWD、Senken-h(繊研新聞アッシュ)、モノ批評雑誌月刊monoqlo、などに寄稿 【オフィシヤルブログ( http://minamimitsuhiro.info/ )】

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA