アパレル業界を徘徊する「あれ俺詐欺」の人たち

スポンサーリンク

以前から、愚にもつかないことを書いている某コンサルタントがいて、仮にR氏とします。

通常のコンサルタントは合っているか間違っているかは別にして、基本的に何らかの「理論」に沿って現状を解明しようとします。その理論がおかしい場合ももちろんあります。

しかし、このR氏は読む限りにおいては、理論のリの字もありません。それでいて仕事に困っている様子もありません。もしかしたらキラキラ起業女子のように「仕事に困っていない自分」を演じているのかもしれませんが、実際に困っていなさそうです。

正直に言って、その理由がわかりませんでした。

 

そこで業界を調査してみると、こんなことがわかりました。

その昔大ヒットした某ブランドがありました。

このブランドを「あれは俺が開発した~」と吹聴して回っていたのだそうです。開発者は別にちゃんとおられますし、その後のプロモーションが上手く行ったというのも大きな理由です。

 

しかし、それをなぜか、大手商社やファンド、大手アパレルの経営者はいとも簡単に信じ込んでしまうのです。まことに不思議な現象と言わねばなりません。

 

この人に限らず、「あれは俺(わたし)がやった」という人が業界には多数います。それだけで飯を食っている人も珍しくありません。

それらを指して当方は「あれ俺詐欺」と呼んでいます。

 

「あれ俺詐欺」は業界に本当に数多く徘徊しているのですが、ブランド立ち上げやブランド再生が上手く行った試しはありません。元来、その実績は存在しないから当然です。

 

毎年、プロ野球ではトレードやフリーエージェントなどで何人かの選手が移籍します。

そして移籍後まったく活躍できない選手も珍しくありません。同じポジションで同じように起用されているにもかかわらず、前チーム時のような活躍ができないのです。

それほどに人間というのは、やっていることは同じでも所属集団が変わるだけで実力が発揮できない脆弱な動物だということがわかります。

 

「あれ俺」が言うように何ブランドも渡り歩いて、必ず実績を残せることはほとんどありません。稀に本当にそういう人がいますが、それは本物の天才とか仕事師という人です。そしてそういう天才はごく少数しか存在しません。

 

販売員の皆さんもときどき、「この人大丈夫なの?」と感じるような外部からの指導員やコンサルタントを見たことがあるのではないかと思いますが、一定数量で「あれ俺詐欺」の人が含まれていると考えられます。経営者はとくに「あれ俺詐欺」に引っかからないようにしてもらいたいと心から願わずにはいられません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
南 充浩
About 南 充浩 160 Articles
1970年生まれ。大学卒業後、量販店系衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。2003年退職後、Tシャツアパレルメーカーの広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。現在、フリーランスの繊維業界ライター、広報アドバイザーなどを務める。 2010年秋から開始した「繊維業界ブログ」は現在、月間15万PVを集めるまでに読者数が増えた。2010年12月から産地生地販売会「テキスタイル・マルシェ」主催事務局。 日経ビジネスオンライン、東洋経済別冊、週刊エコノミスト、WWD、Senken-h(繊研新聞アッシュ)、モノ批評雑誌月刊monoqlo、などに寄稿 【オフィシヤルブログ( http://minamimitsuhiro.info/ )】

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA