こんばんは。
トプセラ水曜日担当の武藤です(@mutonnu)
担当は 独立/開業/ブランディング です。

自粛GW喪明けて
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

都心部エリアは
緊急事態宣言が延長されましたが
解除されたエリアも徐々に出てきました。

僕の住む佐賀もその一つです。

GWは全て休業して7日から
お店の営業を再開しているのですが
緊急事態宣言の解除と
お客さんが戻ってくるのは
イコールではないです。

休業前とさほど変わらずですね笑

トプセラ読者の皆さんも
このGWは自身のこれからについて
考える時間も多かったと思います。

●キャッシュは用意したほうがいい

終息めどの立たない
このコロナ渦の中ですが
業界問わずこれからの時代に
自分はどう生きたいのか
考える時間がたくさんありました。

そして自分は今どのような状態か。

この先の未来どのように
生きていきたいのか。

僕もそうなんですが
個人で事業を行なっている人は
補助金の詳細は理解し申請したり、

金融機関からの借り入れを当たって
当面の運転資金を確保する段取りを
まずは進めていきました。

中には融資は結局借金で
結局返済しなくてはいけないから
借り入れはむやみやたらに
するもんじゃないよ。
という人もいます。

まあ、キャッシュが手元にあるだけで
物事を焦らずに判断できるので
僕はこのような場合は積極的に
借り入れしたがいいと思う派ですね。

●最悪な事態の想定も頭の隅に

今回のコロナ騒動ですが
流石に開業3ヶ月で見切りもクソもないので
僕はこのまま走ることにするんですが
それでもやはり先の対応は必須です。

借り入れできたとして
補助金を満額もらえたとして

その上でどれだけ粘っても
事業回復の見込みを立てれず
やっぱりダメだったということは
ないとも限りません。

その時に少しでも赤字を少なく
損切りできるかの決断も
自己責任で生きていく上で
すごく大事なスキルです。
※最近よく言われてますね。

再起を図ろうにも大きな借金に加え
年齢をある程度重ねてしまうと
それも難しくなってきます。

ちなみにこの損切りという考えは
年齢の部分でいうと個人で
事業を行う人に限らず
勤めで働く人にも当てはまるのでは?

●最後に

自己責任で仕事がしたいと
自身のお店を作り速攻で
超ハードモードの壁が現れましたが
なんだかんだ楽しんでる自分がいるので
まだまだなんとか大丈夫です。

ちょっといま夏に向けて
新しい企画も立ててるので
その辺もおいおいシェアできればなと思います。

それでは今日はこの辺で
武藤でした!

そいぎね!

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」