その言葉のチョイス、今のままで大丈夫ですか?

スポンサーリンク

こんにちは!日曜日担当、女子力工場長のホンダです。

 

皆さんは買い物をするときにレシートをもらいますか?

 

それとも仕方なくもらった後、そのままレシート不要BOXに入れて帰りますか?

 

私はレシートいらない派なのですが、先日とある本屋でお会計をした際に、20代の男性店員さんのある一言でついついレシートをその場で破棄せずに持って帰ってしまいました。どんな言葉だと思いますか?

 

それは、「ポイント10倍になるクーポンが出ています。」という一言だけ。

普段ポイントなどは特に集めてはいないのですが、いつもレシートを貰うときにそんな言葉言われたことがなかったので、思わず受取ってしまいました。(ちなみに蔦谷の本屋です。)同じように言われたことがある人もいるかもしれませんね。

この気が効く一言をとっさに言えるか言えないかで、わたしたちの未来は大きく変わると思いませんか?
意識するかしないかで周囲と雲泥の差が出るのなら、やるっきゃないですよね!

 

販売のみならず、私生活においても活かせる!『刺さる言葉を話す』には?

 

いかに短い言葉で気が効く言葉を話せるか。

販売員は言葉を巧みに使って、5万円なら5万円以上の価値を、20万円なら20万円以上の商品価値をお客様に話すよう尽くしていますよね。

その中で自身が話す言葉を日々磨いている人がどれくらいいるでしょうか?

お客様が来店したのには必ず何か理由があります。買う気持ちが固まって来店した人でも、さらに何かメリットのある情報を得たいと思っているお客様は多いはずです。

相手にどんなメリットがあるのか話すことで同じ意味でも言葉の響き方がどう変わるのか下記の例で確認してみましょう!

ポイントは

①1フレーズ、もしくは2フレーズの短い言葉で話す。

(相手に響いたなと感じたら、そこから更に会話を広げると良いです。長いと聞いてくれません。)

 

②相手にどんなメリットがあるのか具体的に話す。

(数字を使ったり、具体的なシーンを想像させるとGood!)

 

ではポイントを押さえたところで例を見ていきましょう!

 

例1)

×販売員:こちらのレザーケア用品があるとバッグを長く綺麗にお使いいただけます。一緒にいかがですか?

○販売員:1、2ヶ月おきに1度お手入れするだけで、20年経っても色褪せない風合いでお使いいただけます。お手入れするとしないのとでは見た目の状態が全然違いますよ。

→長く使っていただきたいという相手を想う気持ちが根底にあります。

 

例2)
×販売員:小さいバッグがあるとちょっとしたお出掛けに便利ですよね。

○販売員:スモールバッグは今季も継続してトレンドですし、例えば車から降りた後のお買い物や、職場でランチ休憩に行く時にも活躍する万能なアイテムですよ。

→女性には使うシーンが具体的にイメージしやすいように伝えると響きやすい傾向にあります。

 

他にも、最後の1点の商品を販売するとき、ついついこんな言葉を話していませんか?

×販売員:申し訳ありません、最後の1点でした。こちらでよろしいでしょうか・・・。

○販売員:実はこちら最後の1点なんです!お似合いになる方にお気に召していただけで嬉しいです。どこの店舗もどんどん完売している人気商品なんですよ。

→“最後の1点”という場合によってはマイナスに捉えられることでも、希少性がある商品を手に入れられるお客様はラッキーですね、と一緒に喜ぶように伝えると、あまり悪い気はしないと思いませんか?

 

恥ずかしながら私は気が緩むとついつい自分視点の発言をして後から後悔することがよくあるのですが、

上記の○販売員のような気が効く言葉を話せる人って相手視点で発する言葉だからこそ心に響くのだと思うのです。

 

 

あなたの周りにいるよく売るスタッフはどんな気が効く言葉を話していますか?

今売り場であなたが話す言葉は、相手にどんなメリットを与えていますか?

 

小さなコツコツが1ヶ月後、1年後のあなたの未来を大きく変えるかもしれませんよ。

一緒にブラッシュアップしていきましょう!

 

それでは今日はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ツイッターやってます♪

女子力向上の豆知識を毎日更新中です!


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
本多加奈
About 本多加奈 12 Articles
1987年生まれ。 元国内線CA、機内販売商品のデザイン経験あり。現在外資系ラグジュアリーブランド販売員として勤務4年目、店長補佐。 過去には大手料理教室で基本のクッキング・ブレッド・ケーキコースを受講。 料理の楽しさに目覚め、現在は月に一度、個人の料理教室で時短料理を学んでいる。 また昨年栄養学について3ヶ月学び、食べることで代謝を高め健康的に痩せる方法を勉強したことから、忙しい販売員でも出来る簡単時短料理をブログにて発信している。 好きな番組はNHKの「きょうの料理」 目標は自身の料理教室を開講すること。 女性販売員が綺麗に楽しくいきいき働けるための情報をあなたにお届けいたします。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA