たかが指先、されど指先。周りと差をつけるワンポイントアドバイス。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは!日曜日担当、女子力工場長のCANAです。

9月がやってまいりました!早くもトプセラも3ヶ月目突入です。

改めて今後とも宜しくお願い致します。

 

さて、今回は女性販売員の皆様なら日ごろから人一倍気を遣っているであろう指先に秘めるパワーについてお届けします。

 

指先とは、普段のあなたが全て集約する場所。

あなたは普段ネイルをしていますか?

最近では男性でも身だしなみやお洒落の一部として取り入れている人もいらっしゃいますよね。

これまでの私の少ない経験値上ではありますが、デパートや百貨店販売員の女性スタッフは8割以上ネイルをしていると感じます。

また、その中でも頭一つ抜きん出ているのは高価な品を扱うジュエリー販売員の皆様。

ほぼ100%に近い確率で指先まで綺麗にされています。見られている意識と、相手から自分がどう見られているのかを人一倍意識されている結果だと思います。

さて!ここで質問です。

そもそも指先まで綺麗にしなければいけないのは誰のためでしょうか?

 

大切なお客様のため??自分のテンションを上げるため?

 

どちらも正解ですよね。

どちらが最初のきっかけでも、最終的にはお客様にこの人から買ってよかったと思ってもらうため。

これに尽きると思うのです。

 

私自身、ショッピングするときに自然とスタッフの指先を何気なく見てしまう癖があります。

というか、対面するスタッフの顔をまじまじと見るのはちょっと気恥ずかしいので、自然と視線がスタッフの指先を追ってしまうのです。

この時、手元まで綺麗にされているスタッフに対応していただくと、ちゃんとしたプロから接客してもらえたんだなという嬉しい気持ちになります。

 

接客された人にとって、特に最初と最後の瞬間が記憶に残りやすいと言われています。

なので新人・ベテランに関わらずこのパーツだけは常に整えておくことがゆくゆくは自らを大きく救ってくれると信じています。

 

ジェルネイルとマニュキアを使い分ける。

皆さんは普段どちら派ですか?

私は断然セルフネイル派です。

理由は自分のタイミングで小まめにリセットして気持ちの切り替えが出来るから。

ジェルネイルも何度かやってはみたものの、途中で剥がれたり、中途半端に伸びてきたときの感覚がどうしても苦手なのです。

でも、年に数回あるイベントのときは、規程の範囲内でそのシーズンに合ったカラーのジェルネイルをすることもあります。

そうすることでイベントに向けてより自分の仕事意識も高めることが出来ますし、加えていつも来てくださるお得意様に“会うたび変化があるスタッフだな”と少しでも感じていただけるようにという気持ちの表れでもあります。

魅せる指先の使い方

この1つのポイントさえ普段から出来るようになれば、あなたは間違えなく他のスタッフと差をつけることができます。

それは、『物の指し示し方』

指をぴたっと隙間なく閉じ、手のひらを上に向けるとそれだけで丁寧な印象を与えることができます。

参考写真:WOMAN Online

トプセラを読まれている皆様なら当たり前に出来ていることだと思いますが、女性だけではなく男性も美しい指の運びが出来るようになるので、ぜひ意識して取り入れてみてくださいね。

 

それでは今日はここまで!

 

今月も皆さまにとって素晴らしい一カ月となりますように。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
CANA
About CANA 19 Articles
1987年生まれ。 元国内線CA、機内販売商品のデザイン経験あり。現在外資系ラグジュアリーブランド販売員として勤務4年目、店長補佐。 過去には大手料理教室で基本のクッキング・ブレッド・ケーキコースを受講。 料理の楽しさに目覚め、現在は月に一度、個人の料理教室で時短料理を学んでいる。 また昨年栄養学について3ヶ月学び、食べることで代謝を高め健康的に痩せる方法を勉強したことから、忙しい販売員でも出来る簡単時短料理をブログにて発信している。 好きな番組はNHKの「きょうの料理」 目標は自身の料理教室を開講すること。 女性販売員が綺麗に楽しくいきいき働けるための情報をあなたにお届けいたします。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA