Yahooの週間天気予報を見るだけの簡単な努力です

スポンサーリンク

今年の秋は気温の上下動が激しいですね。

関西の体感気温ベースで話すと、9月は全般的に昨年よりも涼しかったと思います。暑さが苦手なので、暑い日のことは逆に完璧に覚えています。9月は昨年に比べてクーラーを点けた回数が少なかったのです。
当方はだいたい冷房温度は25度に設定します。我慢できなければ、23度くらいまで下げますが、26度より上には絶対に上げません。

9月下旬は少し雨が続いてより涼しくなり、このまま涼しくなるのかな~?と思っていました。
ちなみに、この時もまだ半袖で過ごしています。長袖を着るようになるのは例年だと最高気温が15度くらいになってからです。

ところが10月に入って2週目に突如暑くなりました。最高気温30度くらいまで上がり完全に夏に戻りました。
この期間、何度かクーラーを点けました。もちろん24度くらいで。

そしてその次の週から一転して雨が増え、徐々に気温が下がり、先週は台風もあってずっと雨でした。
台風が過ぎた月曜・火曜はかなりひんやりしましたが、水曜・木曜はまた20度越えとかなり暖かくなりました。

洋服の売れ行きは昔は、着物時代の影響もあったのでしょうか、「季節先取り」で購入・着用が主流でした。
着物は季節先取りで着用します。桜が満開の時期に桜の柄を描いた着物は着ません。桜が満開になる少し前に桜の柄を着るのです。
我が国のかつての洋服での季節先取りはこういう着物の風習が根底にあったのではないかと思っています。

しかし、徐々に洋服は体感気温に即した着用・購買へと変わってきました。
今では、秋でも暑ければ半袖を着ますし、春でも寒ければコートを着ます。
10月のあの夏日はもちろん半袖で過ごしていました。

で、今回の気温の上下動にショップは振り回されていることでしょう。
暑ければ薄手を前に出し、少し寒ければ薄手を引っ込めて厚手を前に出すなどの対応で売上高を維持していることでしょう。

数日先の暑い寒いに、仕入れや製造では対応できません。
店頭納品までは少なくとも10日くらいは必要になります。

ですから、店頭でのこまめな商品入れ替えで対応するしかありません。

そこで、ときどき交流のある販売員にYahoo週間天気予報の情報を教えてあげることがあります。
といっても「木曜日から気温が高くなりますよ」とか「月曜からまた気温が下がりますよ」という程度ですが。

週間天気予報はこまめに見ていないとしょっちゅう予報が変わります。
晴れだったのが雨に変わったり、気温がいきなりガクっと下がったりなんていうのは日常茶飯事です。

それでも直前にはある程度確率の高い予報になります。

ただ、毎日見るだけのことです。
それでも教えてあげると「助かる」と喜ばれるのですがYahooの週間天気予報なんて無料で見られますから、何を喜んでいるのかがわかりません。
逆にいうと、洋服の売れ行きが天候によって左右されるのはもう何年も前からそうなのですから、どうしてYahooの週間天気予報を見るという努力すらしないのか不思議でなりません。

お金がかかるわけでもなく、毎日ほんの1分もあれば済むことです。
この程度の努力さえできないのなら洋服なんて売れなくても当然だと思います。

【TopSellerの執筆者が書く「表では話せない話」はこちら→トプセラ×note

あなたの「未来の形」を話してみる?↓

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
南 充浩
About 南 充浩 73 Articles
1970年生まれ。大学卒業後、量販店系衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。2003年退職後、Tシャツアパレルメーカーの広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。現在、フリーランスの繊維業界ライター、広報アドバイザーなどを務める。 2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間15万PVを集めるまでに読者数が増えた。2010年12月から産地生地販売会「テキスタイル・マルシェ」主催事務局。 日経ビジネスオンライン、東洋経済別冊、週刊エコノミスト、WWD、Senken-h(繊研新聞アッシュ)、モノ批評雑誌月刊monoqlo、などに寄稿 【オフィシヤルブログ( http://minamimitsuhiro.info/ )】

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA