Topseller.WebStyleをご覧の皆様、こんばんは。

インスタグラマー社長の艸谷まゆです。

私は5年前までアパレル販売員をしていて、当時は常に売上トップの成績でした。

1時間あたりの売上で言うと、5万円を切ったことがほぼなかったです。

そんな私が、当時めちゃくちゃ後悔したことがひとつだけあります。それは「なぜ、個人インスタをやってなかったんだろう」ということ。そして、「今、販売員だとしたら、どのように対策を取るべきか」というところを今日のテーマにしたいと思います。

インスタに時間を割くことができなかった1番の原因は、勤務時間の中で「浪費(作業・雑務)」と「投資(インスタ)」の区別がついていなかったから。そして、インスタを頑張るメリットが分かっていなかったからです。

販売員をしていると、びっくりするくらい時間が経つのが早いんですね。

〝大量のパッキンが届いたら1着ずつ服の検品をして、その服の置き場所を確保するために、ストック(バックヤード)の整理。その間にお客様が来られたら、作業の中断をして店頭に立ち、売れた商品をストックから探して店頭へ出す。店頭を見渡すと、畳んだはずの服が一瞬にして広がっていて、ラックを見ると、置き場所ではないところに商品が並んでいる・・・早速畳みなおしてから店内を整えていたら、一本の電話。相手は同社の他店。「客注が入ったので、本日中にこの品番の商品をうちへ送ってください」とのこと。店頭から商品を下げて梱包をしていると、ガラガラになった店頭のラックを埋めるために、店内の構成を考え直す。お昼になり、スタッフが順番に休憩へ。店頭スタッフが1人になった瞬間、予期せぬ来客の波が押し寄せて・・〟

このような繰り返しに追われながら、数少ないスタッフと連携してお店を守り、お客様が来られた瞬間は接客だけに集中して、予算をとっていました。

毎日こんな状態なので、「SNSとか死んでも無理。これ以上仕事を増やさないで」なんて思ってしまうのが販売員さんの現状です。

当時の私は完全にこれでした。
「インスタに費やす時間あったら1分でも店頭に立って服売りたい」と。

ですが、ここで一つ間違いがあるんです。
それは、インスタの発信を「これ以上、仕事を増やさないで」と思ってしまうこと。

また、「インスタに費やす時間あったら1分でも店頭に立って服売りたい」いうのも間違いです。目の前の売上を追い続けることは、社内では表彰され続けるかもしれないですが、未来のキャリアに繋がることって残念ながらほぼないです。

それに対して、個人インスタを頑張っておけば、一瞬手間が増えてしまうように思えても、結果、お客様と店頭以外でも繋がれるツールを手に入れられます。自分に会いにきてくれるお客様が増え、インスタに費やした分だけ、安定した売上も取りやすくなります。指名のお客様が増えるからです。また、自分が他店へ異動した時に、お客様も一緒についてきてくださると、社内での評価も上がります。仮に〝転職したい〟と思った時も、自身のインフルエンス力は、採用でも評価されます。もしくは、自分の名前でお仕事ができるようにもなります。

インスタや個人SNSでお客様と繋がらずに、先ほどお伝えした毎日の状態をこなしてしまうことは、正直、ただの「消化試合」です。これだけを仕事と捉えてしまったら、3年後の自分も対して変わっていないと思います。

売上を取ることも、お客様に一番いい状態のお店を見てもらうために店頭を整え続けることも、売れた商品がすぐに出せるようにストックの整理をすることも、ちゃんと商品が届いているのかB品がないかどうかの検品作業も、お店を守る上で全て全部「大事」なんですが、毎日どれだけ丁寧に頑張っても、自分の価値は上がらないんですよね。

販売員さんが自分の価値を高める方法はたった一つ。それは、お客様に「継続的な自分のファン」になってもらうことなのです。

そうなるためには、店頭での接客の先に、繋がれる場所を持っておいた方がいい。それが、販売員さんがインスタを本気で頑張るべき理由です。

「でも、毎日浪費の時間で1日が終わってしまって、投資の時間が取れないです。撮影時間もないんです。」

というお話もよく聞きます。実際私もそうだったので、十分よくわかります。ただ、勤務時間中にないのなら、早番終わりにタイムカードを切ってから撮影することもできますし、遅番なら早く出勤して撮影することもできます。休みの日にお店に行って撮影することだってできるのです。

それが嫌なら隙間時間。(笑)

これは、ブラック企業的な発想でもなんでもなく「自分のためならそれくらいやったほうがいいですよ?」というお話なのです。時間は自分で作るしかないです。

販売員さんでもなく、今となっては「ファッションインフルエンサー」と呼ばれる方たちは、自分のお仕事をしている以外の時間を使って、インスタ用の写真を撮りに行っているわけですから。さらに商品だって、自分で購入して発信してきた訳です。

販売員さんは幸せなことに、商品を全て買わなくても新作のお洋服を自分のアカウント内でアップできて、しかもフォロワーさんになる可能性の1番高い、お客様と毎日接触しています。つまり、投稿用のコンテンツが無料で用意されている上に、未来のフォロワーさんとリアルに会ってから繋がってもらえるのです。こんなに優位な状況なのに〝時間がない〟で終わらせるのは本当にもったいないと思いませんか?

むしろ、「販売員さんの方が最高な環境を用意してもらえている」のです。

ここまで、お読みいただいた販売員さんの中で「未来のキャリアの幅を広げたい」と思われている方は、ぜひ今日から未来への投資に時間を使えるようなスケジュールを自分で組んで実践してみてくださいね。

インスタ自体が苦手、、という方は一度この記事を読んでみてください。

(フォロワーを増やすためにやってる?Instagramは幸せを与えるツールなのかも | STYLE it. (スタイルイット)

フォロワーを増やすためにやってる?Instagramは幸せを与えるツールなのかも

販売員さんにとって、未来のキャリアにつながるきっかけとなりますように。

ご紹介頂いた著書はこちらです!

もしよろしければレビューもお待ちしております!

https://twitter.com/may_ugram/status/1197427906122633216?s=21

インスタグラマー社長
艸谷まゆ(twitterインスタ @may_ugram)

「キャリアの保険」無料セミナー@ZOOM ” Make your career choices” あなたのキャリアをデジタルで拡張せよ ulclomask予約開始 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」