こんばんは、Webデザイン/Web解析担当の斉藤(@masamis_web)です。

新年最初の記事では、トプセラサイト12月のアクセス数の振り返りと、行った施策について書いていこうと思います。

最終目標は「トプセラのサイトを2020年9月までに18万PVまで伸ばすこと」。去年の9月のPVは45,093PVでした。

さて、12月のアクセス数はどんな感じだったでしょうか?

12月のアクセス数振り返り

詳しい目標数値はこちらです↓

PV 180,000
検索流入数  70,000セッション(2019年9月 16,105)

twitter流入数 11,000セッション(2019年9月 3,351)
ページ/セッション 2(2019年9月 1.86)

2019年11月のアクセス数(2019/11/1〜11/30)

参考までに前月11月のアクセス数はこちら。

PV 49,571
検索流入数  19,228セッション
twitter流入数 3,711セッション
ページ/セッション 1.8

2019年12月のアクセス数(2019/12/1〜12/31)

PV 51,551
検索流入数  19,479セッション
twitter流入数 4,901セッション
ページ/セッション 1.75

検索流入数に大きな伸びはなく、twitterからのトラフィックが少し増えました。

 

行った施策

検索流入を増やす施策は精査する期間が長く、今年に入ってやっと動き出した感じです。なので新規に投稿した記事の結果が出るのはまだまだ先。リライト記事の成果はすぐに追えるので、こちらはまた別でまとめたいと思います。

twitterからの流入を増やす施策では、主に以下の2つを行いました。

  1. ユーザーとのコミュニケーション強化
  2. 1日の投稿数を増やす(過去記事の自動投稿)

ユーザーとのコミュニケーション強化

トプセラ記事に言及しているユーザーへのライク、リプ、リツイートなど。twitter運用の基本ではありますが、今までほとんどしてこなかったのでユーザーとのコミュニケーションを行うように。

この施策はtwitter流入数に直接影響するものではないですが、新規フォロワー獲得やユーザーとの関係づくり、UGCの発生など間接的に貢献すると考えています。

1日の投稿数を増やす(過去記事の自動投稿)

これまでは新規記事アップのタイミングでtwitterにシェアをしたり、イベントの告知をするのみでしたが、新しく過去記事の自動投稿を始めました。

目的は、

  • 投稿数を増やすことでtwitter流入を増やす
  • 埋もれている過去記事を読んでもらう機会を作る

この2点です。

過去記事の自動投稿を始めたのは12月9日。最初は1時間毎に行っていましたが、「TLが埋まる」「新規記事が流れていってしまう」「頻度が多くてうざい」などのフィードバックを受けて、いまは5時間毎に投稿するスタイルにしています。

結果、12月に自動投稿のリンクからサイトに訪問してくれたのは1,781セッション。twitterからのトラフィック増に貢献しました。

GAチャネル

 

自動投稿の設定にはワードプレスのプラグイン「Revive Old Posts」を利用。

  • 投稿する記事の期間
  • 投稿頻度
  • 投稿時のテキスト
  • 除外する記事カテゴリー

の設定など行っています。

トプセラもそうですが、SNS運用に人手をあまり掛けられない場合は自動投稿は便利です。

12月の振り返りまとめ

12月はtwitterからのトラフィックは微増しましたが、自動投稿以外の目立った成果はなし。年末年始は記事の更新も止まるのでもともとアクセス数が伸びにくい時期ではあります。

今月から検索向け記事の作成や既存記事のリライトに取り組むので、PVアップに期待したいと思います。

それではまた次回!

アパレル販売員を全力で応援するメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」