【note記事】TopSellerが教える一瞬で初対面の人へ「優位性」をもつ会話術。

スポンサーリンク

こんにちは、ヨツモトです。

店頭で接客販売をしている人にとって、毎日のほとんどが「初対面の人」との出会いの連続です。

もちろん「初対面の人」=「お客さん」です。

日常生活の中で考えると、ほとんどありえないですよね。笑
道で通りすがりの人に「こんにちは」なんて気軽に話しかけて「今日は今からお仕事ですか?」
なんて話しを続ける機会はまぁ無いでしょう。笑

そう考えると販売員って仕事は出会って5秒で相手との距離を縮めないといけない
超レベルの高い対人コミュニケーションが求められる仕事です。

しかも、販売員であれば出会って5秒で相手との距離を縮めるどころか、
出会って5秒で相手との関係性で優位に立たなければいけません。

最終的には「買ってもらう」という目的を達成しないといけませんからね。
こちらが相手のインサイトコントロールをして目的達成に持っていくには最初からこちらが
「優位性」を持つ事が必須です。

ですが、多くの販売員だけでなくあなたも日常生活の中で、
初対面の相手に「優位性」を最初に手に入れようと必死こいてる姿をみると、

僕からすれば多くの人が「優位性」を手に入れる為にしないといけない事の「真逆」をしてるんですよね。

結果的に「初対面の相手」に優位性を簡単に渡し、相手のペースで話が進んであなたが思っている結末からは
ほと遠い終わり方になっている。
結局、何も得る事ができないまま相手の都合の良い感じで終わってしまう。。。
なんて、残念な結果で終わるてしまいます。

そんな事にならないように、TopSellerは必ず初対面の相手から優位性を確保する為に
「ある事」を意識して会話をスタートさせます。

この「ある事」なんですが、正直誰にでもできる事なんですが、ほとんどの人がやっていません。
この「ある事」を最初にするだけで簡単に誰でも初対面の相手に「優位性」を持つ事ができ、
あなたが思うがままの結果へ導きやすくなるんですがね。

あなたは知ってますか?この「ある事」を。

知らなければ、、、知っておいて損は無い、今日からすぐ出来るその「ある事」とは、、、

続きは下記より

【TopSellerが教える】あなたが一瞬で初対面の人へ「優位性」をもつ会話術。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 86 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 1978年8月生 兵庫県神戸市出身 TOP SELLER .STYLE 主宰。 幼少期から母方の叔母夫婦が神戸三宮で営む商売を手伝い始める。 場所は路上、商材は中古ファミカセを与えられ販売経験をスタートさせる。 ㈱ジョイックスコーポレーション入社後、約7年間「Paul Smith」トップセールス販売員として勤務。Paul Smith 全国販売員総合評価で断トツの1位として活躍。 ジョイックスコーポレーション退社後、2009年に大阪のミナミにて独立。 アパレル店舗運営事業部をスタートさせる。 TOP販売員時代の販売スキルを元に、店舗運営に加え独自のSTAFF人材教育や評価システムを構築し、ブランドメーカーだけでは無く、大手デペロッパーからのオファーを受ける自社STAFFを育て上げる。 現在も自ら現場に立ち、大手百貨店のPOP UP SHOPの売上レコードを 塗り替え現役でトップセラーとして活躍。 マーケティングの視点とコンサルタントの問題解決能力をあわせた接客スキルで現役トップセラーとして活躍。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA