どうも、ニューヨーク在住のKei(@nycityindex)です。

SNS初心者向けに書いたコチラの記事で投稿する内容は「8:2」にして投稿しましょうと書きましたが、この「8:2」を忠実にやっているSNSアカウントは少ないです。

(関連記事:【現役インフルエンサーが教える】ゼロから効率よくフォロワーを作る方法

SNSの世界ではこの情報をまとめる行為(8:2の法則)をするだけで効率的にファンを集めることができます。

この記事では「SNSを今から本気で運営するぞ!」と意気込む人が陥りやすい「詰め込みSNSアカウント」になると何か問題なのか?詰め込みすぎないためにやるべきことを紹介します。

「詰め込みSNSアカウント」はファン層がわかりにくい

例えば僕が運営する@smallnycerのtwitterを例に紹介したいと思います。このtwitterアカウントではニューヨークに初めて来る人をメインターゲットにして運営をしています。

彼らをメインターゲットにしている理由は僕が運営しているブログ「NYPG」がニューヨークに初めて旅行に行かれる方向けに作った内容なので、彼らにこのブログがリーチするように考えてtwitterを運営しています。

例えば僕のメインターゲットに対してのツイートは、

==========================

1:ニューヨークの観光名所に関するツイート
2:ニューヨークの食に関するツイート
3:ニューヨーカーに関するツイート
4:ニューヨーク生活に関するツイート
5:海外旅行のツイート

==========================

以上の5つのカテゴリーに分けて配信をしています。ここで大切なのが投稿内容の8の部分をメインターゲットが興味を持つ(1)と(2)の内容を配信し、2の部分をメインターゲットが自分を知るきっかけになる(3)と(4)の内容を配信してフォローを外されないようにファンを作ることが出来ます。メインターゲットのストレスにならない配信になっていると思いませんか?

これはコチラの記事で詳しく書いていますが、あなたをフォローする人はあなたが配信する何かに惹かれてフォローをしているだけで、食事報告や旅行報告などの投稿は容姿がよっぽど優れているか芸能人じゃないと興味はありません。

つまり、認知度がない人が複数のわかりにくSNSアカウントを運営してもフォロワーはどんどん離れていきます。

そして、大切なのがこの詰め込み禁止は投稿だけじゃなくて、運営するSNSアカウントでも同じです。

SNSアカウントを複数運営して情報を細分化しよう

例えばAさんは「ニューヨーク」と「料理」について詳しい男性としましょう。彼の「ニューヨーク」と「料理」に関する投稿は非常にためになる内容だったとします。はじめからAさんのことを知っている人や彼の情報を隅から隅まで読んでる人なら2つの情報が混ざっても違和感を感じないと思います。

ですが、彼が投稿する「ニューヨーク」の投稿から彼を知った人にとっては「料理」は必要ない可能性が高いです。

せっかく何かに興味を持ってAさんをフォローしたのに、求めている情報ではない情報が投稿されればフォローは自然と外れます。なので、初めにネタになるような「バズ投稿」をしたのちにアカウントの中身をガラッと変更する人がいますが、効果はほぼないと言っても過言ではありません。

これは同じ意味でどれだけフォロワーがいようがフォロワーさんにとって興味がない情報を投稿すれば興味がないフォロワーさんはアンフォローします。

もちろん脱税で捕まった青汁王子のようにお金をかけまくって数十万単位のフォロワーを集めて、そこから自分のターゲットになる人に対してマーケティングすることも出来ますが、これが一般庶民がやっても逆効果になるだけです。

大切なのはアカウント自体も情報の詰め込みはやめることです。

複数のSNSアカウントを運営して繋げよう

例えば先ほどのAさんを例にいうと彼は「ニューヨーク」と「料理」が好きだったとして、彼はどちらのカテゴリの中でインフルエンサー的なポジションが欲しいとします。その時にAさんがやるべきことは「ニューヨーク」と「料理」の共通点を探すことです。

例えば、1つのSNSアカウントでは「ニューヨークの観光名所」について投稿しており、もう1つの別のSNSアカウントで「東京の美味しいカフェ」について投稿しているBさんがいるとします。仮にこの内容でSNSアカウントを運営してもどちらかのSNSアカウントが当たる確率は十分にありますが、2つともバラバラのカテゴリの内容を投稿しないといけないので運営が大変です。

ですが、例えば「ニューヨーク観光名所」の投稿と「ニューヨークで流行っている料理」について投稿しているAさんの場合は「ニューヨーク」という共通点が生まれるのでフォロワーさんの移動がしやすいです。

つまり、Bさんの場合は「ニューヨークの観光名所」と「東京の美味しいカフェ」に共通点がないため片方にフォロワーがついてもフォロワーを共有することは出来ないです。もし仮に共通性のない別々の投稿内容のSNSアカウントを運営して両方にフォロワーをつけたいと思う方もいるかもしれないですが、SNSマーケティング知識がない人が2つ以上の共通性がないSNSアカウントを運営しても三日坊主になってしまうのでオススメはしません。

もちろんこの運営方法が正解というわけではなく、あくまでこの記事で書いたのは自分自身が効率的にファンになるフォロワーを複数アカウントで運営する最善と思う方法と共通性のあるSNSアカウントを複数運営している経験から紹介しました。

もし今から複数のSNSアカウントを運営しようと考えているならまずはSNSビジネス運営初心者の方向けに書いたコチラの記事を読んでから準備に取り掛かってください。

(関連記事:SNSの自分は”もう1人の自分”だから適当に扱っちゃダメ

「キャリアの保険」無料セミナー@ZOOM ” Make your career choices” あなたのキャリアをデジタルで拡張せよ ulclomask予約開始 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」