どうも。

毎月19日にトプセラWEB版にて
記事を書かせて頂いてます、
『ROLE PLAYING COFFEE』
オーナーの武藤です。

2020年、新型コロナを皮切りに
いろんなことが起きました。

自分の働き方について
今一度考え直すきっかけになった方も
多かったのではないでしょうか?

そこで今回の記事では
来たる2021年に
自身のアパレルブランド(商品)を
展開していきたい人に向けて

僕がこれまで書いてきた
記事をまとめてますので
是非ご覧ください。

アパレル業界出身でない会社員(当時)の僕が
ネットとリアルを絡めて実際に
やっていた内容なので業界人でなくても
参考になると思います。

●業界出身じゃなくてもできる、アパレルブランド展開

それ、とりあえず売ってみたら?

『とりあえず売ってみる』

まずは何と言ってもこれですね。
今は1着からTシャツを作れるアプリや
10着程度の小ロットから作れる
比較的安価なサイトもあります。

まずは作って売るという行動を
起こしてみるだけでも
原価や利益の事を肌で
感じることができます。

 

 

クラウドファンディングを活用しブランド展開に初速を付ける【第1話:クラファンのメリットとデメリット】

クラウドファンディングを活用しブランド展開に初速を付ける【第2話:夢を語る時の3つのポイントと得られる価値の明確化】

クラウドファンディングのちょっとしたコツの話

『クラウドファンディングの活用』

商品を作る際に考えなくてはいけないのが
資金をどうするか。

自己資金にプラスして
クラウドファンディングという
方法も覚えておくと
なおいいと思います。

 

 

小さなアパレルブランドほどECサイトを月に3日間だけの営業に絞りブランドの希少性を高めよう

ミクロブランドは営業日数を絞り作業を効率化する

個人ブランド運営者も避けては通れない“生産管理”

『小さな個人ブランドの運営(ECとその他管理)』

個人のD2Cブランドといえど
やることは普通のブランドの量と
同じくらい多いです。

作業の効率化をして
1人でもうまく回るような
仕組みを作っていきましょう。

 

 

ECをメインに行うブランドは積極的にPOP UPを開催してみては?

POP-UPの開催からECへの流れをデザインする

『POP UPでリアルでも商品を販売する』

BASEなどの無料のECサイト制作サービスのおかげで
誰でも低リスクでブランドを始めれるようになりました。

しかし実際に自分の商品を
リアルで手にとって貰い
販売すると新たな気づきが
たくさんあります。

是非次のステップとして
POP UPを検討してみては?

 

 

個人ブランド展開で知っておきたいパラサイトマーケティング。

アパレル経験ゼロの僕がブランド立ち上げ時に失敗したこと

『僕の失敗談とプロモーション例』

ブランドを始めた当初は
資金に限りがあります。

無駄な商品を作ってしまわない為に
ジャンルのリサーチは
是非行ってみてください!

 

●最後に

いかがでしたでしょうか?

コロナ云々はおいといたとしても
今の時代自分の商品を持って
市場に流すという一連の流れは
体験していて損はありません。

全部自分で考えて
1万円稼げた時の感動は
今後のあなたの人生を
より良くするキッカケに
なるかもしれませんね!

それでは今日は
この辺で終わりますが
最後に読者の皆さん!

2020年も1年間
ありがとうございました!

来年もよろしくお願いします!

武藤勇樹

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」