ブレてはいけない!店長が示す「変わらない指揮系統」〜SVの販売応援編〜

スポンサーリンク

こんにちは。TopSeller.Styleの店舗マネジメント担当金田です。

まずは、前回記事の復習から↓

暖冬の今こそ「購買客数」が売上最大化の”核”となる

「暖冬…暖冬…」と嘆いていた先週頭でしたが、週末にはやっとのことで気温が下がりましたね。個人的な観測ですが、先週末から一気に市場動向が上がったように感じたので、各店舗・各ブランドともに、待望であるアウターを中心とした”冬物”の本格的な稼働、もしくは”兆し”を感じられたのではないでしょうか?

私達販売員にとっては、このまま冬型の気候が続くことを願うばかりです。

という以前に、あまりにも気温変化が激しいので販売員の皆様、これから日を追うごとに大事な日になってきますので、体調管理だけはしっかりと!

 

“販売応援(ヘルプ)”が上司であっても「指揮を執る」のは店長の仕事

週末ではチラホラ見受けられますが、これから本格的な繁忙期を迎えるにあたり”SVや営業”が販売応援(ヘルプ)として入店してくれる事が増えてくると思います。

昨今は欠員店舗も多いとの事なので、”繁忙期”以外にも店舗優先として随時入店してくれている店舗もあることでしょう。

さて、普段から接客慣れしている他店からの販売応援(ヘルプ)であれば、立場が近い事ということもあるので、店長が考える”店舗特性”に応じた動きや連携などの「指示」がしやすく、指揮系統のバランスも良い事から+αとして機能してくれる事が多いのではないかと思います。(もちろん、本人にはよう言いませんが全く機能しない”ヘルプ”もいらっしゃいますが  笑)

では、前述の販売応援(ヘルプ)がSV、営業など”上司”の場合はどうでしょうか?

営業職の方はともかくSVの方達は、「元販売員」上がりの方が多いので”接客”・”納品、ストック業務”において経験上から、しっかりとした「戦力」になってくれる事の方が多いかと思います。(ん…そうでもないSVもいましたがね〜 笑)

+αの「戦力」として考えられる”上司”が販売応援してくれる事から次に大事になってくるのが、先述した”動きや連携”の「指示」を店長という立場において”上司”に対してちゃんと出せるか?が重要となってきます。

言うまでもなく、“現場(店舗)の長”は店長であります。ここで上司だからと言って”指示する事”に気を使っていては、”店舗一丸”で勝ちにいかないといけない、これから迎える”繁忙期”において店舗として「機能する事」が弱くなってしまう恐れがあります。

例えば、

・レジ専門でやってほしいのか?

・品出し、商品フォローをやってほしいのか?

・接客主体でやってほしいのか?

など、店長が現店舗から考えるバランスがとれる配置、機能する配置などを例え、上司であっても「指示する事」が必要であり、普段と変わらない”ブレない指揮系統”を確立する事が必要であるという事です。

出来るSVは常にお客様視点に立って考えてる為、どんな立場であろうと「店頭に立てば”1販売員”である」と自覚してくれてます。

こちらが指示した事、求めてる事が「店舗にとってプラスになる事」とちゃんと捉えてくれるので必ずや貢献してくれることでしょう。

店長の皆さん、これからの繁忙期はあなた方の「指示や采配」がポイントとなります。動き・連携・配置等、売上最大化に向けた「万全な態勢」を整えておきましょう!

 

では、また来週〜

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
金田 拓巳
About 金田 拓巳 144 Articles
販売員歴14年(店長歴7年) (株)ワールドストアパートナーズ 入社初月から店舗個人売上実績1位。1年目後半~ブランド内全国個人売上1位をサブまでの3年継続。異例の早さで「店長」へ昇格。 店長就任後、部下スタッフを同様に全国区の販売員に育成し。担当した店舗では常に前年比110%〜130%の売上増加を実現。 2016年→ヒューゴ・ボスで再度パフォーマーとして活躍。 2017年→「販売・マネジメント」の観点からフリーランスとしてスタート。 2019年→企業に戻り郊外中心数店舗の「販売トレーナー」として現在活動中!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA