「プロの販売員」であるかどうか?ここで分かります。

ヨツモトです。

 

あなたが「販売のプロですか?」って質問されたら
なんて答えますか?

「YES !」

自信持って言えますよね。

 

では、「あのヒトは販売のプロですか?」って質問されたら
なんて答えますか?

あなた自身への質問は答えるのは簡単かもしれない。
けど、あなたが面識のない販売員を見て、あなたは何を基準に
して判断していますか?って質問ですね。

 

 

多くのヒトは「接客」をしている光景を見て、
あの販売員はプロだ、と判断するかもしれませんが
僕はその逆で「接客」をしていない時の姿を見て「プロ」か
どうかを判断します。

 

お客さんを「接客」しているその瞬間は、お客さんを楽しませる
天性のモノを持っている販売員もいます。

その光景だけを見れば、お客さんは楽しそうにしているし
実際にモノも売れていて、「プロ」に見えなくもない。

でも、実はこれは「接客のセンス」があるかどうか?の話であって
「プロの販売員」であるか?の判断として真ん中に置くのは危険。
もちろん、プロの販売としてお客さんを楽しませる接客が出来るって
のは必要なモノではあるけどね。

 

僕は「本当にプロの販売員かどうか?」を初見で判断する時に
「接客」していない時の姿を注視します。

これを見れば、少なくとも「プロ」として自覚を持って売場に立っているかどうか?が判断できます。

 

つまり、「お客さんを接客するまでに、どんな準備をしているか?」
を見ればわかるってコトです。

 

特に店頭が暇な時間に何をしているか?です。

ただ単にボーと立っているのか?
隣にいる販売員と喋ってるのか?
思考停止状態になっているか?

これらが見受けられる販売員は基本的には「プロ」とは
判断しませんね、僕は。

販売員ではあるかもしれませんが、プロではない。

 

腐るほど店があるこの時代。
あなたが1日の営業時間の中で「接客」をしている時間は
いったいどれくらいの時間ですか?

8時間勤務の中で、8時間ずっと接客しているような店に
立っていますか?

殆どの販売員は「NO」でしょう。

下手したら8時間勤務の1/3の時間しか「接客」してない。
いや、もっと接客している時間少ない店頭だってありますよね。

その少ない「接客時間」の為に、それ以外の時間に何をして、
どんな準備をしているか?で僕は判断しています。

 

ヒト通りもまばらな時間帯、あなたが「暇」だと思う時間でも
いつお客さんが来ても対応できるような思考でいるか?

 

世間では「集中力」とも言いますね。

 

この「集中力」を保ち、思考を停止せずに、常に周りを意識しながら
頭の中で「接客」のイメージを保てているか?
これを見れば、本当のプロの販売員かどうか?が判断できます。

 

冒頭で「YES !」と答えたあなた。
本当に「YES !」ですか?

「接客」していない時の姿こそ、お客さんに見られていますよ。

 

PS

「プロ」の販売員は「接客」をしていない時間を大切にしています。

そして、TopSellerは「自分の時間」だけではなく「お客さんの時間」
を把握して「自分の時間」を使っています。

明日、そのお話しに続きます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
四元亮平
About 四元亮平 59 Articles
四元亮平(Ryohei Yotsumoto) 1978年8月生 兵庫県神戸市出身 TOP SELLER .STYLE 主宰。 幼少期から母方の叔母夫婦が神戸三宮で営む商売を手伝い始める。 場所は路上、商材は中古ファミカセを与えられ販売経験をスタートさせる。 ㈱ジョイックスコーポレーション入社後、約7年間「Paul Smith」トップセールス販売員として勤務。Paul Smith 全国販売員総合評価で断トツの1位として活躍。 ジョイックスコーポレーション退社後、2009年に大阪のミナミにて独立。 アパレル店舗運営事業部をスタートさせる。 TOP販売員時代の販売スキルを元に、店舗運営に加え独自のSTAFF人材教育や評価システムを構築し、ブランドメーカーだけでは無く、大手デペロッパーからのオファーを受ける自社STAFFを育て上げる。 現在も自ら現場に立ち、大手百貨店のPOP UP SHOPの売上レコードを 塗り替え現役でトップセラーとして活躍。 マーケティングの視点とコンサルタントの問題解決能力をあわせた接客スキルで現役トップセラーとして活躍。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA