月1でInstagram関連の記事書いております。hiroです。

本日はInstagramを活用したPOP UP集客についてご説明していきたいと思います。

Instagramで集めたフォロワー様を効率よくPOP UPに集客するには?

これを実行するのに大事な事が3つあります。

1.出店する都道府県
2.開催期間
3.商業施設の集客に頼らない

この3つについてそれぞれご説明して参ります。

1.都道府県

まずは出店場所について。

例えば関東であれば、都内を中心に横浜、春日部、千葉を結んだ円の内側が良いでしょう。

名古屋は名古屋駅から車で30分圏内。

大阪は難波から本町の間。

福岡は博多駅駅周辺。

などなど、都道府県によってInstagramで集客しやすいエリアが実はあります。

理由としては単純に「Instagramユーザー」が多い都市でありアクセスしやすい場所だから、という事ですね。単純なお話なんですが、普段からデータを集計し、POP UP出店を様々なエリアで開催した事が無いと意外とわからなかったりします。

2.開催期間

開催期間に関しては、金曜日に準備で土日開催がベストです。祝日等重なればあれば3日連続でも良いでしょう。

百貨店を含む商業施設のPOP UP展開は1week単位がよくあるパターンなのですが、引き伸ばすとお客さんに安心感を与えてしまい、結果として集客が落ちるケースがあります。また、人件費も嵩んできますから、意外とデメリットが大きいのです。

InstagramからのPOP UP集客は短期決戦が肝である、という事をお忘れなく。

3.商業施設の集客に頼らない

ここは非常に大事なポイントで、集客を他人任せにしてしまうとInstagram経由で集客する場合は運用に熱量が乗らず、集客力が大きく落ちます。弊社は過去、何度も開店前の朝から行列を作る事に成功していますが、商業施設側に集客を頼った事は一度もありません。

ブランドアカウントの運用でも「熱量が大事」と同様の事が求められがちですが、POP UP集客についても同じです。「商業施設に頼らない自分達で集客する!」と腹を括れば色々とアイデアも出ます。自分をより厳しい環境に追い込むという感覚でしょうか。

Instagramのユーザーは、企業側の熱量を画像やキャプションから敏感に感じ取り行動に移すので、熱量が無ければすぐにバレてしまいます。実際に弊社が支援している企業様のPOP UPでは廃墟モールと呼ばれ、ニュースにもなるような商業施設に朝から100人以上並ばせたりしてきました。フォロワー数が500人ほどしかいなくとも、2日間で450万円の売上げを作ったりしてきました。

※来店人数の目標の目安
フォロワー数から考える来店人数の目標は、POP UP開催場所近郊のフォロワー数の20%から30%の人数が目標です。

ここに前回までのインスタ広告を絡めると、

Instagram広告でPOP UP開催地域ごとに来店確率の高いフォロワーを集めていき、

→日々の投稿等で来店確率を高める努力をしておき、

→短期決戦で運営側・お客さん共に緊張感を与え、来店確率を更に上げる。

という流れになります。

コロナ禍で大変な状況が続いておりますが、Instagramの機能をフルに活用し是非来店に繋げていただきたいです。

次回はインスタを使ったD2Cブランドの立ち上げなどをお伝えしていきたいと思います。

皆様の参考になれば幸いです。

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」