主役は、“ご来店された男性のお客様です。”

スポンサーリンク

皆様こんにちは!

早くも年の瀬、12月に突入しましたね。

毎月10日を担当させていただいているCANAです。(@cana_12931)

これまでの過去記事はこちらからどうぞ!

 

私が勤めるお店でもじわじわとクリスマスプレゼントの下見にご来店されるお客様が増えてきました。^^

この時期は普段はご来店されない男性客も店頭に足を運んでくださるので接客させていただくたびに私も温かい気持ちになりますし、販売員として関わらせていただく以上最高のご提案をしなければという使命感も感じます。

特に新規の男性客に信頼された販売員は今後のプレゼント選びの際もあなたを尋ねてご来店してくれる確率が高いので最初にいかにいい印象で楽しいお買い物体験を提供できるかが肝心となってきます。

 

今回は男性客の心を掴む接客マナー術をご紹介させていただきます!それではスタート!

 

①主役はご来店された男性のお客様ということを忘れない。

プレゼント目的でご来店されたお客様なので、勿論お相手の好みや持ち物についてもヒアリングは必要です。

しかし、ここで相手の話ばかり聞き取りをしてしまうとちょっともったいないです。

目の前にいらっしゃる男性客を主語にした質問も間に挟んで会話をするようにしてみてください。

そうすることでよりお相手と男性客の関係性や今回どんなアイテムにするかをある程度絞ることが出来ます。

 

例えばこんな質問が最適です。

・今までそのお相手の方にはどのようなプレゼントを贈られてきたんですか?

・今回のような〇〇をプレゼントするのは初めてですか?/以前もこのような〇〇のプレゼントを渡されているのですか?

・こちらのお店にいらっしゃったのは初めてですか?

・事前にホームページで何か気になるお品物などございましたか?

 

相手の好みを主語にすると「ちょっとよく分からない」ということでも、男性を主語にしたの質問をすることで男性もどんどん心を開いて色んな話をしてくれるようになります。

 

先日実際にあった事例では、上記の質問を交えることで今回のプレゼントが結婚10周年記念にお渡しするプレゼントということが分かりました。この時期にご来店があるお客様はXmasプレゼント目的である人が割合多いと思いますが、ひょっとしたら他の特別な理由をお持ちの方もいるのかもしれないと事前に心掛けておくことでこちらの構え方もまた変わってきますよね。

 

②最後は次回のご来店に繋がる言葉をさりげなく添える。

プレゼントでご購入された男性のお客様はもしかしたら今後も是非あなたから買いたいと思いながら接客を受けているかもしれません。そんな時に次回も男性客があなたを尋ねて来やすいように、お見送り時には是非印象に残るお見送りをするよう意識してみませんか。

名刺をお持ちの人は名刺のお渡しは必須です。そこで次に繋がるように「次回のプレゼントの際も是非お気軽にご相談していただけますと嬉しいです。」などと言葉を添えてお渡ししましょう。

または、「次回は是非メンズのお品もゆっくりご覧にいらっしゃってくださいね。今後はこういうデザインのお品物も登場いたしますよ。」など男性向けの声掛けでも良いと思います。

 

最後に。

男性のお客様は事前に商品の下調べをしっかりされてご来店される方が多いので、商品について事細かに説明するというよりは、質問されたことに簡潔に答えることが基本です。

時間がない中、お仕事終わりに急いでご来店してくださる方もいるのでそういう空気感も読み取りつつ、スマートにかつ特別感をもっておもてなしをしていきましょう。

何か参考になることがあれば嬉しいです。

 

それでは今日はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
CANA
About CANA 97 Articles
元国内線CA、機内販売商品のデザイン経験あり。現在外資系ラグジュアリーブランド販売員として勤務4年目、店長補佐。 過去には大手料理教室で基本のクッキング・ブレッド・ケーキコースを受講。 料理の楽しさに目覚め、現在は月に一度、個人の料理教室で時短料理を学んでいる。 また昨年栄養学について3ヶ月学び、食べることで代謝を高め健康的に痩せる方法を勉強したことから、忙しい販売員でも出来る簡単時短料理をブログにて発信している。 好きな番組はNHKの「きょうの料理」 目標は自身の料理教室を開講すること。 女性販売員が綺麗に楽しくいきいき働けるための情報をあなたにお届けいたします。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA