【note記事】TopSellerが教える「店頭販売員だから」できる年間売上を1000万UPさせる集客術。

スポンサーリンク

こんにちは、ヨツモトです。

アパレル店舗や物販で売上を向上させていくには、店頭の販売員の「接客スキルUP」が大きな要素の1つです。
ですが、いくら店頭販売員の「接客力スキル」を向上させても根本的に

店にお客さんが来ないとその接客スキルを活かす事ができないですよね。

店舗の売上を向上させるには「接客スキル」と「集客スキル」。
この2つを並行してアップしていく事が必要です。

では、店頭の販売員が「接客スキル」だけでなく「集客」の分野も店頭で行えれるのか?と問われると

答えは「ほとんど無理」となります。

極論で言えば、ですが。

現在の多くのアパレル店舗や物販店舗では、「集客をする機能」は店頭ではなく、店舗やブランドの本部やインショップならば館自体が「集客をする機能」を請け負っています。

集客したお客さんのクロージングを担当するのが店頭の販売員(個人オーナー店みたいな感じは除く)となっています。

いわば、分業制ですね。

ですので、基本的には「店頭の販売員が集客まで網羅する」事は難しい環境なんです。

ですが、現在多くの店舗で問題となっているのが「接客力」ではなく「集客力の低下」だと思います。

本来であれば「集客」を請け負っている本部や館の仕組みの改善が1番の解決方法なんでしょうが、往々にしてそんな本部は「あて」にならない。笑

だから、本部の集客力が「あて」にならない現状をなんとか店頭で打破したい!!

今日はそんなあなたに「店頭販売員だから」できる集客術をお教えします。

今回はSNSやブログなどのツール、それにDMは今回の方法から外しています。
純粋に「店頭の販売スキル」を使いながら「店舗への集客」をする方法。

TopSellerは「接客」しながら「集客」までこなすから、一般的に「売れない店」と言われる場所でも「売上」をあげてしまうんです。

あなたも今日から実践できる「店頭販売員だから」できる集客術とは。。。

 

続きは下記より

TopSellerが教える「店頭販売員だから」できる年間売上を1000万UPさせる集客術。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 86 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 1978年8月生 兵庫県神戸市出身 TOP SELLER .STYLE 主宰。 幼少期から母方の叔母夫婦が神戸三宮で営む商売を手伝い始める。 場所は路上、商材は中古ファミカセを与えられ販売経験をスタートさせる。 ㈱ジョイックスコーポレーション入社後、約7年間「Paul Smith」トップセールス販売員として勤務。Paul Smith 全国販売員総合評価で断トツの1位として活躍。 ジョイックスコーポレーション退社後、2009年に大阪のミナミにて独立。 アパレル店舗運営事業部をスタートさせる。 TOP販売員時代の販売スキルを元に、店舗運営に加え独自のSTAFF人材教育や評価システムを構築し、ブランドメーカーだけでは無く、大手デペロッパーからのオファーを受ける自社STAFFを育て上げる。 現在も自ら現場に立ち、大手百貨店のPOP UP SHOPの売上レコードを 塗り替え現役でトップセラーとして活躍。 マーケティングの視点とコンサルタントの問題解決能力をあわせた接客スキルで現役トップセラーとして活躍。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA