現在の「SV」という役職を考える

スポンサーリンク

こんにちは。TopSeller.Style店舗マネジメント担当の金田です。

さて、早速ですが皆さんの店舗もエリアマネージャーもしくはSV(スーパーバイザー)という役職の上司または同僚がいらっしゃると思います。もしかしたらこのトプセラ読者の中にも上記の役職を担っている方もおられるかもしれません。

というのも、何もエリアマネージャーやSVの役職を「あーだ!こーだ!」みたいな問題視したいわけじゃなくて再度、店舗販売員の皆さんからはどういう”役職”であるのか?またはどういう”役職”に見られてるのか?の再確認と現在のエリマネ・SVのポジショニングについて考えていこうかなと。

まず本題に行く前に、エリアマネージャー・SVとは名目上どういった「役職」であるのか確認しておきましょう。

エリアマネージャー/SVとは…

複数の店舗を統括して売上向上の為のコンサルティングを行う職種。担当する店舗を巡回し売上・在庫管理・マーケティング・商品構成・レイアウト・スタッフ教育など店舗全体をサポートし、支援を行うポジション。

とあります。僕自身も1メーカー勤務時の店長の頃は上記の業務内容に魅力的に感じていたので「SV」を目指したものです。ブランド規模にもよりますが、数店舗ある店長の中から1人もしくは2人しか選出されないポジションなので「店長昇格」より遥かに狭き門であることは言うまでもありません。

店舗売上向上のバリバリ成果者、管理系抜群のインテリスペシャリスト、みんなに慕われ愛され人気リーダーなど企業によって評価対象は様々ですが、共通してるのは「マネジメント」において秀でてた店長ということ。もちろん全てが秀でてるのが1番ですよ。

しかし、業界全体の悩みの種である店頭人員不足が否めない昨今、この「SV」という役職ですが企業によっては廃止になったり上記でお伝えした従来の業務内容とはかなり異なってきたりとひと昔前と違い店頭販売員にとっての「憧れ的役職・目指したい役職」でなくなってきている現状なのであります。

 

本社勤務機会の減少…「1店頭販売員」として扱いがメインである現状のSV

まだ全体の事ではないですが、僕が知ってる何社かの大手企業のSVは現在題目の業務内容がメインになってきている傾向にあるようです。

従来だと前述で記載した、「店舗コンサルティング的」な業務がメインで店頭には週に1〜2回、または週末だけと丸1日店頭に居座ることは少なく店頭の様子を見たりアドバイスする事でした。繁忙期のみ販売員として店頭に立つといったところでしたね。

しかし前述した「店頭人員不足」も挙げられるのですが他にも要因があり、そのもう1つが販売員全体の「販売スキルの低迷」というより「育成環境が整ってない」と言う方が正しいのですが人員不足が原因で世代交代が進んでないのも要因であります。

その幾多の課題要因から最近は店頭優先の指令が出ているのか、販売員として店頭に立ってるSVをよく見かけますよね。それも毎日。

話が少しそれますが、ある企業ではSV資格はそのままで店長役職も担う企業もあるそうでこれには当のSV本人達も本部出勤が多かった為、気が気じゃなかったのでしょう現場(店頭)に戻る際に嘆いておられた方も実際はいたみたいで…。

まぁわからないこともないですがね…笑

ということで、この記事を書いてる最中に四元氏の前日記事が飛び込んできたんですよね。↓

顧客に一番近い販売員を使い捨てにする企業に未来はない

今回の記事を書くにあたって、ほんと共感満載の記事でした。

 

「店頭主義のSV」の方がカッコ良いんじゃない!?

と思うわけであります。

だって元々、販売員として店長として好成績を過去におさめ「SV」へのし上がった言わば”スペシャリスト”ですから(そうでもない大した事ない方もいましたが 笑)店頭出身者ということむも含め、店舗スタッフから販売も店舗マネジメントにも期待できる心強い存在なわけですからね。

昨日の四元氏の記事にもあったように、

店頭立たずしてお客様のことなんてわかるはずもない!

んですから。

複数店舗を兼任して、自身の担当エリアを勝利へ導き本部の人間へアピールしたい気持ちはわかりますが、まずは担当エリアの店舗スタッフを味方に支持されることから改めて始動されてみてはと思います。

そして、担当エリアのお客様を直に接客してぞれの店舗に来店されてるお客様は

どういったお客様がいらっしゃるのか?

という直に「お客様を知ること」が大事なんではないでしょうか。

そこで直に得た「販売員の現状」や「お客様の傾向」などの情報を本部へ持ち帰り提案し推進していくことが「元店頭上がり」のSVに現在求められてる”仕事の形”であると思うのです。

少なからず店舗スタッフ達は必ず支持しますよ!!

 

最後に、

何の為に現場(店頭)に戻ってきたのか?

と店頭に戻ったことをマイナスに捉えるのではなく、店頭に戻ってきたことをプラスに捉えられる・プラスに転じられる意味のあるモノにしていきましょうよ!!

そんな「SV」であってほしいなと。

 

では、また来週〜

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホひとつで最高の売上をつくる接客術 日本で一番アパレル販売員のWebスキルを育てるメディア 販売員の悩み解決コミュニティSeller’sRoom アパレル販売員専用完全クローズドSNS「Seller's Room」
スポンサーリンク
金田 拓巳
About 金田 拓巳 172 Articles
販売員歴14年(店長歴7年) (株)ワールドストアパートナーズ 入社初月から店舗個人売上実績1位。1年目後半~ブランド内全国個人売上1位をサブまでの3年継続。異例の早さで「店長」へ昇格。 店長就任後、部下スタッフを同様に全国区の販売員に育成し。担当した店舗では常に前年比110%〜130%の売上増加を実現。 2016年→ヒューゴ・ボスで再度パフォーマーとして活躍。 2017年→「販売・マネジメント」の観点からフリーランスとしてスタート。 2019年→企業に戻り郊外中心数店舗の「販売トレーナー」として現在活動中!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA