【note記事】Topsellerが使う「相手すら気づいていない本音」を引き出す5つの質問。

スポンサーリンク

こんにちは、ヨツモトです。

接客販売業でもサービス業でも、いや日常生活においてもそうかもしれません。

相手の本音を聞き出したい

あなたも思いませんか?

接客販売の場面なら最初から「こんなのが欲しいの」って具体的に教えてくれるお客さん。
サービス業の場面なら「こんな事をしてくれるなら、これぐらいのお金は払いますよ」って具体的に教えてくれるお客さん。
日常生活の場面なら「さっきはああ言ったけど本心はこうなんだ」って具体的に教えてくれる。

まどろっこしい事は抜きにして最初から「本音」で話してくれたら、どんなに世の中楽な事か。

でも、多くの場面でその「本音」が最初から現れる事はありませんよね。
それはあなたが信用されていないのか、はたまた相手がなかなか心を開く事をしない人なのか、、、「ブロック」されている理由があるから。。。

でも実は意図的に「ブロック」されている場面ってそんなに多くないんですよ。

本音を話してもらえない多くの原因は、相手が自分自身の本音に気がついていない事や、その本音が本当に自分の本音かどうか自信を持てないから。
だから、相手の本音を引き出すには「相手の本音をちゃんとした形にしてあげる」事で解決できるんです。

TopSellerの成約率が異常に高い理由は、この「相手が形にできていない本音」を形にして相手自身に気がつかせる「質問集」を持っているかなんですよ。

「質問集」っていっても分厚いテキストなんかじゃなく、たった「5つの質問」をしてあげるだけです。

あなたもこの「5つの質問集」を知っていれいれば、最初から相手の「本音を形」にして引き出す事が可能になります。

これで相手との心理戦で消耗する事もないですね。

その5つの質問とは、、、

 

続きは下記より

 

Topsellerが使う「相手すら気づいていない本音」を引き出す5つの質問。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 99 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 1978年8月生 兵庫県神戸市出身 TOP SELLER .STYLE 主宰。 幼少期から母方の叔母夫婦が神戸三宮で営む商売を手伝い始める。 場所は路上、商材は中古ファミカセを与えられ販売経験をスタートさせる。 ㈱ジョイックスコーポレーション入社後、約7年間「Paul Smith」トップセールス販売員として勤務。Paul Smith 全国販売員総合評価で断トツの1位として活躍。 ジョイックスコーポレーション退社後、2009年に大阪のミナミにて独立。 アパレル店舗運営事業部をスタートさせる。 TOP販売員時代の販売スキルを元に、店舗運営に加え独自のSTAFF人材教育や評価システムを構築し、ブランドメーカーだけでは無く、大手デペロッパーからのオファーを受ける自社STAFFを育て上げる。 現在も自ら現場に立ち、大手百貨店のPOP UP SHOPの売上レコードを 塗り替え現役でトップセラーとして活躍。 マーケティングの視点とコンサルタントの問題解決能力をあわせた接客スキルで現役トップセラーとして活躍。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA