デムナ・ヴァザリア -6-

スポンサーリンク

AFFECTUSの新井茂晃(@affectusdesign)です。

今回はデムナ・ヴァザリアのデザイン変遷を追う連載の再開です。本題へ入る前に、今週発表された驚きのニュースに触れたいと思います。

ジバンシィ の新ディレクターが決定

6月16日、「ジバンシィ(GIVENCHY)」の新クリエイティブ・ディレクターにマシュー・ウィリアムズ(Matthew Williams)の起用が発表されました。マシューは、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)、ヘロン・プレストン(Heron Preston)と共に「ビーン・トリル(BEEN TRILL)」のメンバーとして活躍していました。ビーン・トリルとはDJ・アートディレクション・ストリートウェアなど音楽を中心に多様な活動を行うグループの名前になります。

一時期よりもストリートの勢いは衰えましたが、未だ影響力は確実にあり、そのことを証明するマシューの起用です。ストリートは流行り廃りの一過性で語られるファッションではなく、ファッション界における普遍的スタイルとして浸透していると考えています。ジバンシィをマシューがどうディレクションするのか、とても楽しみです。久しぶりにファッション界の人事で注目のニュースでした。

重層的イメージを和らげるシンプルさ

それではデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)のデザインを辿っていきましょう。今回は2019AWコレクションからスタートです。

ありふれた普通の服であっても、全く異なるイメージである普通の服を、しかもそのイメージを一つや二つではなく、さらに数多くボリューミーにつなぎ合わせることで、普通の服なのに新鮮なインパクトを生むことが可能になる。それが2019SSコレクションでデムナ・ヴァザリアが提示したデザインでした。

そのデザインは2019AWコレクションでも継続されますが、2019SSコレクションよりも幾分シンプルになっています。ただし、シンプルとは言っても「ジル・サンダー(Jil Sander)」のように潔いミニマリズムではありません。ほんのりと装飾性が盛られており、カジュアルなストリートスタイルを軸にテーラードとドレスのフォーマルを組み合わせ、モデルはテロリストを連想させる目出し帽をかぶり、その上からストリートを匂わすフードをさらにかぶるという、イメージの段階的積み重ねが生じていました。

終盤にはアラブのヒジャブ的なアイテムも登場し、2019AWコレクションはストリート・フォーマル・テロリスト・アラブというイメージの4重奏が見られます。しかし、イメージが幾重に積み重なっても、コレクション全体の印象はそこまで重々しいものではありませんでした。イメージに重々しさを感じさせない理由は、デニムやフーディといった極めてカジュアルなアイテムを軸にデザインを展開しているからでしょう。カジュアルアイテムの持つ軽量感が、重々しくなるはずのイメージを和らげていたのです。

もし「ヴェトモン(Vetements)」の2019AWコレクションがカジュアルウェアのシンプルさをベースにするのではなく、「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」のような抽象的かつ大胆な造形、「ジョン・ガリアーノ(John Galliano)」のようなコスチューム的なドラマ性を備えた造形をベースに「ストリート・フォーマル・テロリスト・アラブ」という4重層イメージが作られていたら、その印象は全く異なるものになっていたでしょうし、コレクションの全体像はもっと重々しい雰囲気になり、ストリートのビッグブームを経てカジュアルスタイル全盛の「今」にマッチしない前時代的空気が生まれていたと思われます。

普通の服で新しさをデザインする

今は「普通の服」を素材にして、これまでにないイメージを作り出すことが重要になっています。「これまでにない」と簡単に言いますが、実践するのは簡単なことではありません。デムナは、現代ファッションデザインの最先端を示し、ストリート・ダッドと次々に新しいブームを作り出してきました。なぜ彼の実践するデザインが、世界的ブームとなるのか。それが一番のミステリーとだと言えます。デムナ・ヴァザリアは未来を見通すように世界を見ているのでしょうか。

次回はいよいよデムナ・ヴァザリアによる最後のコレクションとなった、ヴェトモン2020SSコレクションに言及し、この連載の最終回にしたいと思います。

〈続〉

 

 

*次回2020年6月15日(水)10:00 公開

 

note:AFFECTUS
Twitter:@mistertailer
Instagram:@affectusdesign

AFFECTUS MONTHLY SERVICE
AFFECTUS ONLINE SHOPで展開するマンスリーサービス「AFFECTUS letters」「AFFECTUS subscription」。この二つのサービスでは、毎週2本配信するニュースレターを中心に、さらにボリュームアップしたモードファッションの情報と考察を深くお届けしています。

AFFECTUS ONLINE SHOP

 

アパレル販売員×Webマーケで新しいキャリアを作るメディア

販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
新井茂晃
About 新井茂晃 13 Articles
1978 年神奈川県生まれ。 2016 年「ファッションを読む」をコンセプ トにファッションデザインの言語化を試みるプロジェクト「AFFECTUS(アフェクトゥス)」をスタート。 Instagramとnoteで発表しているテキストを一冊にしたAFFECTUS BOOKは、AFFECTUS ONLINE SHOP・代官山蔦屋書店・下北沢本屋B&B・鹿児島OWLで販売中。2019年からはカルチャーマガジン『STUDIO VOICE』、ニュースサイト『文春オンライン』への寄稿、代官山蔦屋書店でのトークイベント『AFFECTUS TALK』を開催するなど新しい活動をスタートさせている。ファッション批評誌『vanitas(ヴァニタス)』No.006にロングインタビュー掲載

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA