みなさん、こんばんは。

インスタグラマー社長の艸谷まゆです。

先週は、宮崎県のシーガイアリゾートにてダイレクトマーケターの集まるイベントへ参加させていただきました。その際に、お話しさせていただいた内容をトプセラ読者のみなさまにもお伝えしたいと思います。

Instagramからのモノの売り方は、2パターン

インスタでのモノの売り方は2種類あるということは、みなさん気づかれておりましでしょうか?1つは、単発型。もう一つは継続型です。

単発型:インスタ広告,インフルエンサーへアフィリエイト依頼

向いている商材:安価なアパレル・美容品・健康食品・体験予約(イベントなど)

特徴:アカウント運用ほぼ不要。新規獲得しやすい。インフルエンサーに依存しやすい。ブランドのファンはつきにくい。低リピート率。

継続型:自社インスタを運用し、SHOPNOW,EC,リアル店舗への集客へ繋げる

向いている商材:中価格帯以上のアパレル・雑貨・日用品 等(コミュニティ形成が先なので、商品に合わせたコンテンツが作れる商材)

特徴:アカウント運用は徹底的に。先にコミュニティを形成。専属スタッフが毎日対応。ブランドのファンがつきやすい。高リピート率。

みなさまが考えていた「インスタでモノを売る」のイメージはどちらでしょうか?

該当する商材はどちらに近いか。また、お客様との理想的な関わり方によって、インスタの運用方法は、180度変わります。私の専門は、継続型でお客様と繋がりモノを売る方法です。

【継続型でモノを売るための3ヶ条】

継続型でモノを売る。つまり、継続的にお客様と繋がり、自社の商品を自社のInstagramアカウントを介して買っていただくには、守るべき3ヶ条があります。

①信頼関係
②毎日開店
③導線確保

四字熟語の様に3つ並べてみましたが、これから一つずつ説明していきますね。

信頼関係
インスタでモノを売ることは、リアル店舗で販売員がお客様にモノを売るときと同様、「信頼関係」が全てです。不信感を抱かれた瞬間、当たり前ですがインスタの発信から物が売れることはありません。

毎日開店
インスタでモノを売るためには、企業側の「気まぐれ投稿」では、残念ながらまとまった売上が立つことはあり得ません。特に、1日に最低1回もストーリーズを稼働していないようなアカウントは、閉店同様です。

導線確保
インスタでモノを売りたい、と思っているにも関わらず、目的地(モノの購入先)を決めていないアカウントをよく見かけます。せっかく運用を頑張っているのに、どこで買ったらいいのかわからないお客様がいたとしたら、本末転倒です。インスタにいるお客様は、デジタルリテラシーが低い人が非常に多いので、調べれば分かることも調べずに聞く人が実はものすごく多いのです。聞いてくれるならまだしも、聞かずに買い損ねたとなることが、企業にとってもお客様にとっても最悪なこと。発信内容が決まったら、どこで購入してもらうのかを決め、インスタからどうやって、購入ページにたどり着くのか経路を確認しましょう。

また、顧客様とどうやって繋がるのかの設計も重要事項です。「本投稿で繋がる・ストーリーズで繋がる・インスタライブで会話する・DMで個別に」など、これも最初に決めておかないと、繋がる導線のない状態では、企業の一方通行発信となってしまいます。

これらを踏まえて、これからインスタを運用していくにあたり「自社でどのようにチームを組み、設計していくことがインスタでお客様と繋がり続けて売上に繋げられるのか」という「全体の設計図」のお話を3/4(水)に翔泳社のECzineというECメディアのイベントでお話しさせていただきます。東京・御茶ノ水のソラシティカンファレンスセンターという場所で、私は17:20からスタートです。

今年こそ、インスタに力を入れて売上につなげたい!顧客様と密接に繋がりたい。

そんな方はぜひ、お越し下さいませ。

詳細リンク貼っておきますね。お申し込みもこちらから。

https://event.shoeisha.jp/eczday/20200304?utm_source=eczinedaytop&utm_medium=news&utm_campaign=eczday20200304

インスタグラマー社長 艸谷まゆ

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」