顧客様になっていただくために大切なひとつのものでふたりのお客様に喜んでもらえるギフト選び

スポンサーリンク

こんにちは、水曜日のタニグチレイです。

皆さんのお店ではクリスマスプレゼントを買いに来ているお客様はいますか?
増えて来ていますか?

時期的にもちょうどそんなお客様が多くなるタイミング。

そもそもギフトの良さは何でしょうか?

 

贈る相手の方に喜んでもらうことが一番ですが買っていただくお客様にも喜んでもらうことがギフトの良さです。

 

少し意識してみましょう。

 

贈る相手のことを聞き出しながら目の前のお客様のことを知る

ギフトを探しに来ているお客様の対応をする時には色々聞き出しますよね。

贈る相手はどなたでどんな方なのか?
何か決めているものはあるのか?
ある程度決めているものがあるならなぜそれにしようと思ったのか?
予算はどれくらい?
探す上でどんなことに思い悩んでいるのか?

などなど他にもたくさんあるでしょう。

 

買いに来ているお客様自身のものではないので決めていただくために贈る相手のことを明確にしていかないといけません。

 

それと同時に買いに来ているお客様のことも知る必要があります。
だって買っていただくのは目の前のお客様ですから。

 

少なからず店頭に買いに来ているお客様は色々見て探している方は多いですよね。
実際に見てからじゃないと決めれなかったりラッピングの仕様なども気になるでしょう。

 

おそらく探している間は不安な気持ちがきっとあります。

 

贈るものは喜んでもらえたり気に入ってもらえるかな?
今まで使っていたものと同じようなものがいいのかな?
好きな格好や色は知っているつもりだけど合わせてもらえるかな?

 

こういったたくさん思い浮かぶ小さな不安を解消できないと安心して選んで決めれない。

 

だから贈る相手のことを聞き出しながらお客様の気持ちも聞き出せると解消していけることがあります。
これならきっと大丈夫と納得してもらえるような対応ができますよね。

 

そうすれば目の前のお客様の不安や心配は取り除けるはずです。

 

買っていただくものはひとつでもふたりのお客様に喜んでもらうことができる

先にも書きましたがギフトですから買いに来てくれたお客様自身のものではありません。
ですから実際の情報としては贈る相手のことをより具体的に聞き出せると選んでもらいやすくなります。

喜んでもらえそうなものをしっかりと絞り込んでいけますしね。

 

もしその後受け取った相手の方が友人や知人に「それいいね」と褒められることがあれば嬉しいと思います。
こういうことがあれば選んでくれたお客様に「今日褒められたよ」ときっと報告しますよ。
その時にお客様は間違いなかったと安心して喜んでくれる。

 

ギフトの場合はこんなことが想像できます。

 

買っていただいたお客様にも贈った相手の方にも喜んでもらえるのがギフト。

 

そのためにもできるだけ贈る相手の方のことを聞き出すのは大事ですよね。

 

ここがあやふやだと選ぶお客様だって不安が残ってしまいます。

 

贈る相手の方のことを聞き出しながらお客様の不安も取り除く。
結果としてそれが受け取った相手の方に喜んでいただき買っていただいたお客様にも喜んでいただける。

 

ひとつのものを買っていただくことでふたりのお客様に喜んでもらえるギフト。

 

そう思うとこの時期の接客もなんだか楽しく感じませんか?

 

今度は年明けにお二人で買い物に来てくれるかもしれませんね。
お客様と一緒に喜びを共有できたお店や販売員ですから。

 

その時はお二人に満足してもらえるような提案をしましょう。

 

 

興味を持たれた方はぜひこのTopseller.styleでお付き合いください。
では、また来週。

 

 

出勤時に聞けるオススメの音楽を1日1曲ずつ紹介していますー!
販売員の皆さんが朝聞いてお仕事が楽しくなるように。

DJスイヨウビがお届けしますので楽しみにしていてください〜。

 

 

あなたの「未来の形」を話してみる?↓

アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」

音楽が好きという方でしたらどなたでも構いませんのでお気軽にぜひ🎶
登録はこちらから↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
谷口玲
About 谷口玲 124 Articles
1976年3月生まれ。 販売員歴17年。 ヨーロッパ系デザイナーズセレクトショップで販売スタート。 Paul Smithでは関西4大丸勤務。 ミセスセレクトショップは立ち上げから関わる。 レザーグッズブランドでは全国初のオンリーショップ展開に貢献。 現在、フリーランスの販売員、非常勤講師 個人ブログ:http://taniguchi-connector.net

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA